最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【フェラ・クンニ】こんな時代だからこそ必要 【体験談】

時代が求めてるとしか言いようがない









とにかく「冬の蝉」はとんでもない傑作です。

だいたいBLで時代劇、それもどシリアスな悲恋ってだけでも異端だと思うけど、この作品の強烈な魅力とパワーの前では、誰もが沈黙するしかない。












エロ体験談検索用タグ

||

2014年7月9日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談

【フェラ・クンニ】大喜利「ソチもワルよのう」「いいえ○○様ほどでは」 【体験談】

えー、世間はオリンピックの話題で持ちきりと言うことで、こんなお題です。

時代劇で皆さん一度はこんなシーンをご覧になったことがあるんじゃないでしょうか?



越後屋「お代官様のお好きな黄金色のお菓子でございます。どうぞお納めください。」

悪代官「越後屋、そちもワルよのうw」

越後屋「いいえ、お代官様ほどではw」



これをもじって、私が



「ソチもワルよのう」といいますから、



みなさんは



「いいえ、○○様ほどでは」




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||

2014年2月21日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談

【友達】自縛の願望【体験談】

私が初めてSMの本を見たのは、中学生の頃男子生徒が教室の隅でこっそり見ているのを覗いた時でした。

 女の人が裸で縛られているんです。私にはとても信じられませんでした。 

週刊誌のグラビアに載っている普通のヌード写真のモデルでさえ、あんな恥ずかしいことよくできると思っていました。

それはほとんど軽蔑そのものでした。男の人の前で裸になるのさえ言語道断なのに、

そのうえ写真を撮らせて不特定多数の前に自分の恥ずかしい姿をさらすとは、なんて恥知らずなんだろうと思いました。

 それがしかも縛られているのです。

 でも、その縛られたモデルを軽蔑するよりも強く感じた事がありました。

裸のまま両手の自由を奪われてしまっては、自分の意志で服を着る事はおろか、自分の恥ずかしい部分を隠す事も出来ません。

普通のヌード写真ならシャッターを切る瞬間だけポーズを作ればいいのですが、

縛られてしまってはずっと裸のままでいなければなりません。

もし、カメラマンの人達が襲い掛かってたらどうするのでしょう。

それは無いにしても、撮影の合間の休憩時間とかそのままほっておかれてもどうすることも出来ません。

 女の人が裸のまま縛られてしまうということが、とても大変なことに思えてなりませんでした。

 それからと言うものいつもそのことばかり考えているようになりました。

そして決まってドキドキするのです。友達とセックスのことを話しているときのとはまた少し違うのです。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年1月30日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【痴漢】花火の帰り 【体験談】

もう10年以上前の話。

当時高一だった私は、付き合って間もない同級生の彼女と花火大会に行きました。

付き合っているとはいえ、まだ高校一年生の夏の私たちは手をつなぐのがやっとの状態。

そこそこの進学校の私たちにはそれが精一杯で当然移動は電車でした。

彼女は小柄で身体も細くまだ中学生の面影も残るようなショートカットのいかにも真面目そうなタイプで

笑うとかわいい清楚なタイプのコでした。

水色の浴衣を着ていた彼女はとてもかわいくて夏の暑さでうっすら汗をかいていても

近くに寄るとシャンプーのような香りがしていたのを覚えてます。



花火が終わると人の流れは一斉に駅に向かいホームは人で溢れました。

メガホンで花火の客を誘導する駅員、電車がホームに来ると私達は後ろから人の波に押し込まれるように

否応なしに電車に乗り込まされました。彼女とは手をつないでいたのですが乗り込むと同時に

車内ではぐれてしまい姿が見えなくなりました。



電車が発車し異様な混雑で窮屈な車内で姿勢彼女を探すと人の隙間に彼女の浴衣が見え安心しました。
このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年4月8日 | エロ体験談カテゴリー:痴漢の体験談

【妹】妹の告白 【体験談】

先週の日曜日に妹と映画を見た。

朝九時くらいに妹に起こされた。そそくさと着替えてから軽い朝食を済ませ、俺はバイクを出し

二人乗りでTSUTAYAへ行った。妹が前から見たがっていた『ゼブラーマン』と、俺が見たかった

『実録新撰組』を借りてきた。

 一度家に戻り、ヘルメットや借りてきたDVDを居間に起き、妹と近くのコンビニへ行った。

俺は三週間ぶりの休みで、家でゆっくり過ごせると思い、ビール数本とツマミを、妹にはジュース

とお菓子を買ってあげた。最近部活を頑張ってるらしい妹は、普段お菓子などを我慢してるみたいで

今日はここぞとばかり買っていた。

 家に帰ってから、妹は手早く飲み物やお菓子をテーブルに広げ、『ゼブラーマン』をセットし、

「兄ちゃん早く〜!」とグラスや氷を用意している俺を急かすように呼ぶ。お昼くらいから見始めた

『ゼブラーマン』は意外に面白くて、二人とも笑いながら見ていた。ビールも一本二本とすすんだ。

映画が終わり俺はトイレへ行った。戻ってきてテーブルに置いていたビールを飲もうと缶と持つと

カラになっていた。まだ二口程しか飲んでいなかったのだが。ふと横を見るとのぞみがニコニコしながら

こっちを見ている。

「お前飲んだのか?」
このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年2月28日 | エロ体験談カテゴリー:妹との体験談

このページの先頭へ