最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【学校】心友とレズSEX…【体験談】

これから、先日あった話をします。

わたし(Sとします。)はテニス部に所属する1年生で、心友(Kとします)

午前の部活が終わり、Kと私の家で遊ぶことになりました。

夏休みの宿題をやるはずだったのに、

なぜか話はHな話になってしまいました。

K  生理きた?

私  きたよ。Kもきてるでしょ?

K  うん。Sって胸おおきいよね。

私  そんなことないよ。

K  嘘つけっ!!男子、いっつもSのおっぱいみてるよ。

私  嘘でしょ?!

私はすごくビックリしました。

確かに私は学年の中でも、かなりでかいほうです。

そんなことを頭の中で考えていたら、いきなり…

K  胸みせて。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2013年12月12日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校】TとNのエッチな体験 1【体験談】

僕にはつきあって半年の彼女が居ます 彼女はちっちゃくてでも胸もありかわいくて人気者です 僕は特に何もなくただ身長が高いだけの男でした 前置きはさておき本題へ 放課後になるといつも屋上でかのじょ(Nとします)とイチャイチャしてました といってもキスまででした いつものように隣に座っていたら、Nは急に僕キスをしてきて、そのまましてたらNが口を開けてきたのでそのままの勢いでDキスをしました。Nの口の中は甘く今にも溶けてしまいそうでした。5分ほどしていたらNは、僕のあそこに制服の上から軽くさわってきました Nが「堅くなってるね」 「テコキしてあげようか?」といわれぼくは「ここで?先生来たらやばくない?」と言ったら「じゃあ明日家くる?」(Nの家)と言ったので「そうする」と言って、その日はDキスを口の周りが涎で汚いくらいになるまでやって帰った。    続きはTとNのエッチな体験2を見てください。

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年12月12日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校】美和子物語 処女卒業 高校卒業【体験談】

美和子の初体験のお話です。

高校を卒業後に同級生のお方と食事をしてホテルの門をくぐりました。

高校時代から好意を寄せ合っていた人でした。

食事の時にアルコールを少し頂きましたのでお互いにほろ酔い状態でした。

彼が先にお風呂へ入るように奨めてくれましたので私が先に入浴しました。

15分くらいで浴室から出ましたら入れ替わりに彼が入浴しました。

私がダブルベッドに横たわって居ましたら彼は5分位であがって来ました。

お互いに初体験ですからお話をするきっかけが解りませんでした。

ホテルへ入った時から結ばれる前提ですのに・・・。

彼がバスタオルで身体を包んで浴室から出て参りました。

何となく彼を見ていましたらバスタオル越しに男性器の勃起が解りました。

彼がバスタオルを外してベッドへ近づいて来ます。

掛け毛布をめくってベッドへするりと入ってきました。

何となく手持ちぶさたの時間が過ぎます。

彼の右手が私の胸に触れました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年12月11日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校】七星のピンチに立ち向かう!【体験談】

「あんあっ、あっ、あっ・・・。」

七星は感じていた。

「やめてっ、・・・やめてったら・・・」

僕はずっとこれを見ていたかったけど、勇気を出して、教室に入りました。

「もうやめてやれよ。」

「鮫島・・・。」

ところが、そのとき、クラスの女子が入ってきました。

「おー、やってる、やってる!」

「あれ?鮫島がいる・・・。」

僕は驚きました。女子はみんな、全裸だったから・・・。

僕は急いで逃げました。しかし、捕まえられ、全裸にされました。

僕は我慢できず、もうどうにでもなれと思い、女子を振り抜き、七星に抱きつきました。

「鮫島!?」

「ゴメン、もう我慢できない。」

そう言うと僕は七星のあそこに、僕の息子を挿入しました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||

2013年12月11日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校】林間学校【体験談】

中学校の林間学校の時、憧れの女の子の部屋に忍び込んだ思い出があります。憧れの女の子と一晩でも一緒の布団で寝ることができたこと、体のいろんなところをどさくさにまぎれて触ったこと、ほんとに今でも忘れられない経験です。

女子の部屋は2人の相部屋でした。僕は友達のSと二人で、みんなが寝静まった後、こっそり部屋を抜け出しました。

 



