最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【フェラ・クンニ】彼氏のいる純朴なJKをケツ穴奴隷にした記録2 【体験談】

雨の日に、自転車で私のBMWに突っ込んできた芽依。まだ女子校2年だ。今時珍しいほど真っ黒な髪に、真面目そうな黒縁眼鏡をかけた彼女は、実際真面目で、私の言いなりにする事が出来た。



ただ一点、付き合い始めたばかりの彼のために、処女だけは奪わないで欲しいと懇願してきたので、私は彼女をケツ穴奴隷にすることにした。



繰り返し浣腸をされて、腸内のモノをすべて出し切った芽依。排泄する度に、涙で顔をグチャグチャにしながら絶叫していた芽依……。

『も、もう許して下さい……。見ないで……うぅ……』

若い女の子にとって、繰り返し繰り返し排泄姿を他人に見られてしまうのは、耐えがたいほどの恥ずかしさがあったと思う。



彼女は、湯船の縁に身体をもたれかからせるようにして四つん這いになっている。色気のない黒縁眼鏡と、今時ではない真っ黒で地味な髪型の彼女。その裸体は、少女と成熟した大人との中間にあるようで、くびれは少なく子供っぽいのに、胸はDカップ以上はありそうな感じだ。



私は、この何色にも染まっていない少女を、メチャメチャにして私色に染めたいと思っていた。



「彼にも見せたことない姿を、こんなおっさんに見られて、どんな気分?」

私は、わざとからかうような口調で言う。

『うぅ……。ゴメンなさい……。見られちゃったよぉ……』


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||

2015年6月20日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談

【複数・乱交】旧友達の前で満開にさせられた妻 【体験談】

妻は裸身を必死に隠そうと体を縮めてブルブル震えていた。

それを見て俺は段々心が冷めていった

あかの他人である男達の前では、大股開いて何もかもを見せていたのに

夫である俺の前では、そんなに必死に隠すのか。

そんな珍妙なことを考えていると、いつのまにか冷静になっていた。



「これは、どういうこと?」既に声は幾分穏やかなものになっていた。

妻はぶるっと身を震わせただけだったが、男達は互いに顔を見合わせてから口を歪めた



「冷静に聞けよ。田近から5万で菜緒ちゃんを抱けるって聞いて」

「そ、そうなんだよ。5万は高過ぎると思ったけど、あの菜緒ちゃんが何でもしてくれるって聞いたから」



俺はテーブルの隅に置いてあった一万円札をくしゃくしゃにして床に投げつけた



「ま、まだ、何もしてないんだ、本当だよ、なあ木島」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2015年3月4日 | エロ体験談カテゴリー:複数・乱交の体験談

【人妻】面接試験【体験談】

真理は、朝から心が弾んでいた。24歳で結婚して5年、29歳になる今日まで、ずっと家で主婦家業をしていた。それがパートの仕事を探しはじめたのが半月前。20社以上、面接に行ったのだが、どれも門前払いも良いところだった。



それが、今日はかなりの手応えを感じていた。数店舗あるスーパーの売場の仕事なのだが、手違いで、給料を一桁少なく出していたのだ。いくら不況で、職を探すものが多いとはいえ、時給80円では、何か怪しい仕事と思われても仕方がないのだろう。



ところが気になった真理が、試しに電話してみて、そういった事情がわかったというわけだ。



不況の中、特に特技のない真理が職を見つけるのは無理だと夫には笑われていたが、その鼻をあかすのも、もうすぐだ。



職場は、デパートの下着売場だった。



 「下着を売るからには、下着のことを良く知った人でないと、つとまらないんですよ。お客様に勧めるわけですからね」



面接の面接官は、そう言った。



 「では、今つけている下着を見せてもらいます」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||

2014年5月12日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【彼氏・彼女】目撃された秘め事【体験談】

 僕は大学に入るまで童貞。しかし、同級生の女の子と付き合うようになりました。

 夜、大学構内や地下道の入口のようなところなど、人目のないところを選んでは、彼女を抱きしめ、キスし、彼女のシャツのすそから手を入れ、ブラのフォックを外して、彼女の胸を揉みました。初めて女の子の胸を直接触った時は、その吸い付くような、何とも言えない柔らかさに驚きました。そして、先端には、かわいい蕾が・・・。そこを中指と人差し指ではさんでくりくりすると『あ・・・』と彼女はかわいい声を漏らし、くねくねと身もだえするではありませんか。直接見えていないだけに、自分の手に伝わる胸の感触と、腕の中の彼女の反応が、鮮烈な印象となって残っています。いやあ〜初めて異性の体に触れるのって、ドキドキドキドキしたよな〜。



 それから2月ほどで、僕と彼女は結ばれました(経験ないってことはいろいろ大変だったあ!!!ここでは略)が、学生には、何かと障害があるものです。

 僕と彼女の場合は、僕は自宅通学。彼女は下宿でしたが、いわゆるアパート住まいではなく、数人の女の子と、1つの家に部屋を分けて下宿している形でした。

 当然男子禁制。学生では、デートごとにホテルに行く金などあろうはずもなく、しかし、そんなこととは関係なく、彼女への思いは高まる一方だし、さらにそれとも関係なく、僕の精巣には、出しても出しても精子が作られ、72時間もすれば満タンになってしまうのです(オトコって単純だー!)。そこで・・・・。



