最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【近親相姦】俺だけのかあちゃん4 【体験談】

素っ裸で土下座してる母ちゃんを見て、正直俺は複雑な心境だったよ。今まで特に親子だなんて意識してなかったし。

それまで当たり前だった存在が別の物に変化するってのは、現実味が無いことなんだよね。

だけど自分の言いなりになる女、既に味見したけど美味かった女が手に入るってのは、確かに魅力的な話だった。



「俺が全て決めちまっていいのか?」



「そうよ。大まかなルールは全てあんたが決めてくれればいいの。任せるところは任せてくれたら嬉しいな。でも私にも出来ないことはあるからね?」



母ちゃんは体を起こしてすらすらと俺の問い掛けに答えたけど、いったん言葉を切ったんだ。

俺の顔を真剣に見つめてる。



「あんたの子供を産むことは、止めたほうがいいと思うの。あんたの気持ちに負担をかけたくないから」



母ちゃんはそこらへんまで真剣に考えてたんだ。




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2014年2月21日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【近親相姦】俺だけのかあちゃん2 【体験談】

母ちゃんはとろーんとした目で俺を見つめて、頬を赤く染めてる。『もっと容赦なく責めてッ』みたいな?

俺はオッパイを嬲ってた右手を、母ちゃんの太股の間へとねじ込んだ。すぐに太股が左右に開かれる。

俺の指先はヤケドしそうに熱いマンコに届く。そこはもうビチャビチャに濡れて大洪水だった。

母ちゃんのマンコの発情した匂いはキツい。思わず興奮してくる匂いだけど、俺で満足するのかねぇ?

俺は固くなってるクリトリスを指先でこするように玩ぶ。



「ああぁぁぁッ…あッあッあッあッ…ヒイィィィィィッ!」



かなり敏感みたいで、強く嬲ったら悲鳴を上げて体をガクガクと揺する。エッチはご無沙汰のはずだけど?



「お前、毎晩オナニーしてたな?」



俺は母ちゃんの耳元で小声で囁いたんだ。



「してませんッ、そんなことしてませんッ」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年2月21日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【寝取られ】自宅で嫁を、好きなように一日部下に抱かせた。【体験談】

嫁とは結婚してもう20年になる。



私は来年50歳になり、嫁は今38歳だ。



いわゆる、できちゃった婚で、当初は親御さんなんかの風当たりも強かったが、二人目もすぐに授かり、自営の私の仕事も軌道に乗ったこともあって、ソレもすぐになくなった。





色々とあったが、楽しくて暖かい家庭を作れたつもりだ。



一人目の子供が大学に行くことになり、一人暮らしを始め、あっと言う間に二人目も留学でイギリスに行ってしまった。





四人でワイワイと楽しい毎日だったのが、急に寂しくなった。



早くに子供を作ったこともあり、嫁はまだ女盛りの38歳で、夫の私の目から見てもまだまだ綺麗で、色気があると思う。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||

2014年2月21日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【寝取られ】モモとノンタン 再開後 03 前半 【体験談】

モモとユウさんのビデオを見て、こういうのも悪くないな…って思った。

けど覗くのとは全然緊張感は違うなって感じた。

覗く方が、なんというかライブ感があって、ドキドキするし。



とはいえ、もうなかなか覗く機会もなく、

定期的にビデオで撮ってもらうのもありかななんて考えていた。



そして、ノンタンの浮気エッチ計画だけど、順調にノンタンとデートを重ねていた。

実は一回いい感じの雰囲気の時があったんだけど、

ノンタンが女の子の日で、あえなく断念した。

でも機会さえ合えば、もうできるだろうなって確信はあった。



たとえば内緒でこっそりキスした時のノンタンの反応とか、

ほんと可愛くて、この辺はまた追って書きます。




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月21日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【妹】続きを教えてください・・・【体験談】