 SはEさんと付き合っていて、そのEさんの部屋に忍び込むと Yさんが寝ていました。Yさんは誰もが憧れるかわいい女の子で。僕は内心付き合いたいと思っていました。

 Eさんは、SがくることをYさんには内緒にしていたみたいで、Eさんは僕も一緒に来たことに驚いていました。Sは2対2だからいいんじゃないみたいなことを言ってましたが、Eさんは嫌がっているようでした。

 Sは説得に疲れたのか、強引にEさんの唇を奪っていました。Sの手はEさんの胸を触っていました。目のやり場に困った僕は、Yさんのベッドの近くにいました。もともとYさんを口説きに着たのに、Yさんが寝てるんではなにもできないので、帰ろうかと思っていたときです。

 隣の部屋に見回りが着たようです。壁越しに先生の声が聞こえました。すごくあせりました。SはとっさにEさんと布団の中にもぐりこみました。僕はあせって、隠れるところを探したけど、どこにもないんです。ベッドの下にもぐりこもうとしましたが、全然、体が入る隙間がありません。隣の部屋のドアを閉める音が聞こえて、こちらに足音が聞こえてきました。

 Sが僕に「はやくYさんの布団にかくれろ」とかすれ声で叫びました。もう仕方がない、と決心した僕はYさんの布団の中にもぐりこみました。Yさんは「え」と声を出し何が起こったのか理解しようと必死でした。すぐに僕がとっさに口を押さえたとき、入り口のドアが開きました。

 入り口で先生は懐中電灯を室内に向け照らし、異常がないことを確認すると、ドアを閉め、次の部屋に向かいました。次の部屋のドアが開き、ドアを閉める音を確認するまでその体勢でした。

 そして足音が遠ざかっていったのですが、僕はその体勢のまま動けませんでした。気づけば僕の体は、Yさんの上に乗っかっていて、手はYさんの口を押さえていて、ぼくの肘はYさんの胸にあたっていました。Yさんのあたたかい布団の中で、徐々に下半身が大きくなるのがわかりました。

 僕の体はYさんと密着しているので、Yさんも気付いているはずです。でも、どうしようもなかったのです。先生の足音が遠ざかっても、SとEさんはベッドから出る気配がありませんでした。

 僕は気まずかったけど、興奮した体が言うことを聞いてくれません。そのまま右手を彼女の口からはずし、胸に持っていきました。パジャマのうえからノーブラのお乳をさわりました。すごくやわらかったです。そのまま前のボタンをはずそうとしました。片手では無理だったので、両手でパジャマを脱がせ始めました。

 Yさんはなぜか無抵抗でした。ぼくはもう誰にも止められない状況だったんだと思います。暗がりの中でパジャマを脱がせることに成功しました。Yさんの裸をまじまじ見つめてると、Yさんが手で隠しました。

 僕は自分の服を脱いで、Yさんの唇を奪いに行きました。Yさんの体の上に乗っかり、Yさんとキスしました。やわらかくて、とてもキスが気持ちよかったです。さらにYさんの小さなお乳が僕の体に触れていてそれもすごくやわらかくて気持ちよかったです。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2013年12月11日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校】隣の幼馴染2【体験談】

ミキが一緒にお風呂に入る??

僕「何いってんだよ。ちょっと待てよ。」

ミキ「だって怖いから・・・」

突然びっくりした。僕は中3で・・童貞で。ひとりHも実はまだ。。

でも、女の子の体には興味があるけど。

ミキ「あ。大丈夫、私、下着つけてはいるから。」

僕「え、そっか大丈夫か。….]

ミキ「しゅんも下着はいてよ」

僕「おお、おう」

ということで、ミキと風呂に一緒に入ることになった。

まず先に僕が入った。

トランクスをはいたまま風呂に入るのは、とても違和感があったけど、それより、あそこが大変だった。

何とかミキにばれないようにしないと。

ミキ「はいるよーー。」

震える声でミキはそう言って風呂場のドアをあけた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2013年12月10日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校】女友達のお願い【体験談】

