最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【お姉ちゃん】ロリ系な姉2【体験談】

「圭ちゃん・・・き・・・」無防備な姿のまま裕美姉は呟く。「!?・・・裕美姉・・・?」寝言とすぐに気付いたが胸が強く鼓動を刻む。「圭ちゃん・・・好き・・・だよ」「えっ!?・・・」裕美姉の言葉が脳内でリピートして、次第に心臓が刻むリズムが早くなる。「(今の・・って、告は・・く?)」心境は複雑な感情しか感じさせてくれなかった。今までは、すこし困った事をしてくれる厄介だけど可愛い[姉]くらいの意識しかしていなかった。てっきり裕美姉も同じ様な意識、または認識しか持っていないとばかり思っていた。でも今のは明らかに告白だった。「ど・・・どうせ寝言さ。第一姉弟なんだし・・・。」理性がそう呟かせる。「・・って、やばい遅刻だっ!!」朝食もとらず家を飛び出して圭司は学校へ急いだ。ただ、突然の姉からの告白にお教のような先生の話が1mmたりとも入る隙間など無い事は、言うまででも無いであろう。「・・はぁ」家に帰ったあと自室へ直行すると圭司はベッドに身を投げ出した。「・・裕美姉ぇ・・・」その後すぐに、圭司は落ちる様に眠りについた。

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月12日 | エロ体験談カテゴリー:お姉ちゃんとの体験談

【小学生・中学生】小6のとき、ロッカーに隠れていたら【体験談】

小6のときの話。



夏休みに遠泳記録会みたいなもんがあって、500だったか1000だったか

全員泳がなくちゃいけなかったんだよ。泳ぎ終えた奴から教室に戻って

着替えて解散しちゃってもイイみたいなシステムになってた。

速い奴と遅い奴では一時間以上も差がつくのでそんなシステムだったのかな?



で、なんだか知らないけど俺は1番最初にいち早く泳ぎ終わって教室に戻った。

次に戻ってきた奴を「ワッ」って驚かそうと思って奥の掃除用具入れみたいな

ロッカーに隠れていた俺。



すると5分もしないうちに…



しばらくすると女の子2人戻ってきた。

スイミングスクール通ってて、市の大会でも活躍してたはずのF子とW子。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年2月12日 | エロ体験談カテゴリー:小学生・中学生との体験談

【友達】通勤電車で…【体験談】

2ヶ月程前のとある週末の事、何時もよりちょっと早目の帰宅で電車に乗った時の事、何時もの時間帯でないので意外に混雑していたが何とか座る事が出来、自分の下りる駅までこのまま座っていられる喜びに浸っていた♪

あ、俺今年30歳になる極々フツーのリーマン…独身…彼女居ない歴…以下略

更に嬉しい事が!乗ってから3つ目の駅で右隣に座っていた男性が下車し、代わりに20代前半位の可愛い女の子が座って来た。

俺は心の中で思わずガッツポーズをした♪

何処まで一緒なのか分からないが、日々変化の少ない通勤において、こう言うサプライズは嬉しいものだ。

暫くするとその彼女、俺の肩に寄りかかる様に眠ってしまった…もうすぐ俺は下りるのに困ったなと思いつつ嬉しさもあり、どうしようかなと…

大分お疲れの様でかなり真剣に寝ている…それを起してまで自分が下りるのは可哀想だと思うが、この娘もいずれ何処かの駅で下りるのだろうしと…

結局、起こす事が出来ず、自分の下りる筈の駅を通過…そのままかなり先の方まで行ってしまった所で、電車がカーブで大きく揺れたのをきっかけに彼女は目を覚ました。

ハッと我に返ったのか「あっ!」と、ちょっと大きな声で驚くとキョロキョロと外の風景を見渡すと「はぁ~…またやっちゃった…」と、独り言の様で、でも俺にはしっかり聞こえる声で呟いた…

すると俺にもたれ掛かって寝ていた事に気付いた彼女は「すみませんでした…」と謝って来たので「あ、いや…いいよ気にしなくて♪」と俺は冷静な態度ででも嫌みの無い爽やかさを表して「あんまり気持ち良さそうに寝てたから起こすの可哀想だと思って…君も下りる駅通過しちゃったの?」と聞くと「あ、はい…って、あなたもですかっ!?」と、ちょっと驚いた表情で聞き返すので『しまった!余計な事言っちまった』と思ったが時既に遅し…俺はバカ正直に答えた…

すると「ほんっとーに、ゴメンナサイ!」と両手を合わせて謝って来たので、何か悪い事した気がして「あーいいよっいいよっ全然構わないから…どうせ今日は帰っても何も用事無いし明日は休みだし、気にしないで…それに俺も自分の下りる駅手前で君を起していれば、ひょっとしたら君も乗り過ごさなかっただろうし…お互い様って事で…」と言ったが、彼女はそれじゃ私の気持ちが許しませんからと「あの~因みに下りる駅は何処でしたか?」と聞いて来るので「○△駅だけど…」と答えると「えっ!○△駅ですかっ!?私もそこなんですっ!」と偶然にも下りる駅が同じだった事に何か運命的な物を感じたが、単なる偶然だよと思う冷静な自分も居た…

