最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【人妻】私の日課【体験談】

私には人には言えない事があります。それは高校生と援助交際して、お金を稼いでいます。

私は、若い香りのする雁の張った大きなちんちんをしゃぶるのが大好きなのです!

若い子は独特の匂いがあって、毎日オナニーしてもすぐ立ってしまう勃起力がたまらなく好きなのです。

今、2人の学生をちんちんをキープしてます!

おいしいの、、、これがまた、、、、最高なの!

こないだ、学生さんにお乳見せてあげたら3回も発射してくれて嬉しかったわ!おかげで私、頭から

胸元までザーメンまみれ・・・でもうれしい・・・

それに雁首が大きいちんちんってすごい!今の学生さんのは本当にすごいんだよね。ボールくらい

ある大きさだからしゃぶりきれないんだよー!こんなの初めてだからずっと手放したくないよね。

一度でもいいからマンコにいれてみたいけど怖いからまたいつか試したいな。

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月9日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】いくみ【体験談】

スイミングの帰り道,ノーパン初体験!!いくみ さん

こんちには。

私の露出体験を聞いてください!

それは、中学生の時の体験なんです。

私は、水泳を習ってました。

けっこう速かったんですよ。

そんなある日、私はとても急いで帰らなくちゃいけなかったんです。

けど、更衣室が全部使われてて。

本当に急いでたので、私はその場で着替えちゃえ!と思い、タオルをかぶって中でもぞもぞ着替えようしました。

水着を脱いで下着を水泳バックからさがすとないんです!!!

ブラもパンツも。

私は、水着を着てスイミングスクールまで行っていたんです。

だから、下着は新しいのを家でバックに入れてくるんですけど、その日に限って忘れちゃったんです。

私がもじもじしていると終わった人がどっと帰ってきちゃって。

時間も刻々と過ぎていくし・・・。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】出張で女性の痴漢に遭った体験談【体験談】

30歳ぐらいの時に大阪に出張に行った時の話しですが満員電車の中でボディコンのお姉さんに痴漢された事があります。

僕の背丈は160cmしかなくそのお姉さんはハイヒールも履いていたと思いますが170cmぐらいある結構背が高くスタイル抜群で何よりボディコンと言う、当時はバブル絶頂時代だったからそんな服装をした女性もいても不思議ではなかったのですが、でも朝の満員電車で込み合うような事は分かりきっているのにこんな服装をしているのか少し疑問ではあったが、まあそんな事は本人の勝手なのでどうでも良い事ですがとにかく僕としては普段車通勤の上に何ヶ月かの出張で電車を使うくらいなので当の僕が一番驚いたと言うか変な動きをして周りに怖いおじさんが見張っていて痴漢呼ばわりされでもして恐喝事件に巻き込まれはしないのかと逆に怖くて避ける様に離れようとしたんですがそれでも混雑している電車内では身動き取れずどうする事も出来ずにかろうじて僕が持っていたビジネスアタッシュケースで上半身が触れないように前をさえぎったと思ったらアタッシュケースの下から手が伸びてきて僕の股間とか触って来ました。マジびっくりしたと同時にこんな女が実際いるのかと田舎者の僕にはとても信じられない出来事に遭遇した事があります。

電車に乗っている時間も1時間ぐらい掛かる所へ行く用事があって殆ど1時間ぐらい触られていました。30分ぐらいして僕もアタッシュェースを下に下げて女性のボディコンお尻が僕のオヘソぐらいの位置で突き出たお尻を擦り付けて来たのでお尻を楽しむ余裕も出来その女性も避ける気配もなかったのでそのままツルツルのボディコンお尻を楽しませて頂きました。当然僕の勃起したあそこはビンビンになっており電車に乗っている間の出来事ですが世の中には変わった人種もいるもんだと内心ニヤニヤしながら楽しませてもらった事があります。そして電車を降りようとするとその彼女も降りる気配があり、押されるようにして電車を降りる時にこちらをチラッと見たので美人だったのにドキッとしました。降りた時に怖いお兄ちゃんが出てきてヤバイ事になるのではないかと心配だったのですがともかく男が痴漢して警察に捕まったとか盗撮したとか事件になってますが僕の場合はそんな事わざわざやらなくても女性の方から提供してくれる様な事を色々経験しています。僕は女性の痴漢に遭うのは4回あります。職場の主婦数名と研修に行った時なんかその内の1人にお尻を僕のお尻にスリスリと擦り付けられた事もあったり。また新幹線のホームで待っていた時にスカートの中をこれ見よがしに真っ白なレースのパンティーを見せ付けられた事もあります。うつむいて隣に立っていた男がそれに気づいて見ようとしたら女性が開いていた足を急に閉じて明らかに僕に見せようとしていたと思われ僕を誘っているんだとなと思った事もあります。まあ僕も内心エッチですが自分から仕掛けた事はありません。全部女性の方からの行為なんですが周りにもこんな話しは一切した事がありません。女性も押さえてる人が殆どなんでしょうが僕が会った傾向として信じられないのですが結構聡明美人タイプな女性だった事なんです。美人聡明な女性って見掛けはお高くとまっている感じがする替わりに何らかな精神的ストレスから痴女の裏面を隠し持っているのではないかと思ったりもしますがどうなんでしょうかね。

