最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【近親相姦】限界集落の須田君【体験談】

須田浩二君のこと覚えてるかしら。

なおぼんの拙著「限界集落」でいい目をした大学院生ですね。

須田君が、農家の安井さん宅に住み込んで、お仕事を手伝いながら修士論文を仕上げたらしいの。

安井佳代さんが、お母さんのあやのさんと二人で田んぼと畑をきりもりしてるの。

娘さんの雅美さんがいるんだけど、神戸の大学に行っててそこにはいないんだって。でもね、お母さん、雅美さんと須田君を娶せたらしいのよ。

須田君が娘婿になって農業を継いでくれたら安井家は安泰よね。

須田君もそのことはわかってるから、大いに乗り気でさ、雅美さんと意気投合しちゃったってわけ。あたしの悪友の谷口氏の言った通り「親子丼」になったんだ。

昨日、須田君が婚約の知らせを持ってあたしたちのたまり場「あかべこ」にやってきたんだ。

※「あかべこ」は京阪六地蔵駅前の居酒屋(?)みたいな汚い飲み屋。あたしに会いたかったらそこにおいで。「え、この子?」

彼の差し出した写真を見てあたしは、びっくり。だってKちゃんにそっくりだったから。

ま、他人の空似だろうけど。

※Kちゃんは、あたしに将棋を教えてくれてる、中三の女の子で、その代わりにお勉強をみてやっているんだ「須田君、あずみちゃんとはどうなったの?」

「別れたよ。あいつ、信州の実家に帰ったんだ」

「へえ。おっぱいの大きな子だったのに」

「ただのデブだよ」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2017年12月29日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【フェラ・クンニ】弱みを握られた美女 【体験談】

父の親友である正和オジサンは、俺が通っているテニスクラブの理事長をしている。



三度の飯より将棋が好きだというオジサンは暇さえあれば我が家に指しに来ていた。



聞いたところによると将棋同好会時代から、オジサンが唯一勝てるのが、父だったのだそうだ。



大抵は父と二人でパチッパチッとプロも顔負けするくらい良い音を響かせているのだが、時々、俺も相手をさせられることがあった。





「ねえ、オジサン!新しいコーチって未亡人って聞いたけど、旦那さんとは離婚したの?旦那さんって、どんな人だったの?」



「そんな個人情報をぺらぺら教えられるわけないだろ」



「オジサン、さっきの”待った”で何回目だったっけ?」




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2015年5月16日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談

【人妻】無防備な義母 Ⅳ【体験談】

久しぶりに最近の出来事を書きます。

この間、親戚で法事が営まれ、義母と2人で出かけた。

義母は、喪服姿だったが、ミニスカートで、ちょっと派手だった。

親戚の家に着いて間もなく、お墓に向かった。線香を上げ、親戚の家に戻ると

食事が出された。

私と義母は隣に座り、周りには知らない親戚が大勢座った。

法事ともなると、ほとんどは初老か年配の男性で、数人の女性も見えた。

酒が注がれ、私は車だったので、ジュースを飲み義母が代わりに飲んでいた。

時間と共に、1人・1人と帰り数人程が残っている状態で、女性はほとんど姿が無くなった。

義母は酒をドンドン進められ、もう結構飲んでいた。顔も赤らめ、男性陣に話しかけられると

若干呂律も回らなくなっていた。

火照った体を冷やすかのように、義母が胸元のボタンを外した。

豊満な胸が現れ、ブラジャーも見えていた。足も崩れ、スカートの隙間にパンティが見えていたと思う。

私がトイレに立ち、戻りながら義母を確認すると、向い側からは白いパンティが丸見えだった。

男達はそれに気づき、義母の反対側に席を移していた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年3月3日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】未亡人と その3【体験談】

69で未亡人のオマンコはヌレヌレになり、オレのチンポも元気になった。

オレは、未亡人のオマンコに即ぶち込めると思ったのだが。



何を思ったか未亡人は、オマンコにオレのチンポをぶち込まずオレの目の前でオナニーを始めた。

オレ:何してるの? チンポ入れないの?