俺達は次の駅で下りると、折り返しの車両に乗り込んだ。目的の駅に着くまで彼女と色々話した。

彼女は24歳のとある雑誌編集社の社員で最近締め切りに追われて帰宅するのが3日振りだったと言う…

そのせいもあり疲れがドッと出て、帰れる日は安堵感から何時も電車で寝てしまう事が多いとの事…

そんな事や自己紹介等をして意外にも御近所さんだと言う事も分かり、お互いの事が少し分かった所で駅に着いた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月12日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校】恥ずかしがりながら彼女と初のセックス!!【体験談】

前回『彼女の胸を始めて触りキスまでできた日』を投稿させてもらったものです。

名前などは前回を引き継がさせてもらいます。前回の実花との騒動のあと、よく俺と詩音でキスするようになった。

2日に1回はするようになった。しかも詩音からが殆どだった。

キスするときはやっぱり顔が真っ赤になっていた。顔を触ると熱があるように熱かった。

詩音はキスのせいで前までは平気だった抱擁も顔を赤らめるようになってしまった。そんなある日だった。

詩音「ねぇ燥太。一緒に・・・お風呂入って・・・みない・・・・?」

俺「え?いいけどどうして?」

詩音「あ、いや特別なことがあったわけじゃなくてその・・・あの・・・・」

俺「?」

詩音「だっ、だから前みたいに胸触られるぐらいで驚かないようにって・・・・」

俺はそれで察した。

でも最初から一緒にお風呂に入って裸を見られるのは最初からレベルが高いのではとは思った。

俺は流石に先が読めた。

俺「やりたいことはわかったけど最初から裸見られていいのか・・・?」

詩音「あ・・・」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【浮気・不倫】意外にイケた【体験談】

俺の会社の同僚に、道子がいる。彼女は結構かわいいが、何かと俺とウマが合わず、飲み会ではいつも喧嘩になったりもしていた。この間の東京への研修旅行の時も、夜の飲み会ではゲームで俺と道子がペアになって抱き合う、見たいな場面があったのだが、彼女、俺とだけは手も握りたくないみたいなこと言ってて、相当嫌われていると思っていた。

しかし、最終日の夜だ。なぜか彼女が急に泣き出して、「帰りたくない」みたいなことを言い出した。わけは、カレシとうまくいっていないだとか、会社がつまんないとかだった。俺は、「じゃあ、明日は帰らないでもう一日遊んでいこうぜ。」と誘ったところ、実際、俺と彼女はそのまま東京に残った。

次の日は、レンタカーを借りて、東京中を道子とドライブして楽しんだ。その時も俺たちは散々喧嘩をした。だけど夕方になって、千葉まで行ってボーっと海を見ていたら、無性に道子がカワイク見えてきて、手を握ったら、道子も手を握り返してきた。そのまま俺たちはキスまでしてしまった。

もうその後は、すぐにラブホテルに直行。部屋に入るなり、道子は「もう、ダメ・・・好きにして・・・」

と言ってくる。すごく積極的な彼女にたまらなくなり、彼女のパンティに手を入れると、オマンコはもうグチョグチョ。そのままお互い下着姿になってベットに横たわると、ものすごいディープキスをしながら抱き合ってしまった。彼女は唇を離すと、「ほしい」と言って、俺のパンツを下げると、トロンとした目でペニスを見つめ、

「見ちゃった・・・」

といい、激しくフェラを始めた。普段の彼女からは信じられないくらい、彼女のフェラは強烈に気持ちよくて、恥ずかしくなるくらい、声を出してしまった。彼女はペニスだけでなく、玉袋も唾液でべとべとにしながらほおばり、今度は俺のケツまでベロベロ舐め尽くした。

「ちょっと・・・そこまでしなくても」

しかし彼女は、尻を割り開く手にさらに力を込め、蟻の門渡りから肛門まで何度も舌で舐め上げてきた。その温かい舌の感触に、何度も声を上げてしまったので恥ずかしかった。

 気がつくと俺は道子のパンツを脱がし、結構毛深いオマンコにしゃぶりついていた。彼女のオマンコはもうずぶ濡れ状態で、クリトリスも皮が向け勃起してコリコリしていた。

「嗚呼・・んんん・・・」

彼女は何度も激しく喘いでくれた。そのまま69になると、彼女の尻に顔を埋め、オマンコに舌を突っ込んで舐め、クリトリスも激しく指で愛撫してやった。彼女は、

「もうダメ・・・イクイクイク————」

と言ってラブジュースでオマンコをべとべとにしてイッてしまった。ケツの穴がヒクヒクしている。それでも俺は何度も彼女のアソコを舐め、指を突っ込んでかき回し、愛撫を続けた。道子は、

「すごい・・・すごいわ・・・」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【同僚・上司】マリンスポーツ関係の女性の先輩【体験談】

