最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【レイプ・強姦】その前日の出来事【体験談】

アパートの隣の家に去年赤ちゃんが生まれた

ぜんぜん騒音とか聞こえないけど、丁寧にケーキ持って「うるさくなりますが」って挨拶にこられた

隣家じゃなきゃ全く接点ない美人イケメンなリア充っぽい夫婦だった

今日ベランダに出てたら、奥さんと赤ちゃんもベランダに出てきたらしく会話が聞こえた

なんとなく咄嗟に気配殺しつつ洗濯物を取り込み続けたw



奥さん「きれいねえ、お空青くてきれいねえ」

奥さん「◯◯君、飛行機飛んでるよ、ほらっ、あそこ!」

奥さん「お花きれいねえ、◯◯君がお花好きかなと思ってママ植えたのよー」

赤ちゃんは奥さんの言葉に関係なくキャッキャ言ったり唸ったりしてる

奥さん「あー幸せだねえ、◯◯君。ママは今、人生で一番幸せなんだよ、◯◯君」

奥さん「◯◯君、ありがとうねえ」



1999年(平成11年)4月13日 山口県光市内の某アパートにて。

エロ体験談検索用タグ

|

2014年2月5日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ・強姦の体験談

【レイプ・強姦】不動産会社で営業秘書【体験談】

中途入社で、昨年から不動産会社で営業秘書をしています。

入って1週間目くらいに、なにか失敗したお詫びにお客様のところへ行くのに、

女性が一緒のほうがいいと言われ、連れて行かれました。

わたしはあまりお酒は強くはないのですが、2杯目を半分くらい飲んだところで、

とても一人でまっすぐ座っていられないほどフラフラして、おかしいと思い、

薬かな、とも思ったのですが、とてもなにか言い出せる雰囲気ではありませんでした。



いかにも心配するようなそぶりで近寄ってきた男に肩を抱かれるような格好になってしまい、

気持ちが焦りましたが、体に力が入らず、言葉もちゃんと話せなそうな感じで、

それでやっと何か飲まされたと気が付いたのですが、

上司はむしろ私の失態を非難するような感じで、男は上司から私をかばうようなことを

言うので、どちらにそういうことをされているかわからないまま、そうしているしか

ありませんでした。

意識はそれとなくはっきりしていましたが、体に力がまったく入らず、

膝に座らされたり、胸をつかまれたり、されるがままになっているしかなく、


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||

2014年2月5日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ・強姦の体験談

【レイプ・強姦】因果は巡る【体験談】

<>969:えっちな18禁さん:2012/04/04(水)22:54:56.63ID:VmLAwIp00<>

すまん

チラ裏だが書かせてくれ

もうスレ落ちるだろうし

もう限界でどっかで吐き出さないと狂いそう

いやもう狂ってんだけどさ



やべ

あげちまった、すまん。。。。。。

どうでもいいが俺は32の最近富士額が気になる底辺社畜のおっさんだ



あのさ、レイプって犯罪だしさ、絶対あかんのはわかってる

だけど俺、AVとかレイプものでしか受けつけなくてさ

女レイプするならなんでもいいてわけじゃなく966でかいてあるようなやつじゃないとだめなんだ

でも実際にしたことないしする度胸もねーの


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年2月5日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ・強姦の体験談

【友達】最高の日【体験談】

出張で東京に行ったんだが、怖い思いをしたがすばらしいことが二つあったよ。

痴漢は俺は下手です、ですが昨日は最高だった。

まず六日前に大学生らしき女の子に痴漢したんですが「警察連れて行かれたいのか!」とものすごい怖い声で睨んできました。

正直もう東京ではしないと思いました、なんせ女の子や女性の横に張り付くと必ず睨まれる、というか捕まりそうな雰囲気がする。

もう諦めてたつもりだったんですが、三日前だけ別の仕事があって東京から離れたところのホテルに泊まりました。

すると朝にホームに立つと溢れんばかりの人がいて驚いた、もちろん東京の方がもっとひどいが東京から離れてもこれほど人がいるとは思わなかった。

しばらくすると電車が来た、すると電車の中から女子高生が出てきた、下りるのかなと思ったら中の人を下ろすために一旦外に出ただけみたいでドア付近で待っていた。

顔を見るとなかなかの上物、肩くらいまで髪があってモロに俺の好み、そして一番驚いたのが身長が大きい!

