最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【寝取られ】息子と泊まった温泉宿は若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉だった4 【体験談】

息子と行ったスキーで泊まった旅館は、秘境の隠れ宿みたいな宿だった。そして、そこでは私の人生において経験もしたことのないような官能的な時間が待っていた。



私は今、10歳も年下の景子ちゃんに正常位で繋がりながら、旅館の若女将にアナルに指を差し込まれている。こんな風に、一晩にして3人の女性と関係を持つなんて、当然のことながら経験はない。

私は、すでにもう何度も射精をしているのに、若女将のアナル責めの影響もあるのか、ガチガチに勃起したままだ。



そして、景子ちゃんが驚くほど整った美しい顔で私のことを見つめてくる。私の人生では、今までほとんど経験がないことだが、私のことが好きだという思いがこもった目で私を見つめてくれる。





そして、上になっているのは私なのに、さっきから腰を振っているのは景子ちゃんだ。景子ちゃんは、さっきの明奈ちゃんへの責めでよくわかったが、清楚系な見た目に反してドSだった。それなのに、今は正常位の下側で、必死で腰を振ってくれている。私にご奉仕をするように、なまめかしく、そして激しく腰を振る彼女。



『パパさん、気持ちいいですか? 私のおまんこ、気持ちいいですか?』

泣き顔にも見えるような、切なそうな顔で聞く彼女。私はこんなにも美しい女の子に好かれているというだけで、舞い上がりそうな気持ちだった。そして、今まで経験した中で一番気持ち良いと答えると、

『嬉しい! 大好きです!』

と言いながら、景子ちゃんがキスをしてくれた。でも、同時に私のアナルに指を突っ込んでいる若女将が、

『ゴメンなさいね、緩くて』


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2015年5月27日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】旅館の若女将に子種を求められて応えた 【体験談】

「あぁ…お客さん、早くオチンポ入れてぇ#12316;子種を、子種を出してぇ#12316;」女将は自ら太ももをM字にかかえ、両手の指で

剛毛とビラビラをめくりあげた。

真っ赤に充血した膣口がパックリと開いた。



(これからの話は二年前の実話である。)

学生時代から神社仏閣巡りが好きな俺はゴールデンウィークを外して休みを取り、京都に旅に出た。



お寺なんか嫌だ、USJに行きたいと言う彼女と軽い喧嘩をして一人で来た。

泊まるのもホテルではなく古びた旅館を選ぶ。



泊まった宿は小さくて不便な場所にあるが四代続いた老舗らしい。

部屋に入ると若女将という女性が今は珍しい宿帳を持ってきた。



細面の美人だが和服の下に隠れた肉付きの良さそうな体にドギマギした。

三十代前半か?(こんないい女とやれる男がいるんだなあ…)と思った。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2015年4月25日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】セレブ向け離婚経験者のお見合いパーティで恋をした。 【体験談】

私はバツ一の45歳。



子供は二人いて、20歳の娘と18歳の息子がいます。



そしてある×一同士の離婚経験者のお見合いパーティに行きました。



彼女とそこで知り合ったのです。



当然彼女も42歳で離婚歴があり、20歳のお嬢さんがいます。



40代の男性と40以上の女性が12吊で集まって

お見合いパーティーをしたのです。



全員が離婚経験者で、気に入れば最初はお友達からというケースです。




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年12月20日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【人妻】若女将になった妻【体験談】

私は、5年前に妻と結婚しました。

職場で知り合い、意気投合し1年付き会った後にゴールインでした。

私32歳、妻27歳の時です。私達は、ごく自然に子作りをしていたのですが、2年経っても出来ず、

病院で調べて貰った所、妻の卵子が子供が出来にくいと言われました。

全く可能性が無い訳では無さそうですが、妻はショックを受けていました。

私は”2人で一生幸せに暮らせればいいんだよ!全く可能性が無い訳じゃ無いし、気楽に行こう!”と励ましました。

そんな事もありましたが妻も吹っ切れた様で、仲良く暮らしていました。

結婚4年目のある日、私の実家から”お父さんが倒れた!”と連絡が入りました。

病院に行くと、お父さんがベットで寝ていました。軽い脳梗塞だった様です。早く病院に来たので、大事には至りませんでした。

そんな時、父から”戻って来てもらえないか?”と相談されました。

私の両親は、古い旅館を経営していて従業員も少なく4人で何とかやりくりしていたようですが、流石に今回の件で私の力が必要と

考えた様でした。まぁ両親は私を産んだのが遅く、もう65歳になります。

 私も以前から気にはしていたのですが、こんなに早く決断する時が来るとは、思いませんでした。

妻とも相談し、結局会社を辞め2人で家に戻る事にしました。

父も回復し、直ぐに旅館業に復帰しましたが前の様には行かない為、私が代わりにこなしていました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年5月21日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】隣の妻!私の妻【体験談】

