最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【学校】塾の教室で【体験談】

これは僕の体験談じゃなく僕の友達の話です。

ある日塾で竹之内という女の子が課題を終わり帰りの用意をして帰って行きました。

塾の先生と話をしていたのでまだ塾にいたようです。

僕の隣に座っていた友達がその女の子がプリントを忘れていった事に気づきその女の子に渡すとその女の子が、

「ありがとー♡優しいなぁ♪」

と、大阪弁で一言♡ヽ(=´▽=)ノ

もう、非リアの僕にとってはもう、 萌え萌えニャンですよ(笑)

大阪弁の中学生♡しかもModelクラス♪アニメっぽでしたよw

そんなチャンスほしかったなぁ(´Д⊂ヽ

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2017年12月24日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【寝取られ】ロリ妻環奈と高校生の彼氏 完 【体験談】

妻がイケメン高校生のタケル君とデートをする。それは、ちょとしたゲーム的な物だと思っていた。デートというものに対するただの好奇心で、すぐに終わるものだと思っていた。

デートといっても、公園とかせいぜいカフェにでも行く程度……そう思っていた僕の目の前で、環奈は大きな口を開けてタケル君の若いペニスを口に含もうとしている。



確かに、タケル君のものを口でするとか、口に出されたアレを飲むとか言っていたが、そんなのはただの煽り文句で、嫉妬して変な風に興奮する僕をからかって言った言葉だったはずだ。



それなのに、クローゼットの中に隠れる僕の目の前で、今まさにタケル君の立派なペニスを口にしようとしている。





僕の目の前には、ツインテールに、花柄のミニスカートとブラウスを着た、どう見ても未成年の環奈がいる。胸もぺったんこで、ブラのサイズもAAカップという、そんなサイズがあるんだ……と思うようなサイズだ。童顔で、アニメキャラみたいに可愛らしい顔立ちの環奈は、それでも実年齢27歳だ。アニメ声優の永遠の17歳というような無理無理な感じではなく、実際にどう見ても未成年という感じの環奈。



それが今、僕たち夫婦の寝室で、大きく口を開けて他人棒をくわえようとしている。

あぁ、やめてくれ……そう思う僕の目の前で、タケル君のペニスをくわえた環奈。それを見た瞬間、僕は目を閉じてしまった。夢なら醒めてくれ……そんな気持ちで目を開けたが、環奈はリズミカルに頭を振り、フェラチオをしていた……。



自分の愛する妻が、他の男のモノをフェラチオするのをみて、僕は思考停止してしまった。止めに飛び出ることも出来ず、ただ見続ける僕。




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2015年3月6日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【M男・痴女】女子更衣室の秘密 【体験談】

「ようやくこれを実行に移す時が来た。」僕は手製のカギを握りしめて震えた。

インターネットで手に入れたカギの簡易複製キットで作成したカギ。

オリジナルのカギは全校集会で貧血で倒れたふりをして無人の職員室から10分だけ拝借。粘土で型を取った。



年上のお姉さんと付き合うのを夢見て、全寮制の中高一貫校に入った。

実際に待ってたのは、この背の低さと童顔からくるカワイイキャラの定着。



高等部や中等部3年の上級生、中2の同級生はもちろん下級生の女の子、果ては男にまで「かわいい」呼ばわりされる。

実際、学校のイベントのときにはアニメキャラの女の子のコスプレをすると、下手な女子より受ける始末。



でも本当は男としての性欲が人一倍強くて、休みの日は朝から晩までチンチンをいじっている。

とにかくお姉さんが好き。全寮制とはいえ男女で棟は違うけど、食堂なんかは共用。一日中回りに大好きなお姉さんたちが居る。でも触れることもできない。せめて、このたまりにたまった鬱憤を晴らしたい。

それで思いついたのがこの作戦。



日が傾き、廊下は陰り始めた西日に照らされている。学校の裏は広大な林なのでヒグラシの声が鳴り響く。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2015年1月27日 | エロ体験談カテゴリー:M男・痴女の体験談

【お姉ちゃん】ロリ系な姉2【体験談】

「圭ちゃん・・・き・・・」無防備な姿のまま裕美姉は呟く。「!?・・・裕美姉・・・?」寝言とすぐに気付いたが胸が強く鼓動を刻む。「圭ちゃん・・・好き・・・だよ」「えっ!?・・・」裕美姉の言葉が脳内でリピートして、次第に心臓が刻むリズムが早くなる。「(今の・・って、告は・・く?)」心境は複雑な感情しか感じさせてくれなかった。今までは、すこし困った事をしてくれる厄介だけど可愛い[姉]くらいの意識しかしていなかった。てっきり裕美姉も同じ様な意識、または認識しか持っていないとばかり思っていた。でも今のは明らかに告白だった。「ど・・・どうせ寝言さ。第一姉弟なんだし・・・。」理性がそう呟かせる。「・・って、やばい遅刻だっ!!」朝食もとらず家を飛び出して圭司は学校へ急いだ。ただ、突然の姉からの告白にお教のような先生の話が1mmたりとも入る隙間など無い事は、言うまででも無いであろう。「・・はぁ」家に帰ったあと自室へ直行すると圭司はベッドに身を投げ出した。「・・裕美姉ぇ・・・」その後すぐに、圭司は落ちる様に眠りについた。

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年2月12日 | エロ体験談カテゴリー:お姉ちゃんとの体験談

【人妻】中2男の子【体験談】

ぼくホモなんです~

ぼくのアナルほじってください~

浣腸もしてください~

ちんこもいぢって~

ghostreacon-future-soldier2452アットエーユーあああいく~



ああ~



ああ~

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月28日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【お姉ちゃん】ロリ系な姉1【体験談】

俺の名は早馬 圭司。一応高校生だ。というの殆ど学校にはいないから高校生と言えるのかは謎だ。え?ふだんは何してるかって?土手でさぼりか学校の屋上で寝てるな。・・・って、そんな事どうでもいい!今からする話は、俺の姉早馬 裕美との話だ。「・・・ふぁ~・・・」午前11時に目が覚めるのが彼、早馬 圭司の日課だ。普段ならば、この後すぐに姉の裕美があの手この手で起こしにくるのだが、今日は違っていた。「(ん?なんかいつもより布団が温い?)・・・。」彼はすぐに異変に気づいた。「・・・アンタは人の布団でなにしとんじゃー!!」布団の中で裕美が寝ていた。裕美は童顔で華奢な体格をしているため。実年齢より幼く見える罪作りな人だ。さらに家族だからと家の中では薄着姿でいるということも多々あるので男としては目のやり場に困る。とにかく裕美姉は罪作りな人なのだ、薄着の時に気付いたのは小柄な体格の割に胸が大きいのだ。おそらくCかDカップほどはあるだろうか。そんないけない体が無防備な姿で横たわっている。「・・・。」裕美姉は起きる様子もなく、寝息を立てて寝ている。「(こうして見てると、やっぱこの人は罪作りな人だよ・・・)」

エロ体験談検索用タグ

||||||||||

2014年1月26日 | エロ体験談カテゴリー:お姉ちゃんとの体験談

【友達】エロノートz【体験談】

さあ、いよいよ、女性器への拷問の時間だ

覚悟してね。男は嬉しそうに宣言した。

すでに、ここまでの拷問で6歳のしずかの体はぼろぼろだ。拷問わ始める前にもう一度だけ犯しておこう

無理やり犯し始めた

しずかの悲鳴があがる

(うぎゃあああ、痛い、いたい、いたいい・・・)

その声を聞きながら男はいった。犯し終わると男は5cm四方の角材をとりだし、さらに有刺鉄線を巻きだした。

しずかは泣きながら

(、許して、許して許して、許して・・・)叫んでいる。何をされるかはわかっているのだろう。(じゃあ行くぞ)準備ができた男はそういうと性器に角材を押し当て一気に押し込んだ

ブチブチブチ・・性器の裂ける音が鳴り

角材が6cmほどはいった。

(いぎゃ・・&%$#”!”#$$#”#$%&%$#”#$$%&&’&&%%$#”%$%&&&%%)しずかは何かを叫んでいる。

男はさらに押し込もうとするが、どうしてもはいらないようだ。

男は金づちを持ってきた。角材をたたいて押し込むかと思ったがちがった。

ごきごきごき


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||

2014年1月17日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】どすけべコスプレイヤー調教。【体験談】

昨日は火曜日でとても晴れたいい天気だった。。仕事の関係もあり、コスプレイヤーさんと知り合う機会が多いので

良く言われるような偏見はない。。逆に素敵な自己表現の方法だなと思う。。自分の好きなアニメやゲームの衣装を着て、普段とは違う自分になることで

本当の自分を表現できたり、キャラクターになりきってその世界観の住人になったり。。それにとてもいいストレスの発散の仕方だと思う。。私の場合はコスはしないが以前付き合ってた彼女はレイヤーをしていたので

その心理や気持ちは良く分かる。。

いろいろとお金もかかるということも…ね(^^;話は逸れたが、今日は何人かのレイヤーさんから撮影会やイベの誘いがあったが

残念なことに仕事の関係で行くことが出来なかった。。久しぶりに会う女性もいたので無理してでも行きたかったが、こればっかりはどうしようもない。。まぁ、いい機会なので少しレイヤーさんのことを書こうと思う以前付き合ってた彼女もそうだが、レイヤーさんは見られたい、見て欲しいという願望が強い。。

