最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【友達】同級生に、、、【体験談】

これゎ私(なみね)15才のころのお話。そのときゎまだ、hの知識ゎあまり無く処女でした。その日、委員会で仕事せずに好きな人と、喋っていました。すると、先生が.「居残り!!Jといって、好きな人(レイくん)と勉強するハメになりました。そのあと、先生ゎ出ていってしまいレイくんと、二人っきり↑↑私ゎドキドキしながら彼をみていると、なんか、、、エロっ、、、。といわれて

ドキドキ、、、、かれゎ私のおっぱいを舐め舐め!感じていた私ゎ、声をだしてしまいました。声、おさえろよ、、、でもきもちよくて初めて、、、

イかせて、、、レイのチンポで、、、なーんて、大胆なことを、、、でも、快感を覚えてしまい、、、

いまでゎ 毎日、ヤってます(~-~///)

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2017年12月22日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【人妻】美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・【体験談】

美和子物語 竹下さんの自動車 二人の女性が競り合って・・・

美和子の自宅は岡山駅の近くです。

自宅の隣接地に町内会が管理する駐車場が有ります。

自宅へは市道から共有地の私道を経て出入りします。数ヶ月前ですが所属するボランテア団体の事務局職員のお方から不名誉な噂話が耳に入りました。

隣家の老夫婦がニュースの発信元だと分かりました。美和子の家の裏庭では野菜畑や果樹が数本有ります。

父が健在時には手入れをしていましたが父母が亡くなってからは耕作しないで隣家のご夫婦にお貸ししていました。竹下さんは週末にお越しになっていましたから、事前に彼の自動車が駐車できるように共有の私道をあけて居ました。

そのときは、美和子の赤いHONNDAは町内会の駐車場へ移動していました。隣家の老人夫妻は竹下さんが来宅の事はご存じないと思っていましたら・・・。

週末に美和子さんのボーイフレンドが来られる時にはご自分の車を駐車場へ移動して来客用に私道をあけておられる・・・。

との事でした。週末にはボーイフレンドがお泊まりになっている。

早朝にお帰りになることも有るが、お昼頃までおられる事も多いと・・・。

玄関横の潜り戸を通れば畑へ行けるので隣人が自由に利用されていました。

常識的な老人夫妻でしたから他人の事を詮索されるなんて予想もしませんでした。

畑で野菜類が収穫出来れば半分は頂いて居ましたから・・

夜に仲良し会をして、朝からも交わるのが常でした。

美和子が騎乗位になって、激しく燃えているときには通路にお声が漏れていたみたいでした・・・。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

2014年5月30日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】夏祭りで【体験談】

静岡市に住んでいる大学生です。

祭りがありました。町内会のもので、役員は近所の父母だったのです。

僕は19歳で、大学でお祭り関連ののサークルにはいっており、そのお祭りのお手伝いをする依頼をうけて参加したのです。

太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしました。

僕はカキ氷屋の手伝いをしていました。

機材の運び出しなどです。

店番をしていたのは、主婦二人組みでした。

年は三十代後半だったと思います。

僕はその二人に「名前はなんていうの?」「童顔なのねー」とか話しかけられました。

祭りも終盤にさしかかり、ひと段落着くと僕はおばさんとずっとお喋りをしていました。

二人は「彼女はいるのー?」と聞いてきました。

僕は「いませんよ〜」と答えました。

そして、僕は年上の女性が好きだという事を話すと、

「じゃあ、私たちくらいの年は?」と聞かれたので、

「全然OKですよ。」と答えました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年3月2日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【浮気・不倫】嬢は先輩の彼女だった【体験談】

