最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【同僚・上司】処女のFカップのパイズリ 【体験談】

昔のお話を少し投下させていただきます。



俺 スペック しがない雇われ店長 元ヒッキー(6ヶ月半)

  30代前半

  身長 184センチ 94キロ ちょいぽちゃ



俺の店に短大を卒業したての女の子が面接を受けに来た。

就活がうまくいかず卒業、就職ができるまでアルバイトがしたいとことでした。

アルバイトが2人辞めたばかりだったので、即採用。

履歴書的には

21歳 146センチ 地元の高校、短大卒業、家は店の3つ先の地下鉄の駅の付近の実家住まい。ここでは名前は仮に「ヒロちゃん」にしよう。後でわかるのだがFカプーだった。

うちの可愛くない制服を着ているとその胸の大きさは対して感じなかった。



接客業にしては少し大人しく暗い感じがするが、「育ちの良い感じ」がするので、安心していた。実際働き出すと、丁寧でゆっくりとした喋り方がお客様に安心をもたらしているように見えるし、他の社員からも評判が良かった。

なんとなく自信なさげなのが、就活がうまくいかないように俺には見えた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2013年5月15日 | エロ体験談カテゴリー:同僚・上司との体験談

【手コキ】昔高校時代にコクられて断ったK美と再会して 1【体験談】

これは俺が大学生を卒業して社会人になったばかりの頃の実話です(一部脚色はしてあります)俺は会社の帰宅途中に信号無視の車と衝突し、足を骨折し救急車で運ばれそのまま入院した、全治3ヶ月の重傷だった

その晩はERの集中治療室みたいなところで夜を明かしたのだが、次の日になって足の骨折以外に異常なしと言うことで整形の一般病棟に移された

相部屋は嫌だったので個室にしてもらった

そこで問題の女と出会った、その女と言うのは高校時代にコクられて断った高校の後輩だった、彼女はその病院のナースをしてた

俺は最初気付かなかったのだが、「〇〇先輩でしょ、私よK美、忘れた?」と言われて全てを思い出した

次の日手術を終えて病室に戻ってくると彼女が来て「私が先輩の担当になったから、困ったことあったら何でも言ってね」と優しく言ってくれた

俺はその時はナースとしての社交辞令的な会話としか思ってなかった

手術した個所の抜糸も終わりようやく車椅子で病院内を動く許可が出た

それから10日ほどした時だったと思う、真夜中にトイレに行きたくなって車椅子でトイレに向かった

高い個室はトイレ付らしいが、そんなお金はないので安い方の個室だったからトイレは別だった

廊下は明るいが人気がまるでなくもの寂しい、と言うより不気ささえ感じた

トイレを済ませ病室に戻ろうと車椅子で移動してるとドアが開いている部屋があった、多分トイレに行く時も開いていたのだろうがオシッコが漏れそうなくらい我慢していたので気付かなかったのだろう

ドアが開いていた部屋は病室がある側とは廊下を挟んで反対側、電気は消えてたが廊下の明かりで中が見えた

「何の部屋だろう」と見たらロッカーが並んでいた、ドアの上を見ると「更衣室」と書いてある

その部屋はナース用の更衣室だったのだ、前に使った人がドアを閉め忘れたのだろう


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2013年5月15日 | エロ体験談カテゴリー:手コキの体験談

【友達】若かりし頃の車内での思い出【体験談】

思い出せば、ずいぶんと若い頃のことのように思える。

あれは、20歳の時だった。

12月頃だった。

あるイベントの帰りの電車内でのことだった。

時刻は18時頃だった。

帰りに電車は、すごく空いていた。

両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。

下車駅まで20分だった。

それまでほとんど乗客がいなかった。

ずっとすいたままの車内だった。

見渡すと、女性の乗客がいる。

席の真ん中あたりに座っている。

様子をみると、うつむいて目を閉じていた。

こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、

十分に厚着をした上着と色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年5月15日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】黒いタイツの誘惑 弐【体験談】

ナナとの残業が1週間を過ぎた頃だろうか。

以前より馬のあう子ではあったが、ここのところの残業で、一層親近感が増した気がする。

ナナも結婚するであろう彼氏のスペック等を話してもくれたし、会話しながらも俺の身体

に触れてくる回数も多くなってきた。

翌日は祝日という休日前夜。

残業も佳境に入ってきた20時ごろ。

長時間のパソコン画面とのにらめっこと帳簿整理に疲れた俺たちは休憩室へ向かった。

途中、守衛と出会いはしたが、社内はほぼ無人で、22時までには社外に出ろと言う守衛

の言葉を聞き流しながら、自販機前に立つ。

ナナはその後ろにある長イスに腰掛け、脚を伸ばしながら虚空を見つめるようにコーヒー

を飲んでいた。

自販機にもたれながら、俺はナナの黒いタイツに包まれた肉付きのいい脚や太股を盗み見る

ようにコーヒーを啜る。

沈黙を破るようにナナが低いトーンで囁いた。

「係長って脚が好き?」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年5月15日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【彼氏・彼女】彼女にクンニしたら泣かれた 【体験談】

