最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【人妻】五〇みどりと大学生ゴルファー・・・【体験談】

昔、五〇みどりさんファンの知人に聞いた話なのですが1982、3年頃にみどりさんは若者向けの月刊誌で、「奥様はお熱い男のコがお好き?」という今もっとも輝いてる大学生達と対談するという企画をやっていたそうです。ある回の時、その年の関東の大学対抗の大きなゴルフの大会に二年連続で優勝した某大学のゴルフ部の主将がゲストで来たそうです。彼はみどりさんの大ファンだという事や彼がみどりさん好みのハンサムな男性だった事もあり対談は大いに盛り上がり、対談終了後にお互いの連絡先を交換するほどだったそうです。そして対談から一週間程たった頃にみどりさんの元にその彼から「今度長野でゴルフ部の

数人とミニ合宿をするので息子さんと遊びにきませんか?」という誘いがあったそうです。彼は対談の時みどりさんから「息子の哲が最近ゴルフを習い始めている」と聞いた事を覚えていて、哲の事も、込みで誘ってくれたのでした。みどりさんは丁度スケジュールが空いている時だったので即オーケーし、哲と二人で長野に向かったそうです。そして夕方まで彼らのトレーニングを見学したり、彼らが宿泊所代わりにしている小さなホテルで話をしたりして、さぁ帰ろうとした時「みどりさんと哲君に部屋を用意したので泊まっていって下さい」と主将が言ったそうです。みどりさんは躊躇したそうなのですが、大学ゴルフ部のレベルの高いトレーニングや彼らのプレーに魅了された哲は泊まっていこうとみどりさんを説得し、結局泊まっていくことにしたそうです。そして次の日、練習が休みだった部員達は「一緒にコースをまわろう」とホテルから望めるミニコースに哲を誘いました。みどりさんと主将は残り、みどりさんの部屋の窓から皆がプレーしている所を二人でお喋りしながら見ていたそうです。そのうち彼がみどりさんの後ろから両手を回し、後ろから抱きしめるような体勢になってきたのでみどりさんは「だめよ・・・」といったそうなのですが彼はやめずそのうち、キレイにウェーブがかかったみどりさんの髪や首すじに口唇を這わせてきたのでみどりさんは慌ててレースのカーテンを閉めたのですがその後も彼はエスカレートし、結局ワンピースを脱がされ上半身は腰まで下ろされたキャミソール、下半身は右の足首にだけ引っかかった状態で脱がされたショーツという姿で、みどりさんは後ろから彼にたっぷりと愛されてしまったそうです。みどりさんはレースのカーテン越しに息子の姿、首もとには彼の腰の動きに呼応する様に上下に揺れている、当時のご主人である面〇氏から貰ったゴールドのネックレスを見ながら背徳的な気持ちを抱きつつも、ご主人とのセックスでは得られない位の悦びを不覚にも感じてしまったそうです。みどりさんが彼に、白濁したゼリー状になる程に濃い孕ませ液をたっぷり放たれてしまった後、哲や部員達がホテルに帰って来る様子が見えたので慌てて床に滴った二人の愛の液体をティッシュペーパーで拭き取ったそうです。

この話も昔の週刊誌の芸能人マル秘エピソード的な記事にあったそうです。

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年12月18日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【学校】新 女友達のお願い【体験談】

あれ以来、A美との関係は不思議と無かった。

それは昨年の震災からしばらく経過して仕事が少しずつ復活し出して忙しくなったのと、

妻のお腹の中に居る子供も大きく成長してきて何かと家内の事でも忙しくなっていたのだ。

たまにA美と昼休みにメールだけのやり取りはしていたが、

忙しくなった俺に気遣う内容のメールばかりで嬉しかった。

そして昨年の10月半ばに待望の男の子が産まれた。

A美にその事をメールで伝えたら「おめでとう。」と祝福の電話をくれた。

A美と話をしたのは4、5ヶ月ぶりだろう。

A美の声を聞いているとやはり2人の間の情事が思い出される。

おそらくA美もそうなのだろう。

しばらくA美と近況的な話をしていたが、急にA美は話を変えてきた。

「ねぇ○○。○○と逢いたくてたまらないの。でも、○○は忙しいから私我慢しているんだ。

 1人Hはしているけど。あはは。」

「俺もそう。ずっとSEXレスだし、欲求不満。あはは。」

俺の事を気遣うばかりか、我慢をし続けても明るく話すA美が可愛くて堪らなかった。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年12月16日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【人妻】息子の同級生【体験談】

