最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【人妻】マー君の・・・・3【体験談】

その後、マー君のお父さんは私の家に度々来るようになりました。

「・・・奥さん・・・またしてくれるかな?・・・・」私は拒みましたが限界でした。

「お、奥さん・・・大好きな巨チンポ・・見せてあげるよ・・・・」と不気味な顔つきで

私をみているの。

もう、駄目か・・・・

私、諦めました。

私はマー君のお父さんに後ろから抱きかかえられて、あの巨根をはめられていく・・・・

お腹がグリグリと突き上げられていく・・・・

私のお尻に、あの大きな玉が当たる・・・

チンポが凄い大きい・・・・

私・・・・もう・・・・だめ・・・・

いっちゃう・・・・

中だしされちゃった・・・・

毎日、マー君のお父さんとはめあってます・・・・だって・・・・

気持ちいいもん・・・・今度はマー君を入れて3p・・・・したいな・・・

エロ体験談検索用タグ

||||

2014年2月10日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【お姉ちゃん】姉【体験談】

携帯からすまん。

自分の話じゃないんだけど俺が高校3年の時、

三つ上の姉貴と一つ下の弟が床の間でやってたのを見た時、

頭が真っ白になって体が固まってしまった。姉貴はミニスカを捲り上げて、

自分のパンツをくわえて騎乗位で弟に突かれまくられてた。

中田氏かどうか分からなかったが、本当に怖かった。

俺が居た事に気がつかなかったんだろうな。



携帯からすまん。670です。

3Pなんか普通に考えて無理だわw

当時、姉貴と弟は家族内ではあまり会話がなかったから、余計に驚いたな。



今は姉貴と俺は結婚して、姉貴や弟とは離れて暮らしてるけど、

たまに二人と会った場合でも当時の記憶が鮮明によみがえる…

姉貴は着衣のまま、弟はパンツの穴から珍子だけ出してさ。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月10日 | エロ体験談カテゴリー:お姉ちゃんとの体験談

【寝取られ】俺が負けたので、彼女が手コキした3【体験談】

俺が友人の明雄と、俺の恋人の典子の手コキをかけてビリヤードの勝負をして、結局負けてしまった。

それを取り戻そうと、また勝負をして負けるという悪循環で、結局典子が明雄のチンポをフェラするという、最悪の結末になった。





しかし、そんな事があっても、典子と俺の仲は変わらず良好で、明雄のチンポをくわえる典子を思い出しては、もっと大切にしなければと思い、優しくなれた。

それが典子も嬉しかったみたいで、負けて良かったねと言うほどだった。



しかし、俺の心の中は、明雄の精子まで飲み干した典子に、納得できない気持ちもあった。





学校では相変わらず3人でつるんでいたし、夕ご飯も一緒に食べることが多かった。

さすがに、もう典子をかけて勝負をするのは止めていたが、最近また勝負したい気持ちが強くなってきていた。





そして、ある日また明雄に切り出した。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年2月9日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】お久【体験談】

私は×1で3歳の子供もいます。旦那と別れて2年近くになります。別れて4か月くらいしてナンパされた男の人と1回だけのエッチをしてからずっとしてませんでした。

私は子供を保育園にあずけて、朝の8時から喫茶店で働いてます。そんなに大きなお店ではないですが、午前中はほとんど任されていて、お給料もいいのし、夕方までで時間の都合もいいし、週に1回はお休みももらえるし、週に2回は午前中だけなので、お給料にしては働きやすい職場です。

でもいつもの常連さんのお客さん達はオジサンばかりで、エッチな人も多くて、エロオヤジと思ってしまうことも多いです。

お店では制服で、上が白のブラウスです。サイズが大きいので袖口は大きい感じで、手を挙げると袖からブラウスの中が見えるみたいです。オジサン達に

「ちゃんと脇の毛の処理してるね」

「ブラまで見えちゃったよ」

とか言われます。

白のブラウスには背中だけでなく、濃い色のブラなら前からもブラが透けるみたいで、

「今日は黒なんだ、下も同じ?」

とか言われます。

下はグレーのタイトスカートです。膝丈の長さですが、ちょっとしゃがみ込んだり前かがみとかオジサン達の前ですると、エッチな目で見られます。

「こっち向いてしゃがんでよ」

「フトモモの上まで見えてたよ、きれいだね」

とか言われてます。

私にはタイトスカートはお尻がピチピチになるので、普段着では絶対着ないのですが、制服だからしかたなく着てます。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年2月8日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【複数・乱交】忌むべき日常行事_1【体験談】

朝のお見送りは、お実にとって忌むべき日常行事だった。

 屋敷の玄関前に旦那様の永田巌、若旦那様の虎男、お嬢様の枝美、そして三人の男の子が並んでいる。彼らを見送るのは奥様の稲、若奥様の豊子、そしてお実を含む三人の使用人だった。

 お実は枝美お嬢様の晴れやかな女学生姿を見るのが嫌だったのである。カトリックの女学校に通う十七歳の枝美は、抜けるような白さのブラウスと色鮮やかな紺碧のスカートを身にまとい、大きな臙脂色のリボンで髪を結っている。足元を飾る黒革の靴は、昨晩お実が磨いたものだ。

