最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【寝取られ】まあいつものセックス大好き妻の話なんだ。【体験談】

<>686名前:名無しさん@ピンキー[]投稿日:2012/11/22(木)00:53:41.32ID:irU2X+FZ[1/8]<>

ちょっと長くなるけど色々とあったから書いてみる



まあいつものセックス大好き妻の話なんだ。

長らく続いたセフレ夫婦さんと、若い玩具君との関係を切った。

自分が年明けからおやじの会社に勤めることになった。

当面は実家近くのアパートの一階と二階を借りる。

一階は自分と妻、二階は妻のヤリ部屋としての予定。

これからの妻は相手を一人に絞る予定で、近頃は面接中。

年明けにはこんな感じのつもりだから、今関係ある人とは切ると妻が言った。



<>687名前:名無しさん@ピンキー[]投稿日:2012/11/22(木)00:58:29.17ID:irU2X+FZ[2/8]<>

んで夫婦さんには引っ越すから最後と伝えたみたい。

先週の金曜から土曜の夜まで、存分に三人でやりまくったと帰ってきた時に報告があった。

昨日の昼過ぎからは妻と玩具君と自分でラブホに行った。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年2月19日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【彼氏・彼女】シャワーで・・・【体験談】

私はシャワーでよくオナします。

普段は水流をmaxにして股間に当てていますが、

彼氏が来ると、わざと浴槽の中で、しかも弱にして、じらさせるんです。

しかもわざと感じるクリに当たるように、上下左右に動かして…

「ぅああ…許してぇ…イけな…あんっイけないよぉ…!…!!あっ、ああああっ!?」

いきなり強にされて、私は体をビクビクさせて感じ、

「あああああああんっ!!イく、イっちゃう!あんっ、あああっ….!?」

…とイく瞬間に彼はシャワーを止めてしまったんです。

15分くらいシャワーが出されていて、浴槽はたぷんたぷんでした。

「いやぁぁぁ…イきたいのぉ…」私は涙目になりながら、まだ股間にノズルを押し付けながら

訴えました。するとシュワアアアッ!!

「うっ、ああああああああああああああああああっ!!」

いきなり彼が水流を出したのです。

「だぁっ、めぇっ…ああアアアアアアアアアッ!!!!!」

浴槽からばっしゃあとお湯があふれて、私はお湯を


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|

2014年2月7日 | エロ体験談カテゴリー:彼氏・彼女との体験談

【高校生】変態プレイ【体験談】

ここを読んでいると「変態な人が多いなぁ~」と安心する(笑)1~2年前の話ですが、出会い系サイトで知り合った

N子との事を書きます。わたしは45歳、N子は18歳という若い子でしたが、こちらの変態な要望を叶えてくれる

ステキな子でした。こちらがMなのを事前に話していたのですがN子は「良いですよ。一杯責めてあげる!」と言ってくれ、

会う事になりました。N子は若く身長が156くらいで細身の可愛い子でした。が、、、Hが始まると完全なSの豹変したのです。娘くらいの子に責められ、言葉攻めをされ、本当に興奮しました。「わたしのような小娘にこんな事されて喜んでいる

なんて、本当に変態!」などと罵りながら責めてくれました。唾をかけられたり飲まされたりすると自分ではどうしようも

ないくらい興奮してしまい「聖水を下さい!黄金を下さい!」とお願いしました。N子は僕の顔を跨いで聖水を

口にだしてくれたのです。聖水はもちろんおしっこの事ですが、普段は決して思わないのですが、興奮していると

何故か美味しく感じてしまい飲めてしまうのです。それから69の体制になり、N子のアナルから黄金(ウ○チ)出て来た

のです。僕は夢中で口で受けました。。。N子のウ○チまみれになっている姿をデジカメで写してもらい後で見ました。

自分でも本当に変態だと思います。N事は何度か会って、スカトロプレイをしてもらいました。何となく自然消滅に

なってしまいましたが、デジカメで写した画像を見るたびにN子を思い出してしまいます。

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年1月26日 | エロ体験談カテゴリー:高校生との体験談

【お姉ちゃん】もう我慢できない 美姉のお漏らし【体験談】

「まだかな?サービスエリア…」

焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。

「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」

「我慢できそうにないの?志織…」

母絵里が心配そうに姉に聞く。

「ううん。大丈夫…」

そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。

(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)

家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。

夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが

高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。

実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。

母絵里は18の若さで志織を身篭ったが、25の時に夫は急死してしまい

以後一人で志織の面倒を見てきた。

俺の母は、俺を産んで間もなく亡くなってしまった。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年1月22日 | エロ体験談カテゴリー:お姉ちゃんとの体験談