私は、46歳の主婦です。家族は主人と息子です。

息子は、去年高校を卒業し大学に進学して地方で一人暮しをはじめました。

夫は多忙で家で独りで過ごす事が多くなりパートでもはじめようかと近くの

スーパーで食品の係のパートをはじめました。

ある日のお昼休み、ご飯を食べてると「おばさん」と声をかけられました。

息子の同級生だった進君でした。

彼はクラブも一緒で時々帰りに家に寄ってた子でした。

卒業後このスーパーに就職して営業の見習をしてるとのことでした。

その日から顔を合わすごとに色々な話をしてパートに行くのが進君のおかげ

で楽しくなりました。

彼が休みの日、家を訪ねて来ました。

息子の話や彼の今の話などをしてる内にお昼になりご飯を作って一緒に食べ

ました。

それから休みの日はよく彼とこういう時間を過ごすようになりました。  

私も進君も意識しないうちに距離がなくなってきてました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2013年12月11日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【学校】女友達のお願い【体験談】

俺は36歳の会社役員。今年1月に7歳離れた妻と結婚して、

現在妻の身体には新たな生命が宿っている。至って普通の夫婦だ。

しかし3月11日に起こった東日本大震災の影響で心がナーバスになっていた妻が

10日間くらい実家に帰りたいと言うので、5日前に里帰りした。

俺としてはこれからお腹の子供も早く成長するだろうし、

なかなかすぐに行ける所ではないし(妻の実家は九州の温泉街)、

何よりも義父母や親戚が凄く心配していたので帰郷する事を許可したのだ。

本当の事を言うと俺も付いて行きたかったのだが、仕事の関係もあって断念した。

そろそろ本題に入る。

3日前の午前中に1通のメールが入る。(投稿日: 2011/05/23(月))

妻だろうと思って携帯を開くと女友達からのメールであった。

「お久しぶり!ちょっと○○(苗字)さんに御願いがあって。昼休みに電話していい?」

という内容のメールだった。

俺は少し驚いてしばらく考えてから「いいよー。」と返信した。

何せその女友達から連絡が来たのは5、6年ぶりだし、いや、


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月10日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【人妻】バイト【体験談】

妻が家計のためにと某FF店でバイトを始めた。

家計の為・・・とわかりつつも、私は妻の短めスカートの制服姿に、

不謹慎な妄想を抱いてしまった。

と言うのも、妻はその制服姿で自転車通勤する。

当然スカートはずり上がり、太ももはむき出し。

下着が見えてもおかしくないくらい。

それを通行人が見ている・・・と想像し

えらく興奮してしまった。

そんな制服姿の妻を押し倒したら

「バカッ!」

って怒鳴られた。

当然だ。そう思った。

なのに、、、

ひょんなことから妻がどうも浮気しているらしい

と気づいた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年11月14日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【同僚・上司】セフレとパンストとオシッコ【体験談】

俺には昔から2つの変わった性癖と言うか願望がある。

これは今まで付き合った彼女にも話したことないし、結婚してからも妻には隠してる、それを数日前に半年ほど付き合ってるセフレにカミングアウトした。

俺は脚フェチで、女の子が履いているパンストとかタイツやハイソックスにそそられるところがある、ただこれ自体は過去に付き合った彼女や今の妻にもカミングアウトしていることで、別にセフレだけが知っていることではない。

問題はもう1つの方だ、それはオシッコフェチである、断っておくがスカトロマニアではない、ウンチやオリモノなどは汚いと思うだけでそそる対象にはならない、あくまで彼女の体から出たばかりの温かいオシッコに興味がある、ゴクゴクと飲尿したいとまでは思わないが舐めるとかすするぐらいはしてみたいとずっと思ってた。

そしてとうとう俺は半年間付き合ったセフレにそれをカミングアウトした、半年間でかなり親しくなっていたしそういったことも受け入れてくれると直感したからだ、そしてセフレは俺の長年の願望であったその性癖を受け入れてくれた。

セフレは同じ会社の25歳の子である、約束の日俺とセフレは会社が終わると2人で軽い食事をしてホテルに直行した、ホテルに入り一息ついてから2人でバスルームに入った、俺は素っ裸、セフレは一旦服をパンツまで全部脱ぎ一旦脱いだパンストだけを履いた。

その日のパンストはベージュと言うより少しグレーがかったパンストだった、セフレを立たせたまま俺はしゃがんでパンストに包まれた脚を何往復も触った、俺が「出していいよ」と言うとセフレが「ちょっと恥ずかしいな、でも本当にいいの?」と聞くので「××ちゃんのだから、でも一気に出さないで少しずつ出して」と答える。

俺はセフレの太もものところに顔を持っていきその瞬間を待った、10秒ほどしてセフレの股間に位置するパンストの一本線のあたりがジュワッとなったと思うとポタポタとオシッコが滴り出て俺の頭にかかった、そのまま口に含もうかとも思ったがさすがに初めてだし一気に口の中に注がれるのはちょっと抵抗あった、そこでセフレに「脚を閉じてみて」と伝える、その通りに脚を閉じるとオシッコはパンストの太ももを伝い始めた、俺が待ち望んでた瞬間だった。

俺は太ももを伝うオシッコをジュルジュルと言う感じで吸った、決して美味しくはないが味なんてどうでもいい、俺より1歳も年下の25歳のセフレの体から出たばかりのオシッコ、朝からパンスト履いて仕事してたセフレの体の中で生成されたオシッコ、それを俺は今口に入れてるんだと思うと興奮は最高潮に達した、オシッコを出し切ると俺は恥も外見もなくセフレのパンストのオシッコが伝った部分をを舐めまくった。