 一方、お実はと言えば手拭いの姐さんかぶりで、着ている服は色あせた絣の着物とつぎはぎだらけのモンペなのだ。むろん、奉公先のお嬢様とそこの使用人となれば当然の対比で、お実も身のほどをわきまえてはいたが、どうしても我慢ならないことがひとつだけあったのだ。

 お実を見下す枝美の視線である。まるで家畜を蔑むかのようなその目つき……。

(なにもそこまで見下さなくてもいいではないか)

 お実は常々思っているのだが、枝美のその傾向は女学校に通い始めてから顕著になり、日増しに強まっているようなのだ。

 原因を探せばお実にも見当たる。二十一歳のお実が美し過ぎるのだ。枝美も鄙には稀な乙女だったが、お実はさらにその上をいっており、四歳分の色香を差し引いても枝美が生涯追い越せそうにないほどに、その差は歴然としていたのである。

「いってまりいます」

「いってらっしゃいませ」

 送り出す側の住人たちが波打つように頭を下げ、送り出された側は当主の巌を除いて町中の方へ歩いて行った。子供たちはバス乗合所へ、虎男は所長を務める村の郵便取扱所へ向かったのだ。

 村長職にある巌は、お抱え運転手付きのオースチン・セブンに乗り込み、なにか大きな懸案でも抱えているのだろうか、いかめしい顔で出勤して行った。

 オースチンが見えなくなるのを待って、奥様と若奥様が母屋に引っ込み、お実たち使用人は勝手口に回った。六月中旬にしては少しばかり蒸し暑く、お実が薄曇りの空を見上げていると、使用人仲間のお里婆さんに袖を引っ張られた。

「はい?」

「雨が心配かい?」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月4日 | エロ体験談カテゴリー:複数・乱交の体験談

【手コキ】野川コーチに【体験談】

スイミングクラブに通い始めたのは小3の頃からでした。

特別な理由もなく、ただ当時、なかの仲のよかった友達が通っていたので一緒に・・・というだけの事でした。 その頃は同級生や同じ学校の生徒たちがそれこそ何十人といたのですが、年々減ってゆき、小学校の卒業時には5〜6人程度、高校受験を控えた中学2年頃では2〜3人にまで減り、中学校3年の時には僕一人だけというところ迄になってしまいました。

特別に水泳のアスリートになろうというつもりもなく、ただ単に泳いでいるだけでリフレッシュできる水泳に

自分なりの長続きの秘訣があったのだと思います。

志望高校の合格発表当日ですら、クラブで泳いでいたほどで、その時ばかりは合格の喜びと受験勉強から開放されたという「開放感」で満たされた1日でした。

当時、僕の属していたクラスの男性専属コーチがやめてしまい、女性の野川コーチというあまり冗談の通じないまじめタイプのコーチがきたのですが、元アスリートというだけあって厳しいコーチングにクラスの生徒たちからは反感が出ていました。

以前の男性コーチは、みんなと和気あいあい冗談などを言いながら楽しいレッスンをしていたため、特に女子のクラスメイトはクラス変更を希望したり、クラブからの退会を模索したりと大荒れの状況でした。

結局18人(男11人女7人)いたクラスは10人(男7人女3人)にまで減り、野川コーチの評判の悪さからある会員から「クビ」にされるのではという話まで聞きました。

そんなある雪の日のこと、都心に積もった雪の影響で電車やバスなどは軒並み運休し、学校も急遽休校扱いとなったため、暇を持て余した僕は時間外だったのですが、クラブへ行こうと思い立ちました。

歩いても15分くらいなので、まずクラブに電話をし、やっているかの確認をしました。

いつもの事務のおじさんではなく、野川コーチが電話に出ました。

「イブニングクラスの近藤ですが、今いっても入れますか?」「今日はこんな天候だから生徒さんやコーチたちもあまり来ないと思うわ、ほとんど貸切り状態よ。」「学校が休校になったんでヒマだから泳ぎます。」

「とりあえず準備中だから30分ほど待てば入れるわよ」「じゃあ、今から行きます。」

外の寒さと打って変わって、クラブ内は暖房も効き、プールも温水なので心地よかったでした。

一通り、基礎的な泳ぎをしてプールサイドに腰掛けていると野川コーチがやってきました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月3日 | エロ体験談カテゴリー:手コキの体験談