文章書くの得意じゃないので、手短に淡々と書かせてもらいます。

馴染みのヘルスに行った時の話。

情けなくて誰にも言えないが、俺は月に2~3回ヘルスに通ってた。

正直に言う。

30歳目前のくせに完全なる素人童貞。

素人の女の子と付き合った経験すら無い。

筆下ろしは大学生の時に初めて行ったソープ。

失敗したくなかったから初っ端から高級ソープに行き、正直に「童貞なんです」と告白して初体験を済ませた。

特別にってゴム無しの生でヤラせてもらったし、都合4回も射精したのは良い思い出。

そこから風俗にどっぷりとなり、今になっても抜け出せてない。

話を戻します。

いつものように馴染みに店へ電話すると、お気に入りが店を辞めた事を知る。

「あれ?聞いてませんでした?」

あっけらかんと言われてイラっとした。

「他にもイイ子いるんでお店にいらして下さいよ~」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||

2014年2月14日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】罪無きカップル5【体験談】

7人いた男達のうち5人いた。「そんなに見たいなら」そしてドアが開いた。男に前からいれられ、もう気力がない恭子ちゃんの頭を、人形のように、自分の股間に押し付けている光景だった。すっかり全裸にされ「オラオラ、声出せよ」さらに腰を打ち付ける。岡田は「うーっ」と泣き出した。私はあまりにも残酷な状態に、言葉がでなかった。1人の男が「いい女だ」その時紗季が歩いてきた。「紗季逃げろー」紗季は私を見て、事態を呑むと走って、車へ向かう。二人が紗季を追いかけた。私も、足を引きずりながら、紗季の方へ。だが、あと少しで捕まった。「イヤーんーんっ」紗季が叫びをあげる寸前に口を塞がれ、もう一人は紗季を、後ろから腕を持ち、そして、私は気付いて追いかけてきた男に取り押さえられた。紗季は、抵抗するも、男達にはかなわず私と紗季は、恭子ちゃんがいるワゴン車の方へ連れて行かれた。恭子ちゃんへの強姦はまだ、続いていた。それを見た紗季は、必死に助けに行こうとするが身動きがとれなかった。

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月14日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】遠距離は浮気しほうだい!【体験談】

登場人物

友人  (26歳) 普通 ヤリチン 今まで何人も孕ませては捨ててきた奴。 本命の彼女がいる。

俺   (26歳) 普通 友人のおこぼれを貰う悲しい奴・・・彼女なし

短大生 (19歳) 保育士目指してるブス

友人が今年の4月に彼女が出来たと言ってきた。○ixiの日記にも書いたけどバレルから消してた!これは5月の話!

相手はS県に住む女子大生。いわゆる腐女子で○ixiか○カイプで知り合ったとかだったかな?

その友人がまた自慢してきた。文章下手なのは勘弁ね(´・ω・`)

友人「また女ゲット~!(^ω^)

   やっぱ腐女子はいいね~。」

俺 「今度はどんな女捕獲したんだよ?」

友人「S県に住む短大生。写メ交換したけどブスだね!見てみ?この顔で保育士になりたいだってよ!」

俺 「また腐女子かよ?ホントブスだな!子供泣くぞ?」

友人「やっぱ腐女子は、ちょっと趣味をあわせてやるだけですぐ付き合える!」

俺 「得意だね~?」

友人「彼氏がいたけど、仕事が忙しいとか言ってかまってくれないんだって!毎日連絡とって信用得た!


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年2月14日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】友人の彼女と・・・【体験談】

昔の話になっちゃうんですが、大学生時代に家庭教師のバイトを今で言う 家庭教師派遣みたいな仕事をしてる会社にバイトで入ってた時の事です。

当時私の友人の彼女だったHちゃん(仮)がちょうどバイトをやめた直後で

Hちゃん 「どっかいいバイト先とかない?」

友人 「お前、確か家庭教師のバイトしてんだろ?家庭教師のバイトって時給ちょっと良くね?」

そんな話が友人たちと遊びに行った先で出てきたので

ダメもとで自分のバイト先だった会社の面接担当してくれた 課長さんに

「友人なんですけど Hちゃんのバイト面接とかいいですか?」って感じで話を繋いだんです。

まあ バイト先紹介したような気軽な感じだったんですが Hちゃんが面接当日ちょっと心細いって言うので

課長さんに話は一応してあるけど、友人のよしみでちょっとだけ同行したんです。

事務所ってゆーのが ふつーにマンション(住宅用)の2階の1室みたいなとこにあって

私自身もその部屋で面接受けたんですけど Hちゃんと行った日は約束してたにも関わらず 担当者の課長さん

が まだ外出先から帰ってないって言うので 少し中で事務イスに座って2人して待っていました。

すると 見たこと無いおじさんが事務所に入ってきて

おじさん 「あれ? バイトの面接? おーい●●君は?」

事務員さん 「まだ 戻ってきてません・・・」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年2月13日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【浮気・不倫】友達の彼女をレイプ3【体験談】

私は奈央の後ろに行き奈央のマンコに挿入した。「ん・・・んー」と奈央は嫌がるが、いれてみるとすごい気持ち良かった。私は夢中で腰を動かした。「アン・・ヤダ」と奈央も感じ始めている。私は必死になりすぎ、気がつかなかったが先輩はフェラをやめてタバコを吸いながらこっちを見ていた。「奈央。ビデオを流されたくなかったら今度から俺の便所だ」と奈央に言うと頭を横振っていた。「ま〜お前次第だ。〇〇。早くしないと貴司やお前の彼女帰って来るぞ」私は、そうだ。そろそろ帰って来る。そして奈央の乳房を揉み「〇〇君・ア・・アン・中は・ダ」奈央の言葉なんか耳に入らない。そしてクライマックスにはいり、思いっきり奈央の尻に腰を押し付けいっぱい出してヤった。その時、先輩は笑いながら「〇〇。またヤりたくなってきたから時間稼ぎして来い」と言うと私を退かしまだ。ショックで動かない奈央を仰向けにすると挿入した。「イヤ・・イヤ」と奈央を横目に服を着るとドアを開け走った。

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月12日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】彼女が肉便器に…【体験談】

大人の文章で書き換え御願い致します!