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年2月9日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】視姦から【体験談】

マックで近くに女子高生達がいた

眩しい太もも 若い女の匂い 

何人か下着の見えそうな子もいた

興奮し視姦した

下着の見えそうな女の子たちの股間に鋭い視線を浴びせた

一人の子が明らかに反応してきた

時折こうした女の子にめぐり合える

男のいやらしい視線に何故か性的に感受してしまう子

その子を他の子達に出来るだけ気づかれないよう

目で股間を刺し続けた

まれにいる

それとなくそれから下着をさりげなく俺に見せてくれる子

その子もそうした子だった

スカートの隙間を故意につくり俺に見せ付けてくれた

俺の反応を楽しむように


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年2月8日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【寝取られ】後輩の嫁さんを【体験談】

わたしは(仮名Aとします)36歳独身で建設会社に勤めています。

後輩(仮名Bとします)から「相談があるのですが」と言われ

会社の帰りに飲みに行きました。

Bはわたしの8年後輩で、可愛がっている後輩の1人でもあります。

Bが結婚をしたのは半年前で、結婚式にも出席をしました。

結婚する前には良く飲みに言ったり、遊んだりした後輩です。そのBから

「相談」と言われたので、仕事の事か何かで悩んでいるのかな?と思っていましたが

相談内容に驚いたのです。

「A先輩、僕の嫁さんを口説いてくれませんか?」との事です。

A「はぁ?何を言ってるの?お前、マジか?」

B「はい、本気なんです」と真面目な顔。

よくよく聞いてみるとBの嫁さんはHには淡白である。

嫁さんをHにして欲しい

自分(B)のチ○ポに自信が無い。などなど・・・

以前に嫁さん(仮名C子にします)が僕の事を「優しそうで格好良い」と


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2014年2月6日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【レイプ・強姦】伯父と母の情事【体験談】

隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。

「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」

母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。

浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。

恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、男性に腕を掴まれて引き寄せられると、布団のうえに再度押し倒されました。

「イヤ、イヤ、だめ、お願い許して」

男性は母の身体を押さえ付け、下半身に残されたショーツに手を掛けて剥ぎ取ると、一糸まとわぬ全裸姿にしてしまいました。

私は思わず「お願いやめて下さい」と言い出そうとしましたが、驚きのあまり声を出せず、自分の口を塞いでしまいました。

母の身体はふっくらと盛り上った乳房、くびれたウエスト、やや濃い目の陰毛に被われた性器をあらわにされて、必死に恥ずかしさに耐えている母の全裸姿を見つめていました。



39歳になる母ですが5年前に父を亡くして、娘の私から見ても女盛りの魅力ある女性で、男性は父の実兄にあたる人です。

50歳位になる伯父は未だ独身だそうで、父が亡くなってからはしばしば母に言い寄っては、その都度母を誘惑していました。

私は今年19歳を迎える母の一人娘です。キスの経験は数回ありますが、セックスの経験は未だありません。 「ダメッ、となりに娘が寝ているから、イヤッ、お願いだからやめて」

伯父は母の身体に覆い被さり抱きしめると、男と女すなわち伯父と母が性の快楽を求め合うセックスが始まりました。

初めて見る生々しい光景に、私は興奮を押さえられず必死に息を殺して、セックスの一部始終を覗き見ることになりました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2014年2月3日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ・強姦の体験談