【友達】彼女が風俗嬢だった過去1【体験談】

彼女が風俗嬢だった過去を告白してきた話はここでいいの?彼女とは趣味のサークルで知り合った。

顔は誰に似とるとかはなくて普通。整ってる。胸が大きくてF以上

(ブラがFで本当はそれ以上あると言っていた)友達として何度か飲みに行ったりカラオケ行ったりしてた。

半年くらいして彼女から告白してきて付き合うことになった。彼女は小さな飲食で働いてて、チーフみたいな立場だったので店に最後まで残ることが多くて

俺もそれに付き合って閉店後はそのまま店内で飲みながら話してた(Hはしなかった)

俺はK、彼女はM、以降関西弁で

ある日いつものように店に残って飲んでると彼女が思いつめた顔で「K君とこれからもちゃんと付き合いたいから知っといて欲しいことあるねん」と言ってきたので俺は、借金?家族にめんどいのが?メンヘラ?宗教?とドキドキした

そんな俺を知ってか知らずか彼女はもったいつけることもなくハッキリ言った「わたしな、風俗しててん」なんか全身がエレベーターが止まった時みたいにフワっとなった

風俗に至るまではエッチ要素もないので要約・小さな店を始めたくて友人と金策したがその友人が金もって消える

・怖い人も絡んできて自分は逃走不可

・派手なタイプじゃないしキャバは無理。

・デリヘルで面接、即採用、即日デビュー

・一年キッカリで借金返済

・俺と会って現在に至る借金の額は○百万だったが俺の貯金で返せる額。なんだよそれ。

頭がぐらぐらして吐きそうな俺。その俺の前に彼女がノートPCを置いた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年1月11日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】セーラー服の女子生徒【体験談】

濡れて肌にぴったり張り付き若くてピチピチしたもち肌の肉体がうっすら浮き出す。

そして下にはM男が下敷きに。

ゆっくりと腰がくねる度に張り付いた下着や制服が体にこすれ、女子生徒の快感が増してゆく中、下敷きのM男はもう窒息寸前だ。

ごぼごぼと水が呼吸をさらに困難に。

快感と苦痛が2人の間でいったりきたり。

やがて女子生徒は快感のあまり尿意をもよおすと、そのまま腰を浮かせ聖水を始める。

ちょろちょろと黄色いおしっこがM男の口の中へ。

ゴクゴク、うまそうに飲み干す。

ご馳走になったお礼に、女子生徒はクンニを要求。

ひたひたパンティを横にずらし、舐め犬に奉仕させる。

オマンコをクンニされ濡れた生徒の表情は高潮し色気を増す。

立ち上がり振り向くとお尻を突き出す。

何も言わずに「挿入」の合図だ。

ぬるりとギンギンにいきり立ったオチンチンを女子生徒の肉壺に押し込むと激しく突き上げる。

膣内を圧迫されズンズン押し上げられる感触に響喜する生徒は濡れた髪からしずくを撒き散らし「ああっ」と快感の表情を振りまくのだった。

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2013年12月26日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【彼氏・彼女】ロリロリ風少女ルナたんとのキメHも3度目 【体験談】

186:クワトロさん@_@◆FORDf3Oms6:2005/09/22(木)20:15:39ID:BdqZQdoI0

今回でロリロリ風少女ルナたんとのキメHも3度目なので少し余裕が出てきたかも

てか、余裕かまし過ぎてしまい、待ち合わせに30分遅刻しましたが(汗

とりあえず、コンビニで飲食物、その他諸々を買い込みラブホへ向かった



ルナたんがDVDを見たがっているのでお値段が高目だけど機器の整った部屋を選んだ。

部屋に入り、早速DVDを再生する。前回、ルナたんが見たいと言っていたので

レゲエダンスのコンテストやレクチャーなど5枚を知り合いから借りてきたのだ。

ルナたん、スゲー、スゲー言いながらダンスコンテストのDVDを食い入るように見てた。

その間にネタの準備しとくかなと・・・前もってすり潰してパウダー状したものを5詰めた。

押す人がオマケに付けてくれたアンプルの精製水で1.5倍の量まで引く。キャップを戻し

「出来たよ〜ん♪」と声をかけると「ゴメン、やっぱ先にシャワー行ってきゅる」

少々、拍子抜けするも ま、いいかと自分で射れた。うん、まぁまぁかな。

レゲエダンスを見る。レゲエを見たことある人ならわかると思うけど 凄いエロエロw

倒立してお股をパカパカしてるシーンがうpになった。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2013年9月2日 | エロ体験談カテゴリー:彼氏・彼女との体験談