撮影会でも少しきわどい写真を撮ることもあるし、実際カメコの方からポーズ要求があれば割と受けてくれる。。そのため、カラダの関係になってもその性格や希望することはコスしてる時とあまり変わらない。。コスしてHしたいというのは勿論のこと、撮影会では見せないいやらしい自分を撮影して欲しいとか、中にはコスしてキャラになりきって陵辱調教されたいというコもいる。。可愛い服を着た自分を汚されたい、辱しめて欲しい…そんな願望のあるレイヤーさんはとても可愛い。。

続きと写真はこっちで・・・http://s11.smhp.jp/69jj/blog/?id=69jj&cn=9&_cus=mgp2k3調教部屋はこっち

http://s11.smhp.jp/69jj/?_cus=lh5kjk&cn=918歳以上のメール調教や写メ交換したい変態M女はおいで。二人だけになったら、こんな感じで調教してやるよ・・・「もう欲しがってるのか?この淫乱娘が…」

「なんにも触れてないのに、なんでこんなになっちゃってんだ…?」

「そんな恥ずかしい部分を、どんなふうにいじくって欲しいんだよ?」

「そんなわがままな子には、お仕置きが必要だな…」

「自分でそんなとこひろげて、恥ずかしくないのか…?そのじゅくじゅくしたいやらしい器官がなんなのか、ひとつひとつ説明しなさい」

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2014年1月2日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【学校】TOLOVEる【体験談】

少年ジャンプでやってるTOLOVEるが大好きで単行本も全巻持ってて本当に主人公がうらやましい。それでマンガのシーンを再現したくなって祭りに女友達呼んでおもいっきりおっぱいを揉んだら平手うちされて親と先生にいっぱい怒られたでももっとやりたいと思って電車に乗りカーブが来たら巨乳の女の人のおっぱいに顔をおもいっきリつきつけたわざとじゃないんですすみませんと謝ってちがう電車に乗りもう一度おなじことをやったいまではそれが趣味になってしまった

エロ体験談検索用タグ

|||||||||

2013年11月25日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【友達】エロノートに書けば④【体験談】

しずかは朝から俺のところに来た。≪みんながいないときに馬に犯されたいです≫自分から馬に犯されたいと言うとはなかなか言えることではない。しかし、どのみち犯されるのだからあきらめているのだろう。

今日は机を用意してバックスタイルで手足を机の脚に括り付けたそして馬を連れてきてやった。挿入された瞬間悲鳴が上がった

≪うぎゃああああああああ≫心地よい叫びだ。≪ごがごあがあああああ≫深く挿入された。

≪‘#!#%&‘&%&‘&*‘%*&≫馬が腰を振り出したら悲鳴が言葉にならない。毎日でも聞きたいものだ。

馬が射精を終えた時にはしずかは気を失っていた。

しずかを起こし、まだ苦しんでいるしずかにいった。≪さあ、膣からこぼれた精液をコップに入れておいたから飲むんだ≫

しずかは言われるままに飲みだした。≪うぐぐぐ、ごくごく≫苦しみながら飲み干したのを見ておれはしずかのあそこをタイム風呂敷で元に戻してやった。これは、昼からさらにいじめるために戻しただけだが・・・

≪昼休みにトイレに来い≫俺はそれだけ言って教室に戻った。

昼休みにトイレに来たしずかを個室に入れ俺はしずかを犯すことにした。≪妊娠したら大変だからコンドームをつけるか≫というとうなずいたので、特性のコンドームをつけることにした。画鋲がまわりに20個ほどつけてあるやつだ。コンドームを見たしずかは≪許して、そんなのひどすぎるわ、お願いやめて≫懇願するが無視していった。≪おまえがうんと言ったからだろう≫

おれはコンドームをつけて犯し始めた最初はなかなか入らなかったが、無理やり押し込んでやった。

≪痛い、うああ#!#%&‘&%&‘&*‘%*&≫叫びだしたが無視してそのまま、腰を振り続けてやった。行きそうになったので一度やめて言った≪もう少しで行きそうだからあとはしずかが自分で腰を降るんだ≫言われたとおり自分で腰を振り出した一回一回が激痛のはずだ。常に≪‘#!#%&‘&%&‘&*‘%*&≫とわけのわからない悲鳴をあげている。20回ほど俺はイッテしまった。最高の気持ちだ。しずかは膣から血を流して倒れこんでいる。

おれはコンドームをほうきの柄につけて倒れているしずかの肛門いに突き刺してやった。もちろん画鋲はついたままだ。

今日一番の悲鳴を上げたあと、気をうしなったようだ。今日は膣と肛門はそのままにしておいた。1日中痛みで苦しむだろう

トイレに行くたび地獄の痛みに耐えなければならない。明日必ず治してくれと頼むはずだ。その引き換えになにをさせるか考えておかないといけない。あああすがたのしみだ。

エロ体験談検索用タグ

|||

2013年9月26日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 41234

このページの先頭へ