俺は173センチあるがほぼ同じか俺より大きいかというくらい大きかった、スタイルも良さそうな子で絶対に痴漢しようと思った。

だけど東京の女は子供だろうが大人だろうがめちゃくちゃ警戒心が強い。

正直迷ったがとりあえず後ろにつくことにした。

JKは一番痴漢されやすい窓のそばに押し込まれていた、たぶんほかの仲間が押し込んだんだと思う、そうでもしないとあんな絶好のポジションには普通の女はいない。

上手い具合に女子高生の後ろにつけると電車が出発した、俺は少しタッチ、反応は少し気になったような反応をした、今度は電車の傾きを利用してヒップに息子を押し付けた、身長がほとんど一緒のため屈む必要も無く思いっきり押し付けれた。

さすがに嫌だったのかこっちを見たが、その目はどっちかって言うと脅えていた。

よく見ると回りの人も少し触ろうとしていたので仲間が囲んでくれているのがすぐわかった。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月5日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【浮気・不倫】罪無きカップル4【体験談】

ワゴン車は揺れ中から「やめてー」「イヤー」とか聞こえてきた。ドアが開いた。「気持ち良かったー」と男が降りて来た。男の後ろには、車の中で、顔を手で隠して泣いている恭子ちゃんが見えた。「こいつ初々しかったぜ。多分経験少ないよ」と言うと「よし、可愛がって来るぜ」と二番手の男は言うと、車に入り、ドアが閉まった。そして、ワゴン車は揺れ始めた。「こいつも、トイレに捨てに行こうぜ」私は、フラフラと、引きずられるように、トイレに入れられた。岡田は、壁にもたれ、服は破れ、鼻血を流し、泣いていた。男達は「お前には、勿体ない。彼女を可愛がってやる」「そこで待ってろよ」と言うと、私と岡田を殴り出て行った。どれくらいたったのか、岡田を起こすと、「ここで、後悔するぐらいなら、恭子ちゃんを助けに行こう」岡田「・・・・」私「頑張って物にした彼女だろ?」私は這ってトイレの出口まで行くと、岡田も這ってついてきた。男達は、私達に気付くと「そんなに彼女が犯されるとこみたいの?」私達は引きずられ、ワゴン車の前に、投げられた。

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月4日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【寝取られ】中学生に寝取られた_5【体験談】

「邦夫くん? それとも康二くん? はやい者勝ちよ」

 邦夫と康二は顔を見合わせた。邦夫が顎をしゃくって、先に行けと促す。康二は頷いたものの、明らかに腰が引けている。

 いや、少年たちは最初から怯えていたのだ。人妻を監禁することを含め、なによりも生身の女体に触れること、初体験することに──。そしていま、雄太の撃沈を目の当たりにして、その恐怖は現実のものになった。

「どうしたの? やらないの?」

 朱美は腰に両手をあてがい、むっちり張った尻をひねって見せた。股間から流れ出た精液は二つに分かれて、内腿の中ほどまで筋を作っている。

「や、やるに決まってるだろ……」

 康二はベッドに上がり、大の字になった。雄太の二の舞になるのは怖い。怖いが、朱美のとろけるような肉体になら、食い殺されても構わないとも思う。

「あら、あなたも騎乗位でいいの?」

「お、おう。あ、あんたのおまんこがよく見えるしな」

「ふふ、それもそうね……」

 朱美は臆するどころか、ふいに康二を跨いだ。そして、なんのためらいもなく腰を落とす。意表を突かれた康二は思わず逃げ腰になったが、朱美は男根をむんずと掴むと、一気に尻を沈めた。

 ぶぴっ! 根元までくわえ込んだ拍子に膣から空気が漏れ、白濁の残滓が噴き出てきた。朱美は康二の胸に両手を置いて、舌なめずりする。

(さあ、いくわよ!)

「わ、わっ、わあっ!」

 ずちっ! ぐぷっ! 膣が鳴る。朱美は腰を二度上下させて、次に大きな「の」の字を二つ描いた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月4日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【レイプ・強姦】草食オタク系の同僚と出張【体験談】

先日突然出張に行く事になり、同僚とビジネスホテルに宿泊して、翌日帰る予定で仕事をしました。仕事が終わり、ホテルに戻って疲れきっていた所で、同僚がマッサージしましょうか?と言ってきました。この同僚、マッサージはプロ並みに上手いのです。普段からよくやってもらっていたので、お願いしました。しばらくしてから部屋に来ると言うので先にシャワーを済ませ、パジャマに着替えサージしてもらいました。疲れていたせいもあり、あまりに心地良いマッサージについ、うとうとしてしまい寝てしまっていました。そして違和感を感じ、目を覚ますとパジャマのボタンは外され、ズボンとパンティーは脱がされていました・・・ビックリして、起きあがろうとする私の足を押さえ、同僚は、激しくアソコに吸いつきながら、指を激しく中で掻き回してきます!