ようやく、心が落ち着いたので、きりを付ける意味で実際にあったことを話します。

私は22歳で21歳の彼女がいます。彼女とは学生の時にアルバイト先が同じでそこで仲良くなって付き合いました。

彼女は私が言うのも何ですが、かなり可愛くて芸能人でいうと新垣結衣を少し小柄にしてさらに笑顔を可愛くした感じです。

付き合い当時は彼女は19歳で過去に付き合ったことがないと言っていたので恋愛には奥手のタイプかもしれません。

いろいろと聞くと何度か告白もされたし言い寄られたことはあるようですが、強引な感じがして怖いというトラウマがあったようです。

私と付き合えたのは私といると安心するとか落ち着く感じがするというのが最大の理由のようです。

こんな彼女なのでまさか浮気はしないだろうと思ってましたし

実際に3年間浮気せず私一途でいてくれたのは事実です。

彼女とのエッチもすごく彼女は恥ずかしがりやでこんな子とエッチができてかなり幸せな気分でした。

それからはデートの度にエッチしていました…彼女も嫌がらずそれに答えてくれました。

案外自分好みに調教しましたが…無理な事はせずに大切にして来ました。

私が社会人になり、彼女も大学を卒業する時期になってきたので結婚を意識して時期を考えていました。

そんなある日、私の友人と話しているときに「本当にみか(彼女の名前)ちゃんは浮気しないのかなー?他の男はほっておかないのに」と言ってきました。

私は絶対しないよって」言い返しました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||

2014年2月9日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【浮気・不倫】海で【体験談】

一昨年の夏に、海に旅行したときにであったんだ。たまたま友達の彼女とあって、女友達3人できているとのことだった。

 その子はものすごくナイスバディだったんだ。身体の線がすらっと出ていて、水色のビキニタイプのセパレートで胸がリボン。ビキニタイプで水色で僕の好みだったため、ひそかに”僕のもので・・・”と考えていた。

 結構そのときは寒かったから、シャワーあびにいこうよってさそって、騒ぎながら、一緒のシャワー室にはいったんだよ。

 それでシャワー浴びながら、「いい身体だねー もう○○(友達)は野獣でしょ?」って言ってると「”そんなことないよ。喧嘩ばっかりで、Hもしてないし。」

「僕がしてあげるよー」って、シャワーあびながら、後ろから抱き付いて、ビキニの上から胸をもみしだきながら、大きくなったおちんちんを押し付ける。

「やんっ、美杉くん、だめえ。そんなとこ押し付けちゃ」っていいながら目が僕をさそっている。

 声が出ないようにキスして舌をからめながら、ビキニの中に指をいれて乳首を両方とも指ではさみながら舌でとろとろになるまでディープキスしていると腰をまわすように動かしながら彼女の身体は感じ始めた。

 我慢できなくなってきたから、首筋から胸、おなかから下のお口にも指を這わせてさ、クリちゃんを指ではじきながらさ「こんなところでキスされるだけで、下のあそこがこんなにぬれてるぞ」

 いやらしい言葉でいじめはじめると「あっ、だって、美杉がうまいんだよ、もう」言葉は喜んでる。

 しだいに大きくなってきた男の象徴を指でさすりながら「美杉のなめていい?」ってきくから 固くなったものを 彼女の口の前につきだしたんだ。

 舌でなぞるようになめながら、お口の奥まで咥えて激しく動かし、自分でオナニーしはじめて「はあっ 固いの久しぶり。美杉の太くて固くて、やんっ、びくびく動くの」

「自分で動かせるんだよ 俺。もう奥でこんなふうにびくびくされたいんだろ?」っていうと、自分で壁に手をついて腰をつきだし、「してえ、美杉のいれてえ」

 いやらしくしたったらずの声でお願いしてくる。

 下着をお尻が出るまでおろしてからバックで両方のお尻を両手でつかんで、あそこを指で広げながら、おちんちんをあそこにくっつけたまま奥まで一気に突き上げた。

「んっ はああっ!!」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年2月8日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談
1 / 912345...最後 »

このページの先頭へ