最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【友達】ゆっこ【体験談】

台風が来てるけど大丈夫ですか?

きのうの夜、こんな日だからきっと誰も歩いてないと思って、全裸で外に出ました。そしてそのまま門から外の道に出ました。

思ったとおり人がいなかったので、20メートルくらい歩いてみました。

裸で道を歩いてるなんて、それも雨に濡れながらで、胸をかくしてた手に当たってた乳首がツンツンになってて、自分で触りながら歩いてました。

勢いで歩いているうちはよかったけど、気がついたらこわくなって、そうしたら寒くなってきてあわてて家に戻りました。

もし後ろから見られてたとしたら、きっと見てた人はびっくりしたと思います。

朝、勝手口がぬれてて、親になにか言われるかと思ったけどなにも言われませんでした。雨の日は気をつけないとダメだと思いました。



寒くなってきたので、夜の外の露出はちょっときびしいです。

それで、野外じゃないんだけど、きのう学校の用具室で露出してきました。

全裸じゃなくて胸と下半身を出しただけだけど、マットの匂いとかで「こんなところで悪いことしてる」って感じました。

時間がなくてそれだけで終わりにしたけど、家に帰ってから、あそこで裸になってマットに寝ころんだりしたら、もっとすごいことになってたかも、なんて思いました。

少しずつ違う自分になっていっちゃってるのがわかって、怖いのとドキドキが両方です。



今日、部活のあと忘れ物をしたことにして学校に戻って、体育館のカギがかかってないことを確かめて用具室にいきました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年2月8日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【妹】蔵の中 (早苗義姉さんを見ながら・・・)【体験談】

江戸川乱歩が集めた蔵書の数々が納められている「幻影城」という蔵をご存じの人もいるかと思います。

僕の実家にも死んだ父が集めた歴史書や古書の類が納められた蔵があり、兄の結婚を契機に蔵を改築し、

僕が過ごす部屋をしつらえてもらいました。

食事と入浴以外はその蔵で寝起きし、たまには悪友たちのたまり場にもなっていました。

冷暖房も完備されていたので、快適でした。

翌日が休校日という日は、スケベなDVDを見てオナニーに興じてみたり、パソコンで人妻とチャット

しながらオナニーもしていました。

そんな高校卒業も間近な2月後半、兄嫁の早苗さんが僕の蔵に来ました。

早苗さんは大の歴史マニアで、父の残した蔵書を暇なときに読みにきていたので、この日もそんなノリ

かと思い、蔵に入れました。

普段なら1階の蔵書が収められた書棚から好きな本を選んで自室に戻るのですが、この日は珍しく2階

に上がってこようとしていました。

数分前まで僕はオナニーをしていたので、部屋にはDVDや精子を拭ったティッシュが散乱していたため

急ぎ部屋を片づけ、早苗さんをいれました。

「お〜、若い子の部屋って感じだなぁ。」と部屋を見回しながら言う早苗さん。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年2月7日 | エロ体験談カテゴリー:妹との体験談

【彼氏・彼女】パンストH【体験談】

908:名無しさん@ピンキー:2011/01/15(土)21:21:14

そういえば今年は嫁とまだセックスしてないぜ

単身赴任で浮気相手とは済ませてるけどー

パンスト最高



909:902:2011/01/19(水)07:43:43

白ストが好きな902です

俺はセックスの直前になって初めてパンストを穿かせるのはどうも好きではない

朝から長い時間穿いているうちに付いた匂いとか汚れとかも重要な興奮材料なんです

パンストはナイロン100%の安いやつが多い、でもこれがまた長い時間穿くといい匂いになるんです

さすが安物だけあって1日穿くと弛んだりするけどそれがまた興奮する、どうせ使い捨てだし夜には惜しげもなく破って挿入できる

今日は夫婦共々休みなので、朝からかみさんに白ストに白ハイでカバコをさせてます



910:902:2011/01/19(水)16:54:08

自分は午後から用事があって出かけてたんだけど


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年1月30日 | エロ体験談カテゴリー:彼氏・彼女との体験談

