最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【痴漢】小学生の痴漢少年 2.【体験談】

あの小学生の痴漢少年に興味を持った僕は、

あの少年が大人の女性にどうやって痴漢行為を行ない、、、かつ感じさせてしまっているのか

一度間近で見てみたいと思い。。。会社帰りの際は常にあの少年の姿を捜すようになりました。。。しかし、あの少年は結構不定期に現れるようで、、、見かけるときと見かけないときがあります。

また見かけても、あまりターゲットとなる女性がいないのか、、痴漢行為を働かない日々がしばらく続きました。ある会社帰り、、僕はまたその少年がいるかどうかを確認する為、ホームを一通り見て回りました。が。。見当たりません。

『む。。。今日も外れかな?』

僕はあきらめ。。まだ電車が来るまで若干時間があった為、本でも立ち読みしようと駅内の書店に立ち寄りました。すると。。書店の参考書コーナにそいつが居るのを見つけました。

遠めからでもはっきり分かる特徴的な子ザル顔で、 かつ小柄なその少年は、”小学5年の算数ドリル”と書かれた問題集を立ち読みしていました。

『おお!居た。。』

僕は少し喜んで、、その少年の様子を遠くから見ていました。

その少年は”ジッと”真剣に算数ドリルを見つめていました。

『へー。。。あんなとんでもないエロガキでもちゃんとやることはしっかりやってるんだな。。』

僕は少し関心しました。しかし、、その少年の”算数ドリル”を眺めている顔がやたら真っ赤になっているのです。。

そしていきなり”ズルッ”という感じで、開いている算数ドリルの中にある何かが落ちそうになり、

少年は少しあわてた感じでそれを元に戻しました。

『んっ?何だ。。。?』


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2017年12月30日 | エロ体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 6 【体験談】

前回↓





最初から読みたい方は↓









「天野部長の秘書?」





「……うん、近藤さんに頼まれちゃって……」





夜、天野部長の秘書になる事を頼まれたと菜穂が伝えると、夫の智明は当然驚いていた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2015年7月1日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】妻が接待で体験した超肉食絶倫3Pセックス 5 【体験談】

前回↓









早朝、菜穂は家族のために1人早起きして朝食を作り、夫のネクタイやカッターシャツを用意する。



そして夫と子供達を起こし、家族皆で一緒に朝食を食べる。





「ほら、お腹空いてなくても朝ごはんはしっかり食べなきゃ駄目よ。一日のエネルギーになるんだから。」





食卓の席に座ってもまだ眠そうな子供達。




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2015年6月23日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【同僚・上司】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた完 【体験談】

普通のセックスに飽きてしまい、人妻や恋人がいる女性しか興味がなくなった私は、より強い刺激を求めて、身近な人間の妻に手を出してみることにした。



私の会社の大黒柱のような男である間宮をターゲットにし、その妻の美帆を堕とすことにした。公私ともに仲の良い二人なので、私の背徳的な興奮は久しく感じたことのないレベルにまで高まっていた。



そして、それは上手く行き、美帆は私のペニスに完堕ちした。



社長室に、新規開拓先の企業の報告をしに来た間宮。大口の商談に、熱が入る間宮。それを、優しい笑みを浮かべながら見ている美帆。

「背負うものが増えると、さらに熱が入るね。あまり無理するなよ」

私がそんな事を言うと、照れたように笑う間宮。そして、間宮は美帆を見る。



「美帆、気分悪くなったりしてないか?」

『気が早いわよw まだ、お腹だって大きくなってないんだからw』

「それはそうだけど、無理はするなよ」

『ありがとう。あなたもね#9825;』

二人は、本当にお互いを大切に思っている感じだ。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2015年4月22日 | エロ体験談カテゴリー:同僚・上司との体験談

【同僚・上司】部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた 【体験談】

私は今年で40歳になった。まだ結婚はしていない。と言うか、結婚に興味が持てない。女性のことを信用できないという気持ちが強いからだと思う。



私はそれなりにルックスも良く、男性器の性能も良かったので、若い頃から遊びまくっていた。そして、普通の女性とのセックスでは刺激が足りなくなり、人のモノ……彼女だとか、人妻にしか興味を持てなくなってしまった。

そんなセックスをしていると、女性があっさりと伴侶を裏切る姿をイヤと言うほど目の当たりにする。そんな刺激を求めた背徳的なセックスを繰り返したツケが、いまの私の女性不信に繋がっているのだと思う。



そして、見ず知らずの人妻などを落とすことにも飽きてしまった私は、身の回りの知り合いの人妻に興味を持つようになっていた。



私は小さいながらも広告代理店を営んでいて、早いタイミングでスマートホン対応をしたおかげでそれなりに収益も上げる事ができ、従業員も80名を超えた。



そんな中で、営業部の部長を任せている間宮という男の妻に目を付けた。間宮はとにかく真面目で勤勉な男で、まだ35歳という若さにもかかわらず、彼が部長をしていることに社内でも誰も異論は無く、誰もが認めるエースという感じだ。



そして、彼は社内結婚をしていて、私の秘書が彼の妻だ。名前は美帆といい、見た目からしてザ・秘書という感じの上品で清楚な感じの女性だ。年齢は29歳で、女盛りの最盛期、色気とフェロモンが過剰分泌されているようないい女だ。