乳首舐められて声出た一件から、彼女が調子乗ってきた。

俺から触ろうとしても「だーめ」って言って耳しゃぶったり首筋舐めながらチンコをしごいてきたりして、

そのまま騎乗位挿入しながらベロちゅーとか一方的に攻めてくる。

両乳首は指先でクリクリして、よだれが溢れるくらいのベロちゅーしながら、腰は動かしてくんない。

まんこの肉がわずかに収縮してるんだけど、もどかしくてたまらなくて、

「腰動いてるよ」って指摘されたのが恥ずかしくてしょうがなかった。

それから対面座位で密着しながらイッた。派手に声が漏れた…

出てるとき彼女がじーっと顔見てるのわかったけどどうしようもなかった。

 

やられてばかりの俺ではない。元々Sっていう自負もある。

だいたい彼女から来るときに、決まってペースを掴まれてしまうんだと気づいた。

先手必勝。彼女がベットに寝転がって雑誌読んでるところを後ろから襲撃。

おっぱい揉んだり乳首いじりながら耳裏から首筋を舐め舐め。

彼女がもがいたけど脚を俺の脚でホールド。脚絡めながら服たくしあげて生乳揉み。

「どうしたの!」とか言ってた気がするけど、格闘技的な意味でテンション上がってて


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2013年5月14日 | エロ体験談カテゴリー:彼氏・彼女との体験談

【人妻】慰安婦妻【体験談】

10代の少年達は、1ケ月もすると妻の体に飽きてきたのでしょう。いくら若く見られる

と言っても40代の妻ですから。少年達の多くの精液を体内に受け入れ、性欲処理どころか精液処理のティッシュにのように口を使わされただけの妻でした。さすがに彼らには、40代の人妻を調教することまでは考えなかったようです。妻は、これから書いていく大学生達による調教により、自ら若い男に声をかけ、抱かれると言う淫乱主婦にさせられたのです。少年達は、妻の後始末を大学生のtとkに頼んだのでした。妻はいくらかのお金で大学生に売られたのでした。tとkによる妻への調教の開始です。学生達の慰安婦になる為、妻は心までも変えられていきました。撮られたビデオはsexのシーンが多く、これだけを文字にしても、全くストーリーとして成り立たないので、事実関係を曲げる事無く、一部は狂頭が現場に居たと仮定し、回想録風に書いてある部分もありますので、その点ご理解いただきたいのです。

———2人の大学生の奴隷として———

tとkは大学3年で21歳。この2人によって3ケ月にわたり妻は調教されたのです。

妻は2人と会った日に、tに早くも抱かれていました。tとkは大学に近い所に下宿しています。今風なワンルームマンションとは違い、プレハブ作りのアパートです。その部屋に連れ込まれた妻のsexビデオが多数あります。

しかしtとkは、妻に向かって卑猥な言葉を浴びせたり、すでに命令口調になっています。

tの方は妻好みの男です。妻にとっては、少年達による強姦に比べれば、tとのsexは、はるかにまともな事に思えたのでしょう。

———品定め———

かなり調教が進んだ頃と思われるビデオがあります。

珍しく、妻が着衣のまま写されています。これは、妻を学生達の見せ者にして、後で抽選をして妻を抱けると言う調教をした時のものです。

妻は大学近くにあるホームセンター入り口横の自販機コーナーのベンチに座らされています。

その様子を車の中から撮っています。妻は、白のニットの膝上15cm位のミニのワンピースに、ベージュのパンプスを履いています。ワンピースは前にボタンがついていますが大きくはだけさせられ、上から見ればブラジャーは丸見えでしょう。40代の妻には、ちょっと恥ずかしい服です。ミニから出ている脚を見ていると、つい太股に手を入れたくなってしまいます。学生達が2、3人ずつ自販機の缶コーヒーを買い、飲みながら妻を品定めしています。中には、妻の背後に回り胸元を覗き込んでいる者もいます。しゃがみ込んで下の方から見上げている者もいます。もちろん学生達ばかりではありません。私のようなスケベなおやじなんかは、横に座ったりして横目で妻をみています。

20人位の学生達に品定めをされた妻は、車の方へ歩いてきます。ちょっと太めの下半身

の熟女が好きな人にはたまらないですね。妻は、朝からこんなことされていたんです。

———変わり果てた妻は———


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2013年5月13日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【レイプ・強姦】職場仲間の人妻を・・・ 【体験談】

これは俺が人妻である斉藤弘子さんをレイプしてしまった話です。



事の経過からお話しします。

俺は大学に入ってから、とある飲食店でバイトを始めました。

そのとき斉藤さんは子供が小さいからということで昼の短い時間だけパートで

働いていました。



大学が早く終わってたまに遊びがてら店に行くと、すれ違う程度で本当に「お疲れ様」

くらいの言葉を交わす程度でした。



1年が過ぎ、斉藤さんの子供が小学生になったということで、斉藤さんはフルタイムで

夕方5時まで働くようになりました。

そこからは引継ぎ等で毎日顔を合わすようになり、よく喋るようになりました。

土曜日もたまに出勤していてどんどん仲良く喋るようになり、休憩時間が重なると

下ネタで盛り上がることもしばしばありました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2013年5月13日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ・強姦の体験談

【友達】車内で【体験談】

I was very happy to see 〝an elegant woman having slept on the train〟.