【浮気・不倫】淫乱な奥さん会【体験談】

ある日、友人の妻等総勢5人が我が家に来た。

うちの妻が招待したそうだ。

たまには、女性だけで気晴らしだという事で、私は遠慮してパチンコに出掛けた。

2時間程うって、トータル1万円程度の儲けを得た。

帰り道、ケーキ屋さんがあったので、その金でお土産を買って帰った。

自宅に帰るとまだ友人妻たちは楽しそうにおしゃべりを続けていた。

もともと私の友人の妻として接する事も多く、私は気兼ねなく部屋に入っていった。

すると、うちの妻がいないので

「あれ、うちのは?」と聞くとさっき、実家から電話があって少し出てくるという事で出て行ったらしい。

「実家?何の用かな?」と私が言うと、友人妻Aが

「まぁ、もうすぐ帰ってくるだろうしいいじゃない。ここでおしゃべりしましょ!」

と言うので買ってきたケーキを振舞っておしゃべりに参加した。

さすがに、女性ばかりなせいか会話の中心は子供の事や夫との夫婦生活などの暴露話だった。

「うちのは、小さすぎて感じない!」だとか「この前、子供に見られた」など

まぁ、奥さん会の会話と言った感じだった。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年2月2日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】友達のY雄と二人組みのコをナンパするのに成功した。【体験談】

友達のY雄と二人組みのコをナンパするのに成功した。

それぞれがカップルに別れてさっそくホテルに入ったけど、部屋が一つしか空いてなかった。

そこでその部屋を借りて4人で入ることに。

俺も二人のコ(アキとリカ)両方とヤれるかもと思ったし友達のY雄がどんなプレイをするのかちょっと見てみたかったのでOKした。



実はY雄はスゴイらしいって事を奴のセフレから聞いたことがあった。

デカいし上手いって。



4人で部屋に入ってちょっとイチャイチャしてからシャワーへ。

俺の相手がリカでY雄がアキ。

シャワーに入った時点でY雄はクンニをして手マン開始。

シャワー浴びながらアキを立たせてY雄はしゃがんで後ろから手マン。

アキはその前のクンニでかなり感じさせられていたらしく、Y雄の激しい手の動きを全く痛がらずにヨガっていた。

アキ「あ、あ、あ、スゴイ!あ!スゴイ、激しい!」

Y雄「どこ?ここ?あ、発見!ここでしょ?」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年2月2日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【フェラ・クンニ】ナンパ成功、友達のセックス【体験談】

友達のY雄と二人組みのコをナンパするのに成功した。

それぞれがカップルに別れてさっそくホテルに入ったけど、部屋が一つしか空いてなかった。

そこでその部屋を借りて4人で入ることに。

俺も二人のコ(アキとリカ)両方とヤれるかもと思ったし友達のY雄がどんなプレイをするのかちょっと見てみたかったのでOKした。



実はY雄はスゴイらしいって事を奴のセフレから聞いたことがあった。

デカいし上手いって。



4人で部屋に入ってちょっとイチャイチャしてからシャワーへ。

俺の相手がリカでY雄がアキ。

シャワーに入った時点でY雄はクンニをして手マン開始。

シャワー浴びながらアキを立たせてY雄はしゃがんで後ろから手マン。

アキはその前のクンニでかなり感じさせられていたらしく、Y雄の激しい手の動きを全く痛がらずにヨガっていた。



アキ「あ、あ、あ、スゴイ!あ!スゴイ、激しい!」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月1日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談

【浮気・不倫】友達に頼まれて【体験談】

今、友達に頼まれて、友達の彼女とHしてきた。とてもマニアなプレイであった。俺がやって、友達は見てるだけ。アレしろこれしろと彼女に命令すると言う、何とも倒錯プレイでした。

友人の彼女は20台後半。色白ぽっちゃり系で、胸も大きいし尻もむっちり。職場では、人の上に立って仕事をしている才女。ちょっと細めの教育ママみたいなメガネをかけていた。(眼鏡女は萌える)

あるホテルのスイートルーム。約束の時間に行くと、彼女はバスルームで準備中。俺も彼女が出て来るのを待って、軽くシャワーを浴びる。友人は、ソファに座ってチューハイを飲みながらパンツ一丁で待っている。俺と彼女がやるのを指導するわけだ。

彼女がタオル一枚まいた姿でごあいさつ。恥ずかしそうにうつむいてしゃべっていると友人が「もっとちゃんと自己紹介しなさい!」と、一喝。おお、そういうわけなのね。自己紹介を済ませると「体を見せてあげなさい。**さんが待っていらっしゃるでしょう。」なかなかタオルをはずさない彼女のタオルを無理やり取り上げて「さぁたって。見せて差し上げなさい。」彼女は体をくねらせて、隠そうとする。