これは現在進行形の話になります。私36歳、妻35歳、子供8歳(男)、友人33歳、友人妻31歳、子供8歳(男)6年前、私達夫婦は郊外に家を購入しました。

翌年、お隣さん(井川さん夫妻)が家を建てたんです。

近所挨拶に来た時から、感じの良い夫婦だと思っていましたし、子供も同級生と言う事もあり、

お互いの家族関係は親密な状態になっていったんです。

何より、井川さんの奥さんは155cm?可愛くてスタイルも良く、AV女優並の肉体の持ち主で会う度に

股間がムラムラしていました。(推定ですが、胸はFカップクラスです)

旦那さんも感じが良く、趣味も車好きと言う事もあり意気投合!何かと一緒に飲む関係に・・・。

その延長で、今では一緒に旅行に行くほどです。

そんな仲ですから、酒の席ではエッチな話もする様になりお互いの夜の営み何かも話したり

時には、どんなプレーが好きだとか!女性の好みを聞いたりする事も・・・。

すると、私は井上夫人に興味があり、井上さんは私の妻に興味がある事が薄々分かって来たんです。

私の妻は、163cmスラットした体系で美人顔です。整った顔が昔から大人の女性をイメージさせるのか?

実年齢より上に見られる様です。

井上さんは年上好みで、胸は小さくやせ形が好きらしく(妻はBカップ)、妻が理想像に近いと言います。

一方私は、可愛くAV並みのムッチリ肉体が好きで、特に巨乳には目がありません。井上夫人は、正に私の


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年4月3日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【友達】ワンカップのガラスの破片が温泉に【体験談】

だれもいない混浴にはいってた

小学1、2年くらいの女の子と母親がはいってきた 

こんにちはと挨拶だけした

親子で遊んでて

母親が急にぎゃーと言った。

どぶんと湯に落ちてバシャバシャもがいてた。

湯船からあがって「うわー痛い痛い」と言って

一瞬で、なにしてんだかわからなかった。

「すいません、ちょっとお願いできますか」

仰向けで真っ裸で動けないようだった

知らん顔出来なくなった。

足の裏がきゅうに痛くて、飛び上がって、

弾みで湯船に滑り落ちて、ふちに腰をうったそうだ

ガラスのかけらを足で踏んだと

女の子が足にタオルを巻いた


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2013年12月28日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】離島【体験談】

卒業旅行と称して、女子大生の娘たち3人は離島への旅行を計画した。

半日以上かけての船旅は、大学生活の締め括りに申し分のない思い出になる筈だった。

民宿を予約した。この島の観光シーズンは夏。空いている筈だった。もうすぐ春がくる。

娘の1人が民宿の予約をしたとき「島の秘湯」の話しを女将から聞いていた。

昔から島の鍾乳洞の奥には温泉が滾々と湧いているのだという。ミステリアスではないか。

娘たちは、島での楽しみが増えたことを喜んだ。秘湯は思いがけない旅のオプションだった。

彼女達が島に着いたのは夕刻だった。早朝に港を出た客船は、途中の島で乗り換えていた。

乗り換えた小さな船が着くと、島の漁港には民宿の女将が丁寧に出迎えに来ていた。

「いらっしゃいませ。長旅でお疲れでしょう。ささ。どうぞ」

と、娘たちを案内をしてくれた。

民宿に着いて海を臨む景色のよい部屋に通され、娘たちは一息ついた。

「感じのいいところね」

「親切そうね」

「のんびりくつろげそうで良かったわぁ〜」

部屋に重い荷物を置いた彼女たちは口々に言って足を伸ばした。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年12月4日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校】豪雪が災いした一夜の思い出【体験談】

還暦を迎えた男と女もまだセックスは可能だった。互いに浮気したことのない同級生の男と女、羞恥でおどおどしながらも、漸くにして結ばれた一夜だった。それは還暦同窓会の帰り道だった。激しく降り続く豪雪が車の運転を危険にさらし、それが彼女と一夜を過ごす結果となった。互いに羞恥がつきまとう還暦の男と女の清純な一夜、まだ、性行為の出来る男と女だった.