彼女はスレンダーな身体をしていて、一見ほっそりとした印象だが、よく見るとスーツの中の胸はブラウスのボタンをはじき飛ばしそうだ。



膝丈のタイトスカートからのぞく足も美脚で、会社の看板という言葉がピッタリと来る。実際、業界紙で美人秘書という紹介のされ方をしたことが数回ある。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2015年3月20日 | エロ体験談カテゴリー:同僚・上司との体験談

【寝取られ】プライドの高い妻だったけど(3) 【体験談】

「はあ・・・」

自然とため息が漏れる。



今日もまた夫から遅くなるとのメールが入った。

ここのところ、ほぼ毎日だった。帰ってこない日すらあった。



おしどり夫婦と噂される程、仲の良かった私達だったが、

夫が彼らと付き合い出してから、段々歯車が狂ってきた。



村松と名乗った男の貧相な顔を思い出すと、吐き気がする。

明らかに冗談だと分かってはいたが、それでも彼の下品な台詞は、いつまでも頭から離れなかった。



「旦那しか知らない人妻をオモチャにするのって、処女で遊ぶより断然、面白いんだよ」



私はビジネスのことは良く分からない。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||

2014年10月22日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】プライドの高い妻だったけど(2) 【体験談】

「はあ・・・」

自然とため息が漏れる。



今日もまた夫から遅くなるとのメールが入った。

ここのところ、ほぼ毎日だった。帰ってこない日すらあった。



おしどり夫婦と噂される程、仲の良かった私達だったが、

夫が彼らと付き合い出してから、段々歯車が狂ってきた。



村松と名乗った男の貧相な顔を思い出すと、吐き気がする。



彼の下品な台詞が、いつまでも頭から離れなかった。



「旦那しか知らない人妻をオモチャにするのって、処女で遊ぶより断然、面白いんだよ」




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||

2014年10月21日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【レイプ・強姦】パート従業員 菜生 【体験談】

私は秘書を派遣するような自営の仕事をしています。仕事が忙しくなり、とうとうパートさんを募集することにしました。

募集をはじめると思いの他、多くの女性からの応募がありました。

面接の際には、やはり

「どうせ一緒に仕事をするなら、自分好みの女性に頼もう」

と思い、そういう観点から選考を進めました。

まず3人の女性に候補を絞り、それぞれ面接をしました。

3人の中でも、一番脚の線が綺麗だった「菜生さん」と言う34歳のロングヘアの方に仕事を手伝ってもらうことにしました。



最初はそれ程とは思わなかったのですが、仕事中に顔とか脚、全体の体つきとかを見ていると、当初の予想以上に「良い女」であると感じてきました。

特にサイト製作の仕事の際に「女性のポートレート画像」が必要になり、その時に丁度よい写真がありませんでした。

「プロのモデルさんを頼まないといけないな」

と思っていたところ、彼女が

「私でできることなら協力しますけど・・」

といってくれたのです。

別に「H系」の撮影ではありませんが、それらしい服装を用意して無事ポートレートを撮影することができました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年8月4日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ・強姦の体験談

【人妻】妻の浮気は辛いものですね【体験談】

私は44歳・妻は38歳の夫婦です。そして小1の娘が1人おります。

子供が小学校に入学を切っ掛けに妻はパートに出ました。

妻はパートに出てから間も無く、職場の上司に喰われてしまいました。



条件も良く、かなりの競争率だったようで、最初は採用は無理だと思い、面接に行きました。すると、数日後に採用の連絡が入り妻の就職が決まりました。

結局、上司は私的な考えで妻をに気に入っていた様です。

初出勤の日から、妻は特別待遇だったそうです、秘書的な部署へ配置替えされての採用でした。

更に、正社員の話しもされました。

妻はその上司を信じて慕ってしまうのです。

間も無く、妻は出張に出掛ける事になりましたが、勿論、上司の同行でした。

当初は日帰りのはずで、22時には帰る予定でしたが、仕事が縺れて帰れないとの連絡が入りました。

私は疑う事も無く妻を気遣った。

後から知りましたが、その時が初めての日となったのです。



探らなければ浮気を知る事は無く、疑いだけで済んだはずでした。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年4月21日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】我が家の性の事情前編【体験談】

俺は性欲が異常に強い、裕福な家庭に生まれ金には困らないので、18から週2ペースで吉原通い週末はマンションにデリヘルを1日買い、それ以外はナンパ三昧でセックスをしまくりだ。

縛られたくないので、特定の彼女は作らなかったが、まだ大学2年なのに両親から、後継ぎをとせっつかれて、お嬢様クラスと見合いを連発。相手の好感触を尻目に、全て断ると、

ある日、

父が上京してきた。酒を酌み交わしながら、気まずそうに、

話を切り出した。

(良樹、お前女嫌いなのか?)

『えっ何で?』(何でって、彼女も連れて来ないし、見合いも断るし、ほら、何て言うか、今流行りの・・・)

『流行り?、』

(うん、その、何だ、ホモって言うのか)

『なっバカ言うなよ、女好きだよ』(そうか、安心したよ。)

まぁ男どおしだし、色んな女とセックスしたいから、彼女を作らない事情を話した。

すると、酒の力も手伝ってか、父も性欲が異常に強いと、話しだした。

何でも、抱き飽きないように16の女を(母親)嫁にしたが、時々出合い系で浮気してるんだそうだ、

この夜は、

部屋にデリヘルを呼び親子で楽しんだ。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年4月19日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 1012345...10...最後 »

このページの先頭へ