従妹の美由紀は俺より3歳年下

家は近くでちょくちょく遊びに来ていたこともあって、兄妹のような存在だった

俺は都内の大学に進学、家から通うよりもアパートを借りた方が安上がりな為、1人暮らしを始めた

大学1年のGW、特に家に帰る必要もなく、まだキャンパス内での友人も少ない時期だ

ふいに俺の携帯が鳴る、地元の市外局番なので、高校の友人かと思い出てみると美由紀だった

「もしもし、圭ちゃん、今何してたの?」

「おお、美由紀か、あ、今部屋でゴロ寝中」

「やっぱり、じゃ今から遊びに行く」

「今からって、もう夕方だぞ」

「部屋見るだけだから、すぐに帰るよ」

「まぁいいけど、おじさんたちにはちゃんと言って来いよ」

いきなり来る事になったので慌てて部屋を片付ける、見られたくないものと言えば1人暮らしを

満喫する為のエロ本&AVの山w

ワンルームだから隠す場所などは知れていて、ベットの下しかない、今後の課題だな、と思って

片づけを始めた


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年2月21日 | エロ体験談カテゴリー:妹との体験談

【彼氏・彼女】入院中の彼女【体験談】

<>475えっちな21禁さんsageNew!04/06/1716:39ID:lJZV8zyH<>

2年ほど前に合コンに参加した。

一人だけ気になった女の子がいたのだが結局声をかけられず。orz

しばらくしてツレから「あの女の子、入院したよ」と聞きツレと一緒にお見舞いに行く。

で、しばらく病室で話をしていたらツレは先に帰ると言いだし俺も帰ろうとしたのだが

女の子が「時間があるのならもうちょっと話していかない?」って言ってくれたので

2人でしばらく話をした。そのうち「一度だけしか会ってないけど気になっていた」らしく

その日から付き合う事になった。

それから毎日病院にお見舞いに行くようになったが、彼女は膝の皿を骨折していていたので

外出してデートとかもできず(病室で初キスとかしてしまったのだが)

それ以上は骨折が完治して退院するまでお預けだと思っていた。



<>476えっちな21禁さんsageNew!04/06/1716:42ID:lJZV8zyH<>

付き合いだして一ヶ月ほどたったある日、もうすぐ面会時間が終わるので帰ろうとしたら彼女が

「トイレに行きたい!漏れそうなんだけどトイレまでもたないかも!?」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年2月20日 | エロ体験談カテゴリー:彼氏・彼女との体験談

【同僚・上司】会社の研修の2歳年上の彼女【体験談】

<>681あんまんsageNew!04/03/2319:02ID:DYv4jxi6<>

前の会社の研修での出来事です。高校を卒業し、某大手運送会社に就職して、本社のある県で研修を1週間程やりました。そこで同じ班の女性に一目惚れしました。彼女は2歳年上で短大卒。可愛い系で、話をすると感じが良く益々好きになっていきました



<>683あんまんsageNew!04/03/2319:25ID:DYv4jxi6<>

最終日の前日、夜に打ち上げみたいのがありました。考えてみれば高校生に酒を飲ますとは無茶苦茶な会社ですが…。

話を戻します。打ち上げが終わる寸前に彼女(Mちゃんとします)が俺を呼び止め

『私の部屋で飲み直さない?』

とお誘い。勿論断わる理由がないので誘いを受けました。



<>684あんまんsageNew!04/03/2319:32ID:DYv4jxi6<>

他の人が廊下で話してるので、班のリーダーと隠れる様にしてMちゃんの部屋に。

『俺一人じゃないんだ〜』

と今思うが、当時はMちゃんと一緒に居れるだけで満足だった。

Mちゃんの部屋はMちゃんともう一人いたが、その娘は別の部屋にいる様子でまずは3人でカンパイ!