還暦同窓会が終わった翌朝、誰もそれぞれ帰途に着いた。私も家が近い彼女を助手席の乗せて国道を西に向かって車を走らせた。その頃は小雨交じりのミゾレだったが、その国道から陰陽を結ぶ国道に分岐して入ると、小雨は雪に変わった。この国道は、県境を越えるのに大きな峠があり、交通の難所でもあった。

登り道に差しかかると雪はフロントガラスを激しく叩きつけた。道路脇の雪は1メートルは積もっていると思った。前方が真っ白くなって道路が何処なのか分からない。かろうじて、ハンドルに伝わるタイヤの感触で道路を走っていると感じた。そんな道を運転していると、雪でスリップして道路脇に突っ込んでいる車を何台か見て通り過ぎた。雪道の運転に慣れていない私は、激しく降る雪道の運転に怖さを覚え、助手席の彼女に「雪が激しく降るね…、この雪だと峠越えの運転が不安で怖い…。もうすぐ、街に入るが、そこで宿をとって、明日、帰ることにしませんか…」と呼びかけると彼女は、「そうね…、危ないから、そうしましょう…」と云って承知してくれた。彼女も豪雪の運転に危険を感じていたのだ。男と女の二人で泊まるのは、世間体を気にする私にとっては不安だったが、命の危険には換えられなかった。前が見えぬほどに降り続く雪の中を慎重に走り、ようやく、深い雪に覆われた「旅館」の看板が目に入り、否応なしにその旅館に跳び込んだ。

激しく降りしきる雪の中で玄関を叩くと、四十代と思われる若い女将さんが出てこられた。「激しい大雪で峠越えが危険なので、泊めて欲しいのですが…」と頼むと、その女将さんは「この大雪で仕入れが出来ず、何もないのですが…、ほんのあり合わせで良ければ…」と言って承知してくれた。

二階の八畳間に通された。部屋は冷え切っていて寒暖計は氷点下三度を指していた。女将さんが、ストーブと炬燵とエアコンの三つを同時に入れてくれた。部屋が暖まるまで二人はストーブの前で顔を見合わせて体を温めた。窓の外はボタンのような大きな雪が、向こうが見えないくらい降り続いている。

午後四時なのにもう薄暗かった。女将さんが見えて「お風呂が涌きました…。どうぞ…」と云ってくれた。私たちを夫婦だと思っているような言葉使いだったので、思わず二人は顔を見合わせた。 「夫婦と思われていますよ…。まあいい…、今晩は夫婦でいましょうよ…」と云って、また、顔を見合わせた。

風呂から上がっていると、「夕食の支度が出来ました。食事は一階ですから…」と告げられた。一階に降りると、六畳の間に炬燵があり、そこに夕食が用意されていた。私たちの他には泊まり客は誰もいないようだ。夫婦気取りで二人は食事をした。

終わって二階の部屋に戻ってみると布団が二つ並べて敷いてあった。またしても二人は顔を見合わせた。彼女の顔は、(…来るとこまできた…全てを任せる…)と言っているような温和な上目使いの顔だった。私は妻に電話し「大変な大雪で車の運転は危険だから、今晩もう一晩泊まって、明日、帰る…」と告げた。妻は「そうですか…。わかりました…」と別に不審に思っている感じではなかった。彼女も家に電話した。彼女は三十六歳の時、主人と離婚し、今は娘さんと二人で美容院を営んでいた。

テレビドラマが終わったのは午後九時五十四分だった。それを機に「もう、休みましょうか…」と声を掛け、二人はそれぞれの布団に潜り込んだ。電気を消すと部屋は真っ暗となったが、目が慣れると、障子は、雪の白さで薄明かりとなっていた。

薄闇に見ると、隣の彼女は背を向けて横たわっている。妻以外の女が、今、横に寝ている…。気が立って寝付かれない。彼女に寄り添ってみたいが、その勇気はないし、きっかけもない…。黙って彼女の布団に潜り込んで行っても、もし、拒まれたらどうしよう…。でも、女の肌に触れてみたい…。女の昂ぶりは、妻とどんなに違い、どんな反応を示すのだろうか…。そんなことを思い続けていると興奮で胸の鼓動が高鳴る…。不謹慎にも男のものは硬く立ち上がっていてどうしようもない…。そんなことを思い浮かべて、既に三十分は経っていた。

馴れぬ人が横に寝ているという恥ずかしさと好奇心とが入り乱て、気持ちが昂ぶっていた。静かに寝返りを打った…。すると今度は彼女が寝返りを打った。彼女も寝付かれないのだ。私は勇気を出して「眠れないの…」と呼びかけてみた。すると彼女から「ええ…、眠れないの…」との返事が返ってきた。「きっと、豪雪で危険な運転だったから、緊張しっぱなしで疲れすぎて、気が立っているのですよ…」と言ったが、そのことよりも本音は、妻以外の女の人が横に寝ていることえの羞恥と好奇心が要因だった。この言葉のやりとりで、二人の間にはきっかけが出来て、暗黙のうちに糸が繋がったと思った。