俺は36歳の会社役員。今年1月に7歳離れた妻と結婚して、

現在妻の身体には新たな生命が宿っている。至って普通の夫婦だ。

しかし3月11日に起こった東日本大震災の影響で心がナーバスになっていた妻が

10日間くらい実家に帰りたいと言うので、5日前に里帰りした。

俺としてはこれからお腹の子供も早く成長するだろうし、

なかなかすぐに行ける所ではないし(妻の実家は九州の温泉街)、

何よりも義父母や親戚が凄く心配していたので帰郷する事を許可したのだ。

本当の事を言うと俺も付いて行きたかったのだが、仕事の関係もあって断念した。

そろそろ本題に入る。

3日前の午前中に1通のメールが入る。(投稿日: 2011/05/23(月))

妻だろうと思って携帯を開くと女友達からのメールであった。

「お久しぶり!ちょっと○○(苗字)さんに御願いがあって。昼休みに電話していい?」

という内容のメールだった。

俺は少し驚いてしばらく考えてから「いいよー。」と返信した。

何せその女友達から連絡が来たのは5、6年ぶりだし、いや、


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||

2013年12月10日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校】友人の彼女がソープ嬢(修正、書き直し)【体験談】

初めてのソープランドは高校を卒業し、大学に入学した直後で、18才だ。3学年先輩に、ソープが好きな人がいてその人からいろいろ教わり、その先輩の薦める店に行った。お金を払い、待合室から呼ばれて廊下でソープ嬢と対面し、挨拶する。彼女に導かれて部屋に入る。丸顔の若い子だった。その時は美人に見えた。その店の制服なのか、彼女の好みなのかわからないが、ビキニの水着とビーチウェアーだった。

そこで抱き合ってディープキスをした。ぎこちないキスだったのだろう。

「ソープは初めて?」

「ええ、初めてです。あのー、僕、まだセックスしたことがないんです。よろしくお願いします」

「まあ、童貞なの。それじゃ、今日が筆おろしね。えっ、高校卒業したてなの。じゃあまだ、18? 本当はここは20才以上でなければいけないことになっているけど、まあいいわ。私が筆おろしをするなんて嬉しいわ」

うそか本当か大学4年の女学生だと言っていた。

それじゃ、そのかごに着ているものを入れて裸になっね。」

上着とズボンはハンガーにかけて吊るしてくれた。

「脱ぐってどこまで脱ぐのですか?」

「ここはお風呂よ。風呂に入る時はスッポンポンになるでしょ。全部脱ぎましょうね。」

彼女が湯船にお湯をいれたりしている間に裸になった。これからのことを想像したからかもうペニスは勃起していた。彼女がわたしのペニスを見て

「まあ、立派なおちんちんね。楽しみだわ」

ビーチウェアを脱ぎ、前から私に抱きつくようにして

「背中のブラジャーのホックをはずしてくれない」

背中越しに腕を伸ばし、ブラジャーのホックをはずすと、彼女はブラジャーをとった。ふっくらしたお乳が現れる。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2013年12月10日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校】必殺仕事人【体験談】

824 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/05/05(木) 01:43:40.96 ID:Bw3cuTom