【寝取られ】寝取られて戻って福祉。【体験談】

814:えっちな18禁さん:2009/05/04(月)10:40:32ID:xn3kRSZS0

1年以上付き合った彼女の行動がどうしてもおかしくて、疑っていたのだが友人からの他の奴と付き合ってる

んじゃないかと情報もらって問い詰めると同じ校内の奴と2股かけていた。

俺の事が一番好きだし、まだ体の関係ではないので許して欲しいと号泣されたが、

一週間程経過し、向こうの男とも話し合った上で、俺が身を引いた。

体の関係では無いと言ってたが、奴に聞くと寸前まで行っていたらしく、そのウソが許せないのと

自分としては、純粋な感情だったから、どうしても、体を他の奴に触られていたのを許せなかった。





815:814:2009/05/04(月)10:46:01ID:xn3kRSZS0

813

俺と近い。俺は処女と童貞だったから。



-814の続き-

そんで、しばらく仲良くしている2人を学校で見かけては辛い思いをしたり、


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年1月25日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【友達】俺が親友の彼女と半年前からSEXしてる話する。【体験談】

1:名も無き被検体774号+:2013/12/02(月)14:56:24.11ID:gNbqATTf0

ちな親友公認。

割と珍しい体験だと思うので立ったら書く。



とりあえずスペック





23歳社会人2年目。スポーツやってたので体型はリアルゴリラ。



A

親友。24歳大学院生。リアルに頭良い。顔も良いと思う。大学1年の時からの親友。



Bちゃん

Aの彼女。大学2年生。背が低くて顔は可愛らしい男好きのする感じの子。




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年1月22日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】小学生の女の子をおかずに【体験談】

昨日の夕方に電車の中で、黒いパンストを穿いた小学校高学年の女の子を見て萌えました。

俺は休みであるにもかかわらず先輩に呼び出されて大学に言ってました、夕方家に帰るのに電車に乗っていたんですが、俺が乗った時点では車内はガラガラだったので、4人掛けで向かい合わせになってるボックス席を占領してました。

ところが途中にある沿線でも比較的大きな駅で急に混んできたので俺は窓際に詰めました、俺の向かいに10代前半ぐらいの女の子が友達2人で座ってきて、俺の横は70歳ぐらいの爺さんが座りました。

女の子は買い物の帰りらしく買った服とかが入ってる紙袋を持ってました、2人ともキュロットで1人は黒タイツだったのですが、俺の斜め向かいに座った子はなんと黒いパンストを穿いていたのです、あの薄さはどう見てもタイツではなく大人が履くパンストです。

2人とも中学生が通学用によく穿いてる白いスニーカーでした、高校生はあんなもの穿かないので最初2人は中学生だと思っていたのですが、女の子の会話に「算数のテストが・・・」とか「6年○組の担任は・・・」と聞こえてきたので2人は小学生だったのです。

タイツの子のスニーカーは真っ白でまだ新しいそうでしたが、パンストを穿いた子のスニーカーは新しい感じはなくうす汚れてたのでそこそこ穿きこなしたものだと思います。

大人が穿いてもエロく感じる黒パンスト、それを多少大人びた感じはするが小学生が穿いている、ロリの気がある俺にしてみればこんなにエロいものはありませんでした。

車内はかなり暖房が利いていて、しばらくすると女の子たちは会話をやめて居眠りしていました、隣を見ると爺さんもうとうとしてました、俺も寝た振りをしながら頭を下げ眼だけ開けてパンストを穿いてる子の脚元をガン見しました。

車内は暑いくらい暖房が利いていたので「女の子のスニーカーの中は蒸れているだろうな」「毎日穿いてるのだとしたら臭いかも」そんなことを考えながらパンスト脚を観察しました。

隣の爺さんは通路側に斜めに脚を出して伸ばしていたので、必然的に女の子2人の脚は寄り添うように俺のいる側に持ってきている、ほんの数センチで俺の脚と触れそうだった、俺はジーンズなので例え触れても感触などわからないのだが、それでもジーンズを通してでもあのパンスト脚と俺の脚が触れないかなと期待しました。

彼女たちは40分ほど乗って先に降りて行きました、俺はそこから3駅目の自宅に一番近い駅で降りました。

すぐ家に帰り部屋に入ってオナニーしました、つい今しがた見た黒いパンストを穿いた女の子の脚を思い出しながらです、ここ最近で最高のおかずでした。

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年12月31日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】年賀状がきっかけで・・・【体験談】