その時、時計は午後十時三十分を指していた。心臓が激しく鼓動を打っている。高鳴る胸の鼓動を押さえ、勇気を出して、背を向けて横向きになっている彼女に近づき、手を伸ばした。指がそっと彼女の髪と頬に触れた。彼女はジットしていた。彼女も不安と恥ずかしさが交錯しているのだ…と思った。「大丈夫…何もしませんから…心配しないで…」と言って彼女を安心させた。と言いながらも彼女の布団をそっと捲り、静かに布団の中に潜り込んで、彼女の背中に触れた。腰を寄せると彼女の柔らかな尻朶に触れた。当然に硬くなっている男が彼女の尻朶に触れる。彼女も(えぇ…、もう硬くなっている…)そう感じたのだろう。

彼女の腰に手を触れて引き寄せた。彼女のからだはすんなりと仰向けの姿勢に寝返った。からだの全てを任せよう…という女の姿勢だと思った。(そうなんだ…。彼女も受け入れる気になっているのだ…)と思った。思い切って彼女の首下に腕を伸ばして腕枕をし抱き締めた。彼女は、すんなりと抱かれてきた。しめた…私は思った。からだは妻よりかなり小柄だが全体が締まっている。可愛いらしいという思いを肌で感じた。

彼女の柔かい太腿に脚を絡ませ、尻朶にそっと優しく手を這わせる。 彼女はかすかに身体を横向きにして背を向けた。女の急所に触れられるのを恥ずかしがっているようだった。私は彼女にからだを寄せ、横向きになり、背後から彼女の脇ごしに胸の膨らみに手を添える。改めて彼女の胸もとから下腹にゆっくりと手を這わせた。その手は、ついに彼女の膨らみの丘に触れた。彼女の背を抱き締め、焦らずに女が潤むのを待つ。

彼女の緊張をほぐして、女の性感の昂ぶりに仕向ける。彼女の心を和ませようと、いつもの順序で優しい愛撫を試みた。その反応を妻と比べてみたかった。唇に触れ、耳、頬、首筋、肩、乳房の膨らみ、脇腹、局所を避けて太腿の裏、内側を攻め、太腿の内側を下から局所に向かって擦りながら、局所が昂ぶるように仕向けた。女の柔肌だった。彼女の乱れが妻とどのように異なるか、その変化が見たい好奇心に湧いた。 既にこの愛撫に三十分の時間をかけていた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年11月16日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【友達】今夜、実際どうなった?【体験談】

母は徒歩15分位の大きな温泉旅館で仲居のパートをしている。

今日、9時前に、どしゃ降りの雨が降って来たので僕が迎えに行った。

入口のリビングでTVを見ながら待ってると、入って来たコワイ系の男達に

囲まれる形になり、脱出できなくなった。

50歳位のエネルギーの塊の様な組長らしき男が、母の姿を目で追い「あの仲

居イイ体してるなぁ〜。今夜抱きたいから、女将を呼べ!」と言った。

呼ばれた女将さんは話を聞き「あの仲居はパートの主婦ですよ。寝たりしま

せん。」と言ったが「是非、抱きたい!」と若い男に母を呼びに行かせた。

呼ばれた母は、さすがに緊張して男のソファーの前に膝まずいた。

「悪いネ!、あんたの色気に参ったよ。床代は弾むから今夜、相手をしてく

れ!」と言うと、母は「いいえ、私は…」と俯いた。

親分は母の手を取り、さすりながら「ヤクザとSEXした事は無いだろう?

腰が抜ける程よがらせて、泣きながら何度も極楽往生させてやるぞ!」と呟

くと母は真っ赤になり、「すいません」と小走りに去って行った。

この母の様子を親分の横で見ていた超イケメンの男が「あの女、慌てては要


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||

2013年11月1日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【浮気・不倫】居酒屋の奥さん 【体験談】

少しジャンル違いかなと思うんだが

大きな心で許してくれ。



汚ねぇ田舎の居酒屋。今だったら許されない程に皆飲んで

車で帰ってた。その当時学生で田舎学校の為

寮生活も退屈になり、地元バイトでその居酒屋でバイトしてた。



学校の友達も飲みに来てくれたし、店主も少し売り上げが

上がるって喜んでた。店の女将さんはまだ若くて当時の俺よりも

5歳上位のお姉さん気質の綺麗な人妻。



そんな女将と店主夫婦は仲良くてイチャイチャ系の話や

出会った頃の若々しい話等をよく俺にしてくれて

「早く結婚しろよー」なんて笑いながら客のはけた店で

3人で飲んだりしていた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2013年10月18日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 41234

このページの先頭へ