思い出せば、ずいぶんと若い時のことのように思える。

あれは、20歳の時だった。

12月頃だった。

あるイベントの帰りの電車内でのことだった。

時刻は18時ごろだった。

帰りに電車は、すごくすいていた。

両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。

下車駅まで20分だった。

それまでほとんど乗客がいなかった。

ずっとすいたままの車内だった。

見渡すと、女性の乗客がいる。

真ん中あたりの席に座っている。

様子をみると、うつむいて目を閉じていた。

こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2013年5月13日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】親友の、、、【体験談】

もう何年も前の話です。

高校、大学からの親友が離婚を考え始めていると言った内容の相談を受けていて、何度か仕事帰りに飲みに行っていました。

彼から相談を受ける半年くらい前に、ボク自身も離婚を経験しており、ある意味ボクの経験を踏まえて色々と話をしました。

ボクが離婚した相手も、彼が離婚しようとしている相手も、実は学生時代から交流があり、4人で旅行したり遊んだりなど交流していました。

ある夏の日に、ボクの携帯電話に見覚えのない番号からの着信があり、出てみると通話口の向こうからは、親友の奥さんの声が聞こえてきました。

ボクが離婚してからは彼女と直接会うこともなかったのですが、経緯を色々と聞かされていたので、純粋に愚痴を聞いてあげるつもりで飲みに行く約束をしました。

彼女の住んでいる(親友はその時既に別居していました)街に車で向かい、彼女の家の前に車を停めて近くのおしゃれなダイニングに入りました。

彼女は昔から割りとお酒には強かったのですが、その時はストレスやら心労やらが溜まっていたのでしょうか、サワーと梅酒を2・3杯も飲むとすぐに酔ってしまい、ほとんど抱えるようにして彼女を家に連れて帰りました。

リビングのソファーに座らせると、彼女は無言のまま自分の着ていたものを全て脱ぎ散らかし、文字通り一糸纏わぬ姿になるとボクに有無を言わせることなく抱き付いてきました。

比較的冷静だったボクのアタマの中に親友の顔が浮かんだのですが、さすがに全裸の女性を放っておけるほど人間は出来ていないので、しっかり自分もその場で着衣を脱ぎ捨ててしまいました。

明るい蛍光灯がリビングを煌々と照らす中、夢中でお互いの性器を唇や舌で愛撫し合い、気付いたときにはボクの上に跨った彼女は、上体を大きくのけ反らしながら激しく腰を振っていました。

長い付き合いのせいもあり、実は彼女が妊娠することが出来ない身体だということをボクは知っていました。従ってわざわざ膣外で射精する必要がないことを分かっていたので、卑怯だなと感じつつも遠慮なく彼女の膣内に射精しました。

射精してしまうと一層冷静になっていて、頭の中では事態をどう収拾して良いものかと思案していたのですが、彼女の方はフラフラと立ち上がり、真っ暗な寝室にボクの手を引いて入って行きました。

言うまでもないのですが、僕らはそれからも何度も何度も朝方まで交わり、外でカラスが鳴き始めた頃にようやく深い眠りにつきました。

目覚めたとき、彼女は既にボクの隣には寝ていませんでした。バツが悪そうに寝室を出ると、キッチンでブランチの準備をしてくれていた彼女がシャワールームに案内してくれました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年5月12日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】お隣と嫁を交換してみたら03 【体験談】

お隣の夫婦との、土日だけの嫁交換を実行して、俺と嫁との夫婦関係は今まで以上に良好なものになっていた。



デートも頻繁にするようになったし、嫁の好みの雑貨屋さんにもついて行くようになったし、嫁も俺の筋トレに理解を示すようになってきて、スポーツショップも一緒に行ってくれるようになった。





何よりも大きな変化は、セックスだ。



今までの俺は、なまじ自分のチンポがでかいので、入れれば何とかなるという考えが強かったのか、前戯もそこそこにすぐに挿入する癖がついていた。

それが、嫁に隣の旦那の正人さんと経験した、ねちっこいセックスの内容を聞かされて衝撃を受けて以来、真似ではないが、かなり意識して前戯などにも力を入れるようになっていた。



結果は良好で、嫁は挿入前に数回イッてくれて、挿入後も、俺が今までみたいに力任せに突くだけじゃなくなったこともあって、中イキもしてくれるようになった。



ただ、正人さんのように乳首を舐めただけでイカせるとか、潮を吹かせるとか、ましてやキスだけでイカせるといった離れ業は出来ずにいた。

ただ、あれは嫁も相当酔っていたし、背徳感も手伝ってのことだとあきらめるようにしていた。




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2013年5月12日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