未亡人:私のオナニーみて、もっと興奮してほしいの。



そう言うと未亡人は、オレを挑発するようにオナニーを続けた。



オレはなんだか、おあずけを食らってしまった。

エロ体験談検索用タグ

|||

2013年11月30日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】親友の位牌の前で【体験談】

2年前、親友が心筋梗塞で亡くなった。それも会社の出張中で海外だった。

残された奥さん38歳と子供8歳は急に駆けつけることが出来ず、無言の帰

宅だった。俺は毎月の命日に親友の仏壇に手を合わせ親子の様子を見に行っ

ている。

1周忌が過ぎた頃、奥さんが、

「1周忌のとき、主人の会社の人がたくさん来てくださったのよ。そのとき

耳にしたんだけれど、主人ね現地の未亡人のお宅のベッドで心臓の発作が来

たみたいなの。救急車が来たとき、主人はもうすでに亡くなっていて、裸だ

ったそうなの。未亡人の人が発作が起こってすぐに救急車を呼んでくれたら

助かったみたいだけれど、世間体を気にして呼んだのが1時間も経った頃だ

ったらしいわ。自業自得よね。」と言った。

俺は急に奥さんが愛おしくなり、体を引き寄せて抱きしめた。

奥さんが抵抗するかなと思ったが、「子供が2階で寝ているの。優しく抱い

て、、、」そう言って俺に体を預けてきた。

親友の奥さんを抱く、親友が生きているときはそんなこと思ってもしなかっ


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2013年10月28日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】思いがけない露天風呂での出来事【体験談】

台風6号の影響か?・・・風は、まだかなり強い。

昨日の37.3度と打って変わって・・・今日はかなり涼しい。26〜27度くらいか。

少し温い温泉に浸かっても汗が余り出ない。湯から上がって強い風に当ると少し寒いぐらいだ。13時過ぎに入ったが・・・男湯は内湯も露天も誰もいない。女湯も音がしない。

一番奥の座敷で熟女達の話し声が聞こえた・・・ここはとある温泉の立ち寄り湯。

月に最低でも1度は温泉に入りに来ている所だ。古い日本旅館なのだが泊まれる部屋は5つしかない。こじんまりとしているが中々風情があって・・・特に露天風呂が良いのだ。

源泉掛け流しで、すぐ側を有数の一級河川が流れていた。川幅はかなり広い1Kmはないと

思うが・・・若い人には人気がないが、中高年には魅力的だと思う。

妻とは2回泊まった。妻も気にっている。この日、妻は月に一度の趣味の集いがあって出掛けたので・・・思い立って来てみたのだ。この宿の面々とは顔なじみだった。

川下りの船が横切って行った。下りは追い風で早いがUターンすると強いアゲンストとなる

為進みがかなり遅い。いつもの船より大きいエンジンが2つ付いていた。風が強いからか?

船客はまばらで6〜7人だ。湯船の中の大きい岩の上に座る。足を広げて・・・股間はまる見えになるが・・・船客は誰もこちらを見ていなかった。汗がすぐ引いて少し寒い、湯に入ろうとしたら・・・また船が・・・今度は通り過ぎず目の前でUターンし始めた。

船客はさっきより多く10数人いる。ほとんどが女性?熟女ばかり・・・向きを川上に・・

・・距離はかなり近い。顔が確認出来る程だ。こちら側に座っていた客と目が合った。

股間の物も確認出来た様だ。手を振ってくる熟女が2人いた。

うつ伏せになって腰を伸ばしていると、入り口の木戸の下の隙間から一人こちらに向かっ


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年10月2日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】拒まれて 【体験談】

激しく抵抗する女…。それでも強引に襲いかかる男…、それが知り合いの男性なら、抵抗続ける女性もついには性本能が勝って変身して男性にからだを与えていく。あの時、俺も渡辺マサコさんに抵抗されても襲いかかるべきだったのか…。

過ぎ去ったあの日、夜明から降りだした雪は、街でも20センチは積もっていた。前日は出産直前の妻にあって安産を祈願し、その日は、市役所会議室で開催した人勧給与改定の地区説明会で集まった関係者に二時間説明し、終わって関係職員と夕食を共にする。その後、日頃から親しくしていた渡辺マサコさん宅に立ち寄って、一緒にいた竹内君と再び飲みはじめ、酔いつぶれてそこに泊まる。

渡辺マサコさんは戦争未亡人だった。

昭和十九年秋、ご主人が出征する直前に結婚し、すぐに子供を授かったが、

ご主人は南方戦線で戦死し帰らぬ人となった。その時、奥さんはまだ十八歳だった。

それから奥さんは、たばこ屋を開店しながら女一人で子供を育て、

その子も、春には高校を卒業して警察官になっていた。

酒に酔っていた俺はそのまま炬燵に潜って眠っていた。

真夜中だった。目が覚め、見ると奥さんは炬燵の向こう側で眠っていた。

そんな寝姿を見て俺は奥さんを女として意識しはじめ、変な気持ちになっていった。

当時奥さんは女盛りの三十六歳だったと思う。

その時俺は二十九歳、結婚して三年目、妻は出産直前で実家に行って俺は単身だった。

妻の肌に触れられない男の欲望が頭をもだげていった。

そんな時、奥さんは未亡人だから男が欲しいのだろうと思っていたし、

奥さんの寝姿に手を差しのべてみたいという男の性欲が騒いだ。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2013年9月12日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】38歳未亡人マサコさん【体験談】