私はマリンスポーツ関係の仕事をしています。

高校を卒業してはや1年がすぎているのに、未だ未経験のままで

いつも自分で慰めている日々が続いていました。友人は殆ど経験しているのに、

大人しい俺は女の子に声をかけるのが苦手で彼女はいませんでした。

ところが今日初体験してしまいました。

これを書いている今でも手がガクガクしていて、その時のことが脳裏にやきついています。

その相手は1歳年上の仕事の先輩です。

自分が入った時に施設のこと、仕事のこと、そして忙しいので歓迎会も

ろくにできなかった中、食事に誘ってくれた、自分にとっては姉御的存在です。

初体験することになった経緯ですが、仕事が終わったので自分はラッシュ

ガードを着たままで、倉庫の中でボードを洗っていました。

先輩はフィンを洗っていて、全て洗い終わると、ラッシュガードを半分

くらいまでおろして、ホースでシャワーのように浴びていました。

そして俺もその反対側で同じくラッシュガードを脱ぎ、競パン一丁でシャワーを浴びていました。

その時、後をチラッと見ると、先輩は全部脱ごうとしていたのですが、下に着ていた競泳水着が食い込んで


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:同僚・上司との体験談

【浮気・不倫】Rちゃん1 彼氏とのデート前に45歳とエロデート【体験談】

☆俺45歳のすけべな甲斐性無しの冴えない独身オヤジです

■2010-01-06 22:30:32

今日、家族旅行から帰ってきたRちゃん(20代OL)から

先ほどメールが入りました。

彼氏とのデートは明日の彼氏の仕事が

終わってからということなので

明日は彼氏との待ち合わせ場所すぐそばの

ラブホで、朝から彼とのデート直前まで

好き放題にRちゃんにハメまくります( ´艸`)

さて明日はどんなふうに

いやらしくRちゃんを責めてやろうかな

わくわくと悪だくみ現在進行中ですw

■2010-01-07 09:48:46

待ち合わせのネットカフェに

先に到着してRちゃんに席番号メールして


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【同僚・上司】コンビニの同僚と初体験【体験談】

23のとき、6つ年上の人と。同じコンビニのバイトで、僕のほうが先輩だった。

離婚した後食べるのに困ったとかで。僕は彼女の教育係だった。

彼女は凄く可愛らしい雰囲気の人で、本当の年よりもずっと若く見えた。

最初年を聞いたときは信じられないくらい。

色々話を聞いたり、食事したりしてるうちに、彼女のことを好きになってた。

告白してホテルへ。そこで僕は童貞を失った。

シャワー浴びた後で、いっぱい触りっこした。

彼女のおっぱいは大きくはないけど形は良かった。

僕は彼女のおっぱいに夢中でぺろぺろしてた。

「●ちゃん、わんこみたいだね。可愛い」って言って、彼女は僕の頭を撫でてくれた。

もう一方の手は、僕のおちんちんを触ってた。

僕は包茎だったけど、彼女は気にしないみたいだった。

最初少し緊張して、大きくなるか不安だったけど、

皮と亀頭の間に指を差し込まれて、くにゅくにゅされてるうちに、

今までにないくらい、おちんちんが膨らんでた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:同僚・上司との体験談

【小学生・中学生】マッサージ得意なんだよ【体験談】

厨三の時の事

学校帰りに男友達一名と女友達一名で俺の家で

遊ぶことになった。最初は三人で喋っていたんだが、そのうち

女友達(仮に奈緒としよう)が眠いといって来たので

毛布を貸してやり、奈緒は床に横になった。

その状態でも話しに参加していたのだが、やはり眠気の所為か

口数は少なくなっていた。そのうち男友達が出掛けるからという事で

帰ってしまった。

残ったのは俺とうとうとし始めた奈緒だけになったわけだ。



少したって、俺が「マッサージ得意なんだよ」と言う会話から、

奈緒をマッサージする事になった。

手から始まって、肩、腕、足とほぼ全身をマッサージした。

そこで、少々悪戯をしようと思いついた。

まず肩を揉む時にさりげなく鎖骨をコリコリと弄ってみた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||

2014年2月11日 | エロ体験談カテゴリー:小学生・中学生との体験談

【小学生・中学生】夏休みの自由研究【体験談】

夏休みに『自由研究』って宿題出るじゃん

あれさ、紛らわしいと思うんだよね

小学生の俺は何をすれば宿題をやったことになるかわからなくて

先生の説明だけを頼りに考えた

「何でもいいから自由なテーマで『自分なりの』研究をしてきてください」

なるほど

他にクラスの誰もやらないようなことを調べてくればいいんだな

馬鹿な俺はそう思って



中学生の姉が入浴するところを研究することにした



この時まだ俺と一緒に入ってたから調査は簡単だった

夏休み初日から

姉が何時ごろに入浴し

どう衣服を脱いでいき


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年2月10日 | エロ体験談カテゴリー:小学生・中学生との体験談

このページの先頭へ