 僕と彼女は、誰もいなくなった深夜の「教室」で2人の時間を持つようになりました。

 誰にも見られていないのを確認して、2人ですっと教室に入り、カギをかけ、カーテンをひきます。

 そしてキス・・・彼女の体を抱きしめ、全身をなで回します。そして、彼女を半裸にしていきます。

 上着を脱がせ、ブラウスのボタンを空け、Tシャツならばたくし上げ、ブラのフォックを外します。ブラをずり上げ、胸をあらわにし、その先端のつぼみに唇を触れます。

 全部服を脱がすことは出来ません。最悪のことも想定しなければなりません。

 彼女は、声を出すのを我慢していたと思います。しかし、すぐそばで彼女に触れている僕だけには、彼女の押し殺すような喘ぎが聞こえてきます。



 「あっ・・・あ・・・・」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||

2014年2月20日 | エロ体験談カテゴリー:彼氏・彼女との体験談

【彼氏・彼女】「今までお世話になりました。代わりは置いていくのでご自由にお使い下さい。」 【体験談】

妻は付き合い始めた時からAVだけは観ないでと言い続けていたので、携帯にダウンロードしまくっていたんだが、その中でどうしても気に入った動画があった。

五十嵐こころの『パイパンメイドこころ』。正直かなりお世話になった。観ていたらこれだけは買うべきだと思い、通販で買ってしまった。

妻と同棲してからは段ボールの奥深くに入れておいて見つからないようにしていた。結婚を機に荷物を全部出した結果、妻に思い切り見つかってしまった。

怒られると思ったら「こんな趣味あったんだ…」と言っただけで終わった。意外と平気なんだと安心したが、次の日会社から帰るとテーブルの上に『パイパンメイドこころ』、その上に書き置きがあった。



「今までお世話になりました。代わりは置いていくのでご自由にお使い下さい。」と書き置きがあった。

今まで喧嘩したことがなかったので頭が真っ白になり、よく見たら二人で選んだソファーがないし、持って行かれてしまった。最悪だと思い、とりあえず妻の部屋を見てみると、そこにソファーがあり、その上にメイド服を着た妻がいた。

何百回と観たから分かる。まして大好きな妻がメイド服を着ているというだけでかなり興奮した。あまりによく似合っていたので、すぐ襲いかかった。

キスしても目は開きっぱなしで恥ずかしかったが、いつもさせていないフェラを顎を引かせて、口に入れただけで出そうになった。

下着もピンクを着ており、DVDを観たことにも興奮し、妻もいつも以上に濡れていたので、下着を脱がせると、下の毛が全部無かった。



そこまでしてると思わなかったので、妻の顔を見てみると耳まで真っ赤になっていた。それがあまりに可愛く、顔を見ながら、何十分も舐めた。たまにビクッとなっていたが、気にせず舐め続けていた。

正面に立ち、指を入れてわざと音を出させながら妻の顔を見続けた。若干唇を噛んでいる感じに我慢出来ず、映像通りに生で挿入した。

あまりに熱く、動く度にグチャグチャいうので、すぐ出そうになり、時折動きを緩めたりして必死に耐えて、バックに移行したが、普段は恥ずかしがって電気を消すので、今回は妻のお尻の穴までじっくり見ることが出来た。

本当に我慢の限界が近づいてきたので、正常位に戻し、そのまま妻の目を見ながら、中に出しました。いつも以上に長く痙攣し、頭も真っ白になったのですが、妻を抱きしめて、『ありがとう、凄い気持ち良かった』と言と伝えました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2013年9月26日 | エロ体験談カテゴリー:彼氏・彼女との体験談

【彼氏・彼女】萌ちゃん 4 【体験談】

6年生も残りあとわずかになった冬の日。

僕はまた萌ちゃんの部屋にいた。



毎日のように萌ちゃんの部屋に行ったが、行くたびにエッチなことをしているわけではなく

普通に話をして帰るのがほとんどで、たまに萌ちゃんのエロテンションが高くなった時だけ

秘密の行為をした。



僕のアソコは相変わらずツルツル。射精もまだ未経験でまだまだ子供という感じだった。

「ねえ、いつになったら生えてくるのよ。もう。」

なかなか萌ちゃんが待ち焦がれている状態にならず、

朝顔のつぼみみたいなオチンチンって感じで、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。



萌ちゃんはこの時すでに身長が162、3cmくらいはあったように思う。

アソコの毛も順調に生えて来ててどんどん大人の女性になってゆく。

置いてかないで〜って感じでした。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||

2013年8月9日 | エロ体験談カテゴリー:彼氏・彼女との体験談

【浮気・不倫】彼の子供【体験談】

彼と最初に出会ったのは、3年前。家に遊びに来ていた高校生の頃。息子の友達で少年そのもの。彼は、美容師になる夢を持っていて、その頃から息子の髪も切ってくれていました。

息子は地方の大学に進学し、主人も3度目の単身赴任。月に2回程度しか戻ってこれない距離。

ある日、息子からの電話。「あいつのモニターになってやって欲しい」

私の髪を切らして欲しいと息子経由でお願いしたらしい。でも、大丈夫なのかしら・・・?