【同僚・上司】陽子のおもいで  第22章 2人はつねにあなたのモノ・・・【体験談】

急行の止まらないその駅で降りて商店街を通り綾子の住むマンションへと向かった。

流石にこの辺に来ると土曜日でも会社に向かって通勤する人の姿がちらほらと見えるので、陽子の綾子も変なことをしないでおとなしく歩いていた。

途中コンビニに立ち寄り、食料をやたらと買い込んだ。おそらく2人の計画では、一端部屋に入って事を始めたら夜まで、いや明日まで・・・もしかしたら明後日の朝、会社に行くまで変態で淫靡でとことん淫乱な3人の世界を繰り広げるつもりなのだろうと思った。

その証拠に、マンションに着く前だというのに陽子はオマンコがビチョビチョになってしまったと訴えてくるし、綾子はピアスがクリトリスを擦って逝ってしまいそうと歩いている途中で民家の壁に手を付いて片手でスカートの中に手を入れてピアスの位置をずらす行為をしだす始末で、マンションの部屋まで待てないと訴えかけてきた。

歩きながら辺りを見ると公園があり、公衆便所が設置してあるのが目に入ったので、そこで体勢をを整えるように促して2人を送り込み、外のベンチで待つことにした。

5分ほど経ったころでしょうか、なかなか二人が出てこないので様子を見に行くことにしました。

入り口を入ると左が男性用、右が女性用となっていました。綾子のもだえるような声が聞こえてきます。

やっぱりだ、と思ってその声のする方を見てみると、男子トイレの方から聞こえています。

「なんで・・・」と思いながら男子トイレの中を覗いてみると、小便器が五台大便用の個室が三室並んでいるのですが、その一番奥の個室から綾子の声が漏れてきています。

ぼくはその個室の前に立ち、中の様子を伺いながら喘ぎ声が途切れたのを確認してからノックしてみた。陽子の声がした「・・・雅之なの?・・・」小さな声が帰ってきた。

「2人とも中に居るんだろ?・・・大丈夫なのか?」

「綾子が大変なの・・・」「入って良いかい?ぼくも・・・」

「入ってきて早く・・・」こんどは綾子の声だ。

そして「カチッ」という音がして、鍵が開いたのがわかったのでドアノブを押した。

ぼくの目に飛び込んで来たのは、綾子のむき出しになったお尻と肛門そしてその下でマンコ汁に光って腫れ上がった様に捲れあがった蜜壺とその周囲をピアスが蠢いていた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2013年8月31日 | エロ体験談カテゴリー:同僚・上司との体験談

【寝取られ】まあいつものセックス大好き妻の話なんだ。 【体験談】

686名前:名無しさん@ピンキー[]投稿日:2012/11/22(木)00:53:41.32ID:irU2X+FZ[1/8]

ちょっと長くなるけど色々とあったから書いてみる



まあいつものセックス大好き妻の話なんだ。

長らく続いたセフレ夫婦さんと、若い玩具君との関係を切った。

自分が年明けからおやじの会社に勤めることになった。

当面は実家近くのアパートの一階と二階を借りる。

一階は自分と妻、二階は妻のヤリ部屋としての予定。

これからの妻は相手を一人に絞る予定で、近頃は面接中。

年明けにはこんな感じのつもりだから、今関係ある人とは切ると妻が言った。



687名前:名無しさん@ピンキー[]投稿日:2012/11/22(木)00:58:29.17ID:irU2X+FZ[2/8]

んで夫婦さんには引っ越すから最後と伝えたみたい。

先週の金曜から土曜の夜まで、存分に三人でやりまくったと帰ってきた時に報告があった。

昨日の昼過ぎからは妻と玩具君と自分でラブホに行った。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年6月21日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【お姉ちゃん】もう我慢できない 美姉のお漏らし【体験談】

「まだかな?サービスエリア…」

焦れた感じで姉志織が父に尋ねる。

「そうだなあ、この渋滞だから少なくともあと30分は覚悟しなきゃならんぞ」

「我慢できそうにないの?志織…」

母絵里が心配そうに姉に聞く。

「ううん。大丈夫…」

そう言いながらも、姉は顔をしかめ、体をよじらせた。

(あんなに冷たいものばかり飲んでりゃ、そりゃあなあ…)

家族で伊豆の別荘へ行った帰り、渋滞にはまってしまった。

夏も終わりの頃であり、そんなには混まないだろうとの予測でいたが

高速で事故があり、その処理に時間がかかっているらしい。

実は家族とは言っても、父と母は再婚どうしで姉は母の連れ子である。

母絵里は18の若さで志織を身篭ったが、25の時に夫は急死してしまい

以後一人で志織の面倒を見てきた。

俺の母は、俺を産んで間もなく亡くなってしまった。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2013年6月17日 | エロ体験談カテゴリー:お姉ちゃんとの体験談
1 / 3123

このページの先頭へ