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2013年9月30日 | エロ体験談カテゴリー:同僚・上司との体験談

【友達】憧れの秋さんとの初めて【体験談】

ふたりで秋さんの布団の中にいるのが、なんだか信じられない気持ちでいました。

腕まくらしてくれていて、秋さんがありえないほど近くにいます。

一番接近できた思い出というと、付き合えるようになるまで、私と秋さんは、

隣に座ったことがあることと、

秋さんが何度か手の平に、買い物のメモ書きしてたことがあって(主婦か。萌、笑)、そのメモ書きを見るために、何度か手を触ったことがあるくらいです。

それが片思い中の、精一杯でした。

憧れの人で、例えるとすれば、頭のかたすぎない生徒会長。

例えなので、実際に生徒会長をやったことがあるかはそういえば知りません…。

形のない何かの素敵なもののように、けして手の届くことのない恋と思っていたのに、

こんなに密着寸前なほど、近くにいることが、信じられなかったです。

秋さんを思うと、嬉しくなったり、悲しくなったりします。

感情は、すごく正直だと思います。

こうして秋さんと密着寸前で、嬉しくて、でも緊張してドキドキするのも、正直な感情と反応だと思いました。

キスをされたり、いろんなところを舐められたり、吸われたり、甘噛みされたりして、

ドキドキして緊張して、嬉しくても恥ずかしくて、感じたり、感情も反応も正直で忙しかったです。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||

2013年9月17日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】壊れ行く私【体験談】

以前投稿したものです。

男子小学生で興奮する変態OL28才です。今でも週に何度かおちんぽミルクを飲ませてもらっています。

小学生のは濃くてドロドロで黄色みがつよくて美味しいんです。この間は15人くらいの小学生に囲まれ

代わる代わる乱暴され二回ずつほど飲ませてもらいました。何も食べずにおちんぽミルクばかり飲んだせいか

喉奥につっこまれた時オエッとなって少し戻してしまいました。おちんぽミルクしか出てきませんでした。

仕事中でも子供のおちんぽの事ばかり考えて疼きっぱなしです。

車で帰る時は下半身丸出しでバイブ突っ込みアヘアへいいながら帰ってます。この間事故りそうになり少し反省しましたが。

最近は肛門にまで入れてくれるようになったので締まりが悪くなってきました。

はじめは肛門に入れたおちんぽに少し便がついたのが嫌だったみたいで中々してくれませんでした。

私はおちんぽがぬかれた後勢いよく子供の前で排便してしまいました。排便し排尿し絶頂していました。

でも、壊れていく体が余計に疼きます。

早くあの子達のおちんぽズポズポされたい。

お外で犯されるのがだいすきです。

待ちきれません。

エロ体験談検索用タグ

||||||

2013年9月16日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】いとこと…続き【体験談】

私は、一人暮らししてる。

たっくん(彼氏)も今は、社会人で一人暮らし。

お互いの職場は近い。

たっくんが実家にいたころ(専門学校通学中)は慎重に付き合ってた。…私たちは、いとこだし、お互いの家族は頭が固い…。

会えることや、彼女でいれることが、一番大事だから…。

一人暮らしを始めたのは、たっくんと付き合い始めたことがきっかけ。

職場は実家からもなんとか通える距離だった(電車乗り継ぎ有り)し、必要ないかって思ってたけど、

職場は近くなるし、一人暮らししてみたいし、たまたまいい部屋発見したし、近所に信頼できる友達もいるし…っていうことにして、

たっくんの専門学校から2駅の町で一人暮らしを開始。

専門生だったたっくんは、バイトもしつつ、(合鍵で…)寄っていってくれたり、

友達の家に泊まりということにしてくれて、泊まったりしてた。

たっくんが社会人になった今は、

お互い予定とかない日は、どっちかの部屋に泊まるのが習慣になっていて、

半同棲みたいになってる。

付き合い始めてから今まで、たくさんたくさん月日が過ぎた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2013年9月16日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】いとこと…。【体験談】

いとこのたっくん(そんなような感じの名)とのこと。

私より年下の男子。

たっくんというと小さい子供みたいだけど、

ただの昔からの愛称みたいなもの。

お互い、もう28、22歳。

オトコとして意識するようになったのは、手相の話題になったとき。

たっくんが、専門学校に通い始めて1年経つあたり。

昔、繋いだことがある小さかったたっくんの手が、私の手を余裕で越えてた。

私の手より、大きくてごつごつしてて。

ドキッとしてしまったのは、手の熱さも感じたから?

彼氏もいなかったせいかな。

意識してしまうようになってから、好きになってしまうまで時間は掛からなかった。

いとこだからかもしれないけど、

いつもさりげなくそばにいてくれてた感じ。

そして、優しい。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2013年9月16日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

このページの先頭へ