【人妻】マー君の・・・・2【体験談】

マー君はその後、特注製のもっこりパンツを履いている。向かいのベランダを見れば洗濯をしてヒラヒラと

風にたなびくふんどしパンツが見えるのです。

「よかった。ちゃんと使ってくれてるんだ。」と、私は安心してしばらくの間、マー君と顔を合わせることなく

数ヶ月が経過しました。

ある日、マー君が訪ねて来ました。

「どうかした?久しぶりだね?」と声を掛ける私。

「うん、ちょっと相談があるんだけど。おばちゃん時間ある?」と聞かれたので

「うん、いいよ。さ、上がって」と家の中へ招いた。マー君は、

「ちょっとお願いがあってさ、こないだ作ってくれた特注パンツなんだけどひもが細すぎて喰い込んで痛いんだ。」

「えー!?そうなの?ちょっと確認させてくれる?」と私はマー君にズボンを脱いで目の前に巨大もっこりちんぽ

をさらけ出してくれた。確かに、ひもが細く身に喰い込んで赤くなっている。

「これじゃ痛いでしょ?ちょっと作り直ししなきゃね。急いで作るから取り敢えず今日は我慢してこれ履いていて」

とお願いした。

「うん、わかった。じゃあお願いします」と言ってマー君は帰っていった。

3日後、作り直ししたパンツを持ってマー君の家を訪ねた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月1日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】娘の借金で、知った、真実【体験談】

ある日、郵便受けの手紙を見て、驚愕した。内容は、借金の督促状だった。

娘、晴美30歳は、今だに、独立できない、長男とそんな、息子を溺愛している。母親共々そりが合わず。

私の庇護の元、

高校卒業と共に、家を出た。私には、近況を知らせていたが。今だに、子供たちは、30を過ぎても結婚すら、出来ずにいる。困ったもんだ。

晴美も、仕送りと称して、度々小遣いをせびるしまつだ。

しかし、2百万も借金してるとは、ドッと気落ちしたが。このままには、出来ず。

晴美の部屋を訪ねる事にした。

娘は、私の突然の訪問に、ドギマギしているが、部屋に迎えてくれた。

晴美、、、何だ、このボロアパートは。家賃が安いからさ(苦笑)。

家賃は毎月分、仕送りしてるだろ。

晴美は、何とも言えない顔で、沈黙していた。

私は、娘に、督促状を手渡した。

娘は、ごめんなさいを連呼し、泣き崩れた。私は、借金の理由を問いただした。

去年、務め先で、会社に、多額の損害を与えてしまい。退社(クビに近い形らしい)、三十路の娘は、なかなか再就職が、出来ずに、悪徳金融ではないが、ヤミ金に手をだし。

ヤミ金業者から、風俗務めを進められ。決心したところに、実家に督促状って事だ。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2014年2月1日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【レイプ・強姦】離婚調停中に義兄に捕まり【体験談】

W不倫の彼はいつもやさしく抱いてくれる。

「イクッ」 「中に 中に出して」

彼は男根を脈動させながらドックンドックンドクッドクッと温かな精液を私の中奥深くに

注ぎこみながら耳元でいつも

「○代 愛してるっ」とささやく。

私も「嬉しい イクッ」と彼を放さないようにしがみつく。

歓喜の最高の絶頂を味わうひとときです。触られるだけで鳥肌が立つようになった家庭内別居中の主人に離婚を伝えると激しい

DVが始まり、子供を連れ実家に戻りました。

実家近くにアパートを借り仕事を探しながら彼に「逢いたい」とメールしたら来てくれた。

ファミレスで楽しい会話と美味しい食事を楽しみそしていつものように・・・

「お茶、飲んでいって」とアパートに彼を迎え入れた。

部屋に入ると

「お茶はあとでいいよ」

彼に抱きしめられキスされると濡れてくるのがわかった。

「まっ待って」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年1月31日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ・強姦の体験談

【露出】堕ちていく、私、2【体験談】

私は彼氏の待ち合わせも忘れ、

雑誌を手に帰宅して、ご主人様募集私を開発して下さいって投稿しました。すると編集部から、三通の返事が送られて来ました。和人様、彰様、啓介様、

和人様は、大阪在住だったので、

都内在住の啓介様にTELしました。

ブルルルゥ、ガチャッ。

啓介⇒はいっ。

私⇒啓介様、調教お願いします。

啓介⇒よし。

啓介様は、ミニスカ、ピチTで、◯◯駅にこいって、指示通りにして、待ち合わせたら、会って早々にパンツを脱がされて、トイレの前に、屈まされた。通行人が立ち止まり、私の露になったアソコをチラ見する。中にはニヤニヤして、ガン見する男性や、手招きする男性も、顔を隠す事を禁じられてるから。恥ずかしけど萌え萌えです。すると男子高校生の集団が、ザワザワ見てる。

啓介様が私を男子トイレの個室に連れ込み、チンポをしゃぶらされた。すると、外が騒がしい。啓介様が扉を開けた。しゃぶり続ける私の姿を見て、おぉぉって。啓介様が高校生にしてもらいたいかって聞くと、

皆うなずき、順番に個室に、蒸れたチンポにしぶりつき顔に次々と射精された。

顔の精子は拭き取るなと命令されてホームに向かったけど、顔がパリパリになった状態で、電車に乗った。空いた車内で、激しく突き上げられ腰が砕ける感覚に陥った。この後ビルの谷間や階段の踊り場で、種付けされて、ローターを仕込まれて、帰宅したんだけど、携帯で命令がくるの。

町中で、立ったまま放尿しろとか、屈伸しろとか、

帰宅したら、ヘロヘロになった。

彼氏からのTELが鳴りっぱなしでしたが、無視を決め込みました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月30日 | エロ体験談カテゴリー:露出の体験談

このページの先頭へ