スーッとする武勇伝・・・とはいえないかなぁ。

高校時代、何故か同じクラスの奴(以下、A)に目の仇にされた。

何故か嫌われいやがらせが続く。

とはいえ、一年生のときは仲良かった奴とグループを組んでたから、

せいぜい鞄にチョークとかごみが入ってたり、近くに寄ってきてはちょっとした暴言を吐かれる程度で

たいした被害も無く済んでいた。

だが、二年のクラス替えで自分の味方グループが軒並み別クラスに、

Aとその取り巻きが同じクラスになってからは地獄になった。

暴言はあからさまになり、鞄にごみは日常茶飯事、

鞄や箒なんかで頭を殴られるようにもなった。

クラスじゃAに反感を持ってた奴はたくさんいたが、自分に矛先が向くのを恐れてか誰も止めてくれない。

自分はクラスで完全に孤立してた。




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||

2013年12月9日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【学校】同級生と混浴【体験談】

短大2年の時、高校の同級生だった彼(A夫)に誘われ、近くの山へハイキングに行った。A夫は同級生ではあるが恋人ではない。ただどうも彼が童貞のような気がして興味があった。自動車を麓の駐車場に置き、川沿いのハイキングコースを歩き、山頂の景色を楽しんだ。その近くには鄙びた温泉があり、ほとんど知られていないが山の中に野湯がある。山頂からの下りにその野湯に行った。その野湯は川沿いに湧き出るお湯を囲った簡単なもので人目には付かない場所だが隠す物がなく、その場所に来れば入浴姿が丸見えだ。非常に簡単な脱衣室というか、脱衣籠があるだけだ。彼が熱心に「一緒にこの風呂に入ろう」、誰もいなかったので入ることにした。実は私は何度も混浴風呂の経験があるがこんな野湯は初めてだ。混浴でも恋人と2人だけで入る時も、私の裸を見る男性の反応が面白く、この時も彼がどんな反応をするか興味があった。私達以外、誰もいなかったのでタオルなしで入ることにした。まず彼が裸になり湯船に入る。私も裸になり、片腕で胸を片手でヘアを隠すいわゆるヴィーナススタイルで湯船の縁に立つと彼が下から見上げて「うわー、綺麗だな。その手をどけてもっと見せてほしいな」、「駄目よ。恥ずかしいから」。そのまま隠しながら湯に入る。「A夫君、今までに混浴風呂に入ったことがあるの?」、「これが初めてだよ」、「でも彼女がいるんでしょう。その人とは一緒にお風呂に入るの?」、「僕、恋人はまだいないよ。B子(私のこと)さん、恋人になってくれないかな。せっかくだからB子さんのヌードをもっと見せてください」。そんな会話をしながら、「じゃあ見せてあげる。でも絶対触らないでね。恋人になったら触らせてあげる」。両手を腰にあてて立ちあがり、太股から上を露にした。ヘアを掻き分け「どう、割れ目が見えるでしょ。でも見るだけよ」。「そこへ高校生らしきカップルが現れたので私は慌てて湯に浸かった。そのカップル、男の人が小さな声で彼女に「そら、女の人も入っているよ。大丈夫だよ。一緒に入ろう」と誘っている。その彼女、躊躇している。男性、「あの、ご一緒させていただけますか?」。私が「どうぞ、どうぞ、女性の方もぜひご一緒にお入りください」。彼女、意を決したようで、「じゃあ、お邪魔させていただきます」。その男性はタオルで前を隠していたが、湯に入る時はタオルを湯船の縁に置き、手でおちんちんを隠しながら入ってきた。女性はタオルを胸からお腹の下まで縦に垂らしながら入ってきた。お湯の中でも彼女は胸にタオルを当てて隠している。4人で雑談をする。そのカップルは私達と同じ年令で大学のサークルで知り合ったとのことだ。私が時々湯船に腰をかけ、両足はしっかり閉じ、片手でヘアだけを押さえる。彼女が「あのう、タオルを使わないのですか?」、「お風呂ではタオルは使わないわ。体を洗う時はスポンジに石鹸をつけて洗うの。風呂から上がる時はバスタオルで拭くの。それに湯船にはタオルを入れないのがマナーのようね」。彼女、タオルを取って湯船の縁に置いた。「じゃあ、私達はもう上がります」と言ってどこも隠さずフルヌード立ち上がった。脱衣籠からバスタオルを取り出し、皆の方を向いたまま体を拭いた。A夫も、そのカップルの男性も私の体をじっと見詰める。そのカップルも「私達も上がります」。男性は手でおちんちんを隠していたが勃起していて隠し切れない。女性は何も隠さず全裸ヘアヌードをオープン。私のヘアは手入れしていないが、彼女のヘアは縦に細長い。きっとこの男性の好みだろう。やはりバスタオルで体を拭く。「どこも隠さないって開放的で、かえって気楽で楽しい物ね。これから混浴に入る時も隠さないようにするは。今日は有難う」。その帰り道の車の中で、彼が「今日は二人の女性のヌードが見れて良かった。女性のヘアヌード羽初めて見た。でも興奮してしまった。やらせてほしいな。」。「じゃあ、ホテルに行きましょう」。私の知っているラブホテルでセックスを楽しんだ。彼はやはり童貞で初経験らしく、ぎこちないところがあったので私がすべてリードした。はじめは騎乗位、それから正常位、バックと何度も何度も挿入射精を繰り返した。あのカップルの男性のおちんちん、勃起していたから、今頃はきっと彼女と激しいセックスをしているだろうな。A夫とはそれから私が結婚(A夫ではない)するまで2年ほど付き合い、混浴温泉も何度も一緒に楽しんだ。

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年12月9日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

このページの先頭へ