正月はテレビ番組もどこも似通った内容でほとほと退屈になる。

妻と二人コタツに入りながらみかんをつまみ、酒を飲みつつ、届けられた年賀状の束に目をやる。

おおよそ、百通ほどの束を自分宛と妻宛に分けてみるが、ほぼ五分五分で、今年は勝ったの負けたのと

つまらぬ勝負にも決着が付かないような緩い昼下がりだった。

何気なく妻宛の年賀状を見ているうちに何のコメントも無い家族たちの写った年賀状が目に入った。

「なにこれ?ノーコメント?」、そう言いながら妻にその年賀状を差し出した。

一瞬ではあったが、妻がなんとも表現しがたい表情になったので、気になってしまい、聞いてみた。

「あなた、聞いて気分悪くしない?」とほろ酔い気味の妻が、やや艶っぽい笑みを浮かべたので直感的に

「関係」の有った男だなと感ずいた。

「結婚して10年以上だぜ、いまさら過去の男の事を聞いても腹は立てないよ。」

「じゃあ、話すね・・・」

やはり、妻の大学時代の彼氏だった。

「彼氏ってことは、当然セックスしたんだろ?」

「当然よ、お互いセックスに興味大有りの頃だったから。」

「何年くらい付き合ったの?」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2013年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】契約社員ナナ【体験談】

ナナは30代の独身契約社員。

総務課会計係だ。

見た目は、学級委員長のような「お堅く、まじめ」な風貌。

黒縁メガネがそれをさらに引き立たせている。

うちの会社には制服はない。

それぞれが、「常識的な範疇」で自由に服装をチョイスしている。

ナナはほぼ毎日、濃紺スカートに黒いハイソックス、白いブラウスだ。

最初はナナの事など歯牙にもかけていなかったが、偶然にもスカートの中からのぞく、

ナナのパンティを目撃してから彼女の虜になってしまった。

ほぼ毎日、ナナをオナニーのオカズしている。

ナナに似たAV女優のDVDを見ては、「ナナ!ナナ!」と言いながら、肉棒を激しく

上下させている。

しかし、どうにもこればかりでは我慢ができなくなり、ナナにアプローチのつもりで

声をかけてもみた。

ナナは、俺の事など眼中にもないらしく、軽くいなされてしまった。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年10月8日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】最近初めて嫁を他人に抱かせたんだが Part09 【体験談】

の続き



前回は6月に報告させてもらいましたけど、最早俺君と名乗った方が通りがいいですかね。

一通りスレッド見させて貰いました。

少し報告できる事がありましたので報告します。

(今日、まとめて書けるか判りませんので途切れたらすみません。)



その前にまずは自分自身の近況報告なのですが、少しどたばたしていました。

何かというと夏場、前回の報告直後に少し体調崩して2週間程入院していました。

(最初に言っておくと今は元気になってます。)



死ぬような状態じゃなかったんですけど延々と二日酔いが続くような体調で、

一日中頭痛いわ気持ち悪いわで最中は死ぬかと思いました。



元々いい加減な人間+不摂生していたので体調崩すのも仕方ないという感じなのですが


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2013年10月4日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【同僚・上司】小6の女の子に告白された 【体験談】

1:名も無き被検体774号+:2013/01/13(日)04:00:04.23ID:p39vEBU70

それが去年の夏くらいの話な

もちろん丁重に断ったけど、その後色々あって、今では定期的に待ち合わせして会うような間柄になってしまった

別にやましいことなど一切ないし、これってアウトじゃないよな??



俺は24

最近児童関係で厳しいから、面倒なことにならないかなぁと不安な気持ちはある



で、問題なのが明後日どこか遊びに行こうと誘われたんだ

今までは近くの公園とかで会って話すくらいだったんだけど、

遊びに行くとなるとそれはちょっとマズイよな?



こうなった経緯を説明すると

俺は定食屋でバイトしてて、女の子と母親はそこの常連客

昔からきてたから顔馴染みなんだ


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年9月23日 | エロ体験談カテゴリー:同僚・上司との体験談
1 / 3123

このページの先頭へ