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月20日 | エロ体験談カテゴリー:同僚・上司との体験談

【人妻】私が招いた悲劇【体験談】

去年の秋、念願のマイホームを購入した。

郊外の静かな所だったが、妻と共に喜びに浸っていた。

不景気の影響なのか?まだ周辺には空土地が多く見え、我が家の隣には道路を挟んで

大きなお屋敷が立っていた。

敷地500坪はあるだろうか?大きな塀で囲まれ、植木が立ち並んでいて中の様子は

良く見えないが、中央に本屋と車庫が並んでいた。我が家の近くには蔵と平屋の部屋が

建てられているのは見えた。近所の方に聞いた話だと、この辺の大地主で、大金持ちと

言う事だった。住んでいるのは、60代(男性)とその孫16歳(男)の2人で、息子夫妻は

海外で生活しているとの事だった。

60代の男性は、気難しくかなりのケチ!孫は不良で、我が家に近い離れに住んでいた。

新居に引っ越して1ヵ月も過ぎた頃から、隣の孫の所は溜まり場となり、多くの不良が

集まっていた。我が家の隣の道路には無断駐車のバイクが毎日止まっていた。

近所の住民は困っていたが、関わる事を嫌い誰も何も言わなかった。

彼らの集会はだんだんエスカレートし、深夜でも構わず大声で騒いでいた。

私達の家は一番迷惑を被っていたんです。日に日にストレスも溜まり、遂に私は爆発して


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年2月20日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】妻の欲望【体験談】

妻の尻は本当に魅力的で、ミニスカートを穿いたときなどは、どんなパンティを穿いているのだろう。あの下着のままの尻を見てみたいと、後ろから見ていると、自分の妻でもそう思ってしまうほどだ。小柄で、顔も童顔で男好きのする妻である。

この妻の、裸体を、何らかの形で、他の男に見せてみたい。ごく自然なシチュエーションで。と考えるようになっていた。

妻は、普段は、貞淑な妻を演じているが、ご無沙汰したあとの夜などは、激しく燃える。

セックスなどしたことありません。Hな事など私はした事がありません。といったように装っていますが、感じているときは、桃尻を激しく振ってもだえています。

この妻にも、男に対する欲望は強いものがあると思います。特に、普段は、男性の前では、恥ずかしそうに、上品に振舞っていますが、妻は、イケメンには弱いので、イケメンの男には、少々のことは許すのではないかと思っていました。

ある日、居酒屋に二人で飲みに行ったとき、そこに飲みにきていた、男2人(そのうちの1人が、かなりのイケメン)が、私たちに話しかけてきました。妻は、Tシャツにミニのスカートで、かなりの色香をかもし出してきていました。その男たちは、明らかに妻が目当てで近づいてきているのは見え見えでした。

だんだんと話が弾むにつれて、男たちは、Hな話もしてきましたが、妻は恥ずかしそうな顔はしますが、いやな顔など一切しません。

それどころか、イケメンの男に、色々と話しかけているではないですか。そのイケメンの男も、妻が自分に気があると感じ始めたのか、徐々に言動から、行動まで大胆になってきました。

私に遠慮してか、伺いを立てるように私の顔をチラチラみながら、「奥さんは、本当に魅力的ですね。一度で良いからこんなきれいな奥さんのおっぱいや、お尻に触れてみたいですね。なあ、B君」と隣の友達に話しかけています。私は、このような成り行きをひそかに期待していましたので、真面目で弱気な主人を演じて、普段の願望が、現実になる事を期待していましたので、妻に、「なあ、お前、こんなに褒めてもらって嬉しいだろう。横に座ってもらって、もっとお前の魅力を見せてあげたら」と、言ってしまったのです。

妻は、恥ずかしそうに顔を赤らめながら、「はずかしいわ。初めての男性だし。でも、横に座るぐらいなら良いですけど」と、言って、OKしたのです。すると、イケメンとB君は、私のほうを見て、「奥さんの了解が出ましたので、奥さんの隣に座っても良いですか。」と言うなり、わたしと妻の間に割り込み、妻は、2人の男に、挟まれてしまいました。そして、楽しそうに話に応じている妻を見ていると、普段は、貞淑そうな妻を演じていても、やはり1人の女だ、他の男に対する興味やら、ひそかな欲望を持っていたんだな。と思った。

そして、時間と共に酒を勧められ、妻もふらふらの状態になってきていた。妻は、イケメンのほうに顔を向け、寄りかかりそうな程になっていた。それとも酔ったふりをしているのか。