彼女はいきなり俺のティムポをくわえて、ジュボジュボと吸い込み始めた。友人がすかさず、「いただきますは言ったのか!」「はい、いただきます。」上目遣いに俺を見て、恥ずかしそうに言うんだな。そしてまた、ジュポジュポ。思わず、彼女の頭をつかんで、グイと引き寄せた。「もっと奥まで。もっと吸い込んで!」彼女は、口の周りを唾液だらけにして俺のディムポに吸い付いてくる。ゆっくりと、手を下腹部に持っていくと、したたるほどのお汁があふれている。「もう、こんなに濡れてる!」俺が言うと、友人は「お前、俺以外の男としてそんなに感じるのか!」怒りながら、すっかり倒錯した悦びに浸っていた。

十分にしゃぶり尽くしたところで、友人が「そろそろ、やってもらえ。」と、彼女に命令。「はい。お願いします。」彼女はベッドに手をついてでかいおケツをグイともち上げて、「お願いします。入れてください。」俺はおもむろに、ティムポを突っ込んでグッポグッポと出し入れしたね。それから、グィングィンスライドさせて、またグッポグッポ。彼女は、もう、ビシャビシャ。頭をガックンガックン振りながらハァハァ言っている。友人は、彼女とディープキッス。それを眺めながら、更にグッポグッポ。友人は、横にまわってしばらく様子を見ていたが、「感じるのか?おい!お前本当はもっと好きな事あるだろう。言ってみろ!」と、命令する。「はい。ゴックンが好きです。」「なに?もっとおっきな声で。ちゃんと、お頼みしろ!」「はい。ゴックンさせてください。」

今度は俺がベッドに寝て、彼女がフェラチオ。ジュッポジュッポといやらしい音が、部屋に響く。「もっと、激しく。ほら、タマももんでさしあげろ!いつもいってるだろう!」友人は、興奮してきて、彼女に命令し続ける。「時々、手で、しごいて差し上げろ!」彼女は、時々口を離して、悲しそうな声で(しかし悦びながら)「はい、はい」と、命令をきいている。やがて、69の格好に。ベショベショのマムコとクリをクッチョクッチョと嘗め回すと、あえぎ声を上げながら、ティムポを口から離してしまう。すると、友人が「しっかりくわえろ、ゴックンさせていただけないぞ!」こちらからは見えないけれど、彼女の頭をつかんで、俺のティムポに押し付けているようだ。

69でグッチョグッチョになめてなめられて、もう、逝きそうになった俺は、今度はベッドに仁王立ちしてフェラを続けさせた。友人は、横にまわって見ながら、「俺の友達にやられて悦んでるなんて、頭に来る。あとでおしおきだ!」と、怒ってるようなふりをして悦んでいる。俺は彼女の頭をつかんで、彼女のお口を攻めまくった。そして、最後の瞬間。おお〜、え〜気持ち。「一滴残さず飲むんだぞ!」ゴックンゴックン。「ほら、お口を開いて見せて差し上げろ。」彼女の口の中には、まだ、沢山の俺の分身があふれていた。

彼女は、キスだけは嫌だと言っていたのだが、友人の命令でディープキス(フェラ後のキスは俺も嫌いだぁ!)でも、異様な興奮の中で、彼女にアナルアンド袋舐めをさせて、俺も、最後にバックからクンニをして、終了。友人は、しきりに「俺にはそんなことしたことないくせに。」とか、「おれのときはそんなに悦んでないだろう。」などと言って、怒り悦んでいた。「明日の朝までおしおきだ!」と、最後に萌えていた。

俺は、「何のお仕置きしたのか絶対に教えてね。」と、言い残し、(えらくかっこ悪い台詞だ。そう言うキャラクターなもんでね。)ホテルを去った。

う〜ん。なんだか、妙な興奮の中で終わってしまって、夢かうつつかわからんようになってしまった。でも、きっと友人は十分に堪能してくれただろう。もう少し、自分の中でシチュエーションを作ってけば良かったかなぁ。と、反省する事しきりである。しかし、彼女がやられているのを見るというのも、楽しいもんかもしれない。いや、ただのSFだから、興奮するのかなぁ?う〜ん?でも、とりあえず、ただでいい事させてもらったし、ま、いっかぁ。

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年2月1日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

このページの先頭へ