「嫌っ!やめてよっ!」私は嫌なのと恥ずかしいのと訳がわからないまま抵抗しました!でもすでに私のアソコは、グチャグチャにされていて、嫌なのに感じてしまったのです。そして同僚は、大きくなったモノを私のアソコに入れてきました。「入れないで!お願い!」私は、挿入するのはさすがに無理だと抵抗しました。でも同僚は強引に私の中に入ってきました。私は感じてしまい嫌なはずなのに声が漏れてしまったのです。同僚は、乳首を舐めまわしながら段々激しく腰を動かしてきます。私は、本当抵抗する言葉は口にしつつも、アソコからは出し入れされるたびに、いやらしい音が響いていました。同僚は、更に激しく腰をふり、私を抱きしめ、奥深くまで入れてきます。私は同僚に手を回し、抱きついてしまっていました。精子が出ているのを感じた私は、と突き放そうとしましたがすでに遅くまさか中に出されるとまでは思わず、放心状態でした。直後眠ている私をを見ていたらどうしようもなく興奮してしまったと説明してきました。

まさか誰もあの草食オタク系の同僚に私が抱かれていたとは思いもせずにいるでしょうこの先墓場までもっていくつもりです。

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月4日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ・強姦の体験談

【学校】双子の姉妹を性的にいじめ その5【体験談】

2年の冬。この日は私らと双子で街へ遊びに行った。

今日は双子には服装の指定をしていない。

ただ、普通に遊びに行くから気合い入れておしゃれしてくるようにだけ言った。

待ち合わせ場所の駅前に姉弟が来る。いつもより明るい表情だ。

お揃いの丈の長いコートを着ている。

普段学校に着てくるのとは違う、おしゃれでデザインのいいコートだ。

お揃いのデザインなのは、性別が分からないようにするために私らが選んだからだ。

姉はうっすらと化粧していて、弟とそっくりな顔なのにより女らしい。

私らは駅の広い障害者用トイレに全員で入ると、姉弟に着替えするから服を全部脱ぐように言った。

弟は「今日は普通に遊びに行くんじゃないんですか?どうして服を脱ぐんですか?」と珍しく口答えをしたが、

ビンタして「いいから脱ぎなさい」と叱りつけた。姉弟は不思議そうな顔をしながらも服を脱いでいく。

姉弟が服を脱ぐたびに私らが受け取る。この日は生意気にも下着までつけていた。

姉の下着は彼氏とのデートに着て行くような勝負用と言うかかなり気合の入った大人っぽい下着。

「やだあ、普通に遊びに行くだけなのにこんなの着けて。あんた男でも誘うつもりだったの?」と冷やかす。

弟はTシャツとトランクス。「女のくせに色気がないね。男の下着着てちゃだめでしょ」と馬鹿にする。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年2月4日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【レイプ・強姦】レイプ考察【体験談】

<>65名前:水先案名無い人投稿日:2005/03/10(木)11:43:41ID:isdOhuMT<>

おまいら、なんで強姦魔が辞められないか知ってる?

経験者から聞いた話なんだが、レイプしようとすると大抵の女は始めは嫌がるんだが、

暴れて疲れるとほとんど身動きも出来なくなる。もう好きにして状態になる。



そして驚く事に、女はレイプされるともの凄く感じる。普通にセックスした時よりも、

比べ物にならないほど激しくイクらしい。痙攣してイキまくる。だから通報できない女が多い。

大抵の女性はレイプされるとありえないほどの快感を覚える。

それは大量のアドレナリンとドーパミンが順番に分泌されるからである。



吊り橋効果と似ていて、レイプ魔に襲われて恐怖を感じた時に、

アドレナリンが大量に分泌され生理的に極度の興奮状態に陥る事により、

自分が恋愛をしていると脳が錯覚して、脳が快感を与えるドーパミンを分泌してしまう為、

体が快感を覚えて反応し、挿入からしばらくすると、

膣が充血する事で、クリトリスや膣内の性感帯が過敏になり、


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月4日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ・強姦の体験談

【レイプ・強姦】友達の彼女をレイプ2【体験談】

奈央はまだ酔っていて抵抗は弱くて先輩の思うがままでした。先輩は奈央の乳房を形が壊れるくらい揉みながら片方を吸い捲ってました。「痛い・・あ・イヤ」そして無理矢理奈央を起こしてペニスを咥えさせた。奈央の頭を片手で前後しながら開いた手で乳房を揉んでいた。そして「〇〇見ているの知ってんだぞ。お前の彼女もされたくなかったらこっち来て押さえろ」私は先輩の豹変が怖かったのと奈央と出来るかも?とですぐ中へ入り奈央の両手を押さえた。「〇〇君助けて」と奈央が助けを求めていたけど奈央から目を逸らすと先輩はそのまま挿入した。「イヤー・・」先輩は「人の女を犯すのは最高だ」と言いながら腰を動かした。奈央は「ウー」と泣き出したが「奈央の泣き顔もそそるね」と先輩は奈央にキスをしながら腰の動きを早めると「おーイク・・だすぞ」と叫び奈央の中に出した。先輩は奈央のマンコから流れ出て来る自分の精子をみて満足そうな顔を見せ「次は〇〇だ。奈央は俺のをきれいに掃除するんだ」とバックの体制にするとフェラをさせていた。

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月4日 | エロ体験談カテゴリー:レイプ・強姦の体験談

このページの先頭へ