そして、妻が、トイレに行きたいといって立とうとしたとき、イケメンの男の前で、倒れてしまい、ちょうど、イケメンの男に抱きかかえられるような形となり、ミニスカートの尻が、突き出すような状態になり、清楚な、しかし、小さな花柄のパンティがあらわになってしまったのです。

妻は、ふらふらで、自分で立てる状態ではありません。男たちは、「どうしましょう」とわたしの顔を見ましたが、わたしも酔っていたので、「妻が少し歩けるようになるまで、そのままにしておいてやってください。」というと、男たちは、妻の尻をみたり触ったりすることに許可を得たと解釈したのでしょう。

男たちは、妻のミニスカートを尻が丸出しになるまでめくり上げ、小さな花柄のパンティを尻の割れ目に食い込ませ、2人で妻のプリンプリンとした、身体の割に豊満な尻をじかに撫で回しています。

わたしたちの席は、衝立で、他のお客からは、はっきりとは見えない席でしたが、他のお客がトイレなどで通路を移動するときには、はっきりと見えてしまうのです。トイレに行くほかの男が、うらやましそうにこの光景をじろじろと見て通りました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2014年2月19日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【人妻】妻の噂話をするバイトの男たち 続き【体験談】

妻は目の前に出された巨根を自分からくわえこんで「おっきのが好き」と信じられないことを言ったみたいだった。僕は若者の言葉を信じたくなかったが、どうしても嘘を言ってるようには思えなかった。

というより今まで自分が抱いていた妻のセックス嫌いが嘘ではないか?という疑念が確信に変わっていた気がしました。

「それで○○さん興奮し始めてガンガン首ふってじゃぶりだしたんすよー、すげー「ジュボッ、ジュボッ」とか音出して。俺のデカいから半分もはいんないんすけど、それでも喉奥まで自分で突っ込んでくんすよー。あれ相当なM女っすよ。」

「え、そ、そうなんだ・・・すごいね・・・(M女って・・・)」

「で、俺も入れちゃおうかなって思ったんすけど、めんどくさかったからそのまま口の中に出しましたよー。すげー出ちゃったんすけど、あいつ勝手に飲み込みましたよー。マジでスケベな女っすねー、つーか人妻ってみんなエロいっすからねー。」

「え、飲んだ?す、すごいね・・・(俺のは一度も飲んだことないのに・・・)」

「そうっすねー、その後も全部吸い出すみたいにずっと掃除してましたよー。相当精子好きっすね」

「そ、掃除?あ、そうなんだ・・・」

「そーなんすよー、それが一昨日の話で、今日も午前中隙みて一発抜かせましたよ」

「え?抜かせた?」

「ええ、そっす、午前中の休憩の前に従業員トイレの掃除してたんすよ、そしたら○○が休憩だよって声かけてきたんで、思わず個室に連れ込んでチ○ポ出して「しゃぶって」っつたら「ちょっと、ダメだよ」とかいってましたけど、先っぽつっこんだらまた勝手に首ふりだしてジュボジュボしゃぶってくれましたー、いい便所女みつけましたー、このバイト最高!」

「す、すごいねー・・・(こいつ人の嫁を便所女って・・・)」

「で、しばらくしゃぶらせてたんすけど、誰か人が入ってきたから中断してたらマ○コいじりたくなっちゃって、○○を便座に座らせてスカートめくってまんぐり返ししてパンツ横にずらしてやったらマ○コビッチャビチャ。すげーんだもんマジで。濃いめのマ○ゲが濡れちゃってビラビラに絡まっちゃてるぐらいヌルヌルしてんすよー」

「そりゃ大袈裟じゃないの・・・(あいつはそんな濡れやすい体質じゃないはずだ・・・)」

「いやいや、全然大袈裟じゃないっすよー、マジでパンツ生地が水分吸収できなくなって表地まで染みでてんすよ?変態っすよあの女」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年2月19日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

このページの先頭へ