少し長編ですが…、若かったあの時を思い出して書いてみます。多少の脚色もありますが、ほとんどが実際の… 、過ぎ去った遙か昔のことです。

その時マサコさんは、戦争未亡人で三十八歳でした。マサコさんとは、私が妻と結婚する前、恋愛中に襲いかかる二人の悩みを聞いて、

私と彼女との仲を取り持ってくれた実質の仲人で、それだけ私たち夫婦には恩恵の深い人だったし、姉のように慕っていた人でした。

その時妻は、出産のため実家にいて、予定日直前の日曜日に妻に会って励まし、その帰りにマサコさん宅を訪れたのです。酒を飲みながら二人で話しているうちに、最終列車に乗り遅れ、やむを得ず泊まって、翌朝一番列車で会社に出勤することにしました。

居間は一部屋しかなかったのですが、私を信じ込んでいたマサコさんは不安もなく、二人は炬燵に丸まって眠ることにしました。どのくらいたったのでしょう…、目が覚めると、部屋には豆球がついていて時計を見ると午前一時、炬燵の反対側にはマサコさんが丸くなって眠っていました。

その寝姿を見て、妻の肌から遠のいていた男の肉は昂ぶった

女の柔肌が欲しい…

妻よりも十歳多い三十八歳の女の肌はどうなんだろう…

その肌は妻と比べてどうなんだろうか…

どんな反応を示すだろうか…

など思うと好奇心で鼓動が早くなる

そんな事は道徳に反することで、いけないことだとは思いつつも、

迷いに迷ったあげく、ついに男の本能が勝った。

忍び足でそっとマサコさんの寝姿に近づいた

マサコさんは丸くなって軽い寝息をかいて眠っていた


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2013年9月5日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】未亡人の愛欲【体験談】

隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。

「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」

母はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。

浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。

恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、男性に腕を掴まれて引き寄せられると、布団のうえに再度押し倒されました。

「イヤ、イヤ、だめ、お願い許して」

男性は母の身体を押さえ付け、下半身に残されたショーツに手を掛けて剥ぎ取ると、一糸まとわぬ全裸姿にしてしまいました。

私は思わず「お願いやめて下さい」と言い出そうとしましたが、驚きのあまり声を出せず、自分の口を塞いでしまいました。

母の身体はふっくらと盛り上った乳房、くびれたウエスト、やや濃い目の陰毛に被われた性器をあらわにされて、必死に恥ずかしさに耐えている母の全裸姿を見つめていました。

39歳になる母ですが5年前に父を亡くして、娘の私から見ても女盛りの魅力ある女性で、男性は父の実兄にあたる人です。

50歳位になる伯父は未だ独身だそうで、父が亡くなってからはしばしば母に言い寄っては、その都度母を誘惑していました。

私は今年19歳を迎える母の一人娘です。キスの経験は数回ありますが、セックスの経験は未だありません。

「ダメッ、となりに娘が寝ているから、イヤッ、お願いだからやめて」

伯父は母の身体に覆い被さり抱きしめると、男と女すなわち伯父と母が性の快楽を求め合うセックスが始まりました。

初めて見る生々しい光景に、私は興奮を押さえられず必死に息を殺して、セックスの一部始終を覗き見ることになりました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2013年8月16日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】お向かいの影絵の人妻【体験談】

隣に中年の夫婦が引っ越してきた。旦那はパチンコ屋勤務みたい。

夜遅く勤務を終えた旦那を奥さんが迎えに行き遅い食事を済ませしばらくして奥さんは1人で出掛けるという日々が続いていた。

ある夜暗い部屋のカ−テンにテレビの光で映し出された人影が2つ浮き上がりフェラ、騎乗位、正常位そして腰の動きが止まる二人の

様子がはっきりと見え、窓が開いている時は女性の艶声も聞こることがあった。

昼間女性が1人で部屋の掃除をし布団を干したりしていた。洗濯物が落ちていたので届けたことから時々言葉を交わすようになった。

パチンコ屋に行くと裏口で隣の夫婦が何か話していた。

奥さんは顔を手で覆い泣いている様だったがパチンコに負けて帰ろうと駐車場を歩いていたら奥さんが声を掛けてきた。

「あらお久しぶり 帰るから乗っていけば」と言葉に甘え助手席に乗り込んだ。

「気分転換に少しドライブ付き合ってね」

「さっき裏口で泣いているところを見てしまって」

「えっ 見てたの 悲しくなって・・・つい」

「でも仲がいいですね カ−テンに映る二人のセックスの影を見たことがありますよ この前は一部始終奥さんのフェラや騎乗位、

正常位そして屈曲位で旦那さんの腰の動きが止まるところまで ちょっと刺激が強すぎましたけどね」

「ええっ 全然気付かなかったわ 恥ずかしい でも最近はご無沙汰なの 今日は別れ話があったのよ」

「別れ話って 不倫なんですか」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年8月10日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談
1 / 3123

このページの先頭へ