その次に日、彼からの電話で、「髪を揃える程度の少しだけなら、いいわよ」と返事していました。息子の友達だし・・・

何度か、休日に、家で揃えてもらいました。お話している内に、彼の夢やしっかりした気持ちを持っていることなんかが見えて来て、いつしか彼を見る目が変化していたのは確かでした。

ひとり家事をしたりぼんやりしている時には、いつも彼の事を考えているようになっていた私・・・最近の私はどうかしている・・・彼は息子の友達・・・でも・・大人びた気持ち、体格、男臭さ、優しい心遣いや機転、女の話に付き合ってくれる・・料理中に、指先を少し切ってしまった事もありました・・・

メールのやり取りや電話でお話しするようになっていた頃。でも・・だめ・・・そんな時、昨年の11月、彼から「どこかに行きませんか?」とメールをもらいました。

それは、デートのお誘いなの?・・・私は、ひとり少女の様にドキドキした気持ちを高揚させ、赤くなり、胸が苦しくなっていました。

その日、彼は自分の中古車でドライブに連れて行ってくれました。なぜか新鮮で、息子の事や家庭の事等、どこかに忘れていた瞬間でした。ドライブインでお昼を食べ、車の中で彼は自分の女性像を語ってくれました。年齢は別にして私が彼の未来の理想像であると言ってくれました。それは、結婚するんだったら、私みたいな人である事だと・・・そして、すごく子供が好きである事を語ってくれました。「自分の子供がいたらなあ・・・」なんて。「利恵さんなら、いいなあ」なんて。私は、答えに困りました。

11月、2度目のデート。地方の街で映画を観ました。サスペンス映画で、彼は私の手を取り、ずっと握ってくれました。時折、びっくりするシーンも、彼の手の中で、安心して観れました。帰り道も、車の中、彼は私と指を絡めずっと手を繋いでくれました。

12月、3度目のデート。少し早く二人だけでクリスマスをし、小さなケーキを食べました。彼の車、後部座席。ショートケーキを食べました。彼がフォークで私に食べさせてくれたのには、すごく恥ずかしかったけど嬉しかったかな。私も、彼にフォークで食べさせてあげました。口周りに残るクリームをティッシュでぬぐいかけた時、彼が私をそっと抱き寄せ、「取ってあげるよ・・」と、唇を重ねて来たのです。あっという間でした・・・彼の唇が重なり、私は力なく彼に抱き寄せられていたのです。優しく、唇で私の口を綺麗にしてくれました。口紅まで落ちるくらいに・・・

彼の腕の中で見つめ合い、無言のままもう一度、抵抗なく彼に唇を奪われていました。「これからは、名前で呼びたいんだ、いい?」「うん」・・・「り・・え」恥ずかしそうに、彼は私の名前を呼び捨てで読んでくれました。私は、そっと俯いて少女みたいに赤面していました。

私は彼へ、彼は私へ買っておいたプレゼントをしました。彼へのマフラーはすごく気に入ってくれました。私へのプレゼントはピアスでした。耳にはピアスの穴は開いていないのを知っているくせに・・?

「利恵を一人の女として見ているんだ・・付き合って欲しい」「・・・」私は、その日、返事ができませんでした。気まずいまま、帰路に。駐車場でお別れする時も、手を小さく振るのが精一杯でした。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2013年7月9日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【学校】由紀 【体験談】

高校時代はアパート生活だったんだよね。

学生寮っていうのかな。

そういうのが沢山建っているところでさ。

だから結構一人暮らしを満喫できた。友達も気兼ねなく誘えるし。

付き合ってた女の子も何度か遊びに来てたわけよ。



その日も彼女(っていうか、仲がいい友達)が遊びに来ててさ、いくら何度も来てると言っても、

やっぱし結構どきどきするわな。

部屋狭いからテレビを見るにはベッドに腰掛けるしかないし。

そうしたらな、東洋医学の特集番組が始まったわけよ。



東洋医学ってのは、まあ要するに針灸とかツボのアレだよ。

水着のネーチャンを実験台にして「やせるツボ」を押したり。

んで、ツボ師がビートたけしに突っ込まれたり。




このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2013年7月7日 | エロ体験談カテゴリー:学校での体験談

【妹】男の子にえっちないたずら 【体験談】

この前の夏、中2の妹といっしょに、親戚の小学6年生の男の子にいたずらしちゃいました。

夏休みに遊びに来てたりゅうくん(いちおう仮称です)っていう子なんですが、色が白くて、背が低く(3年生くらいにしか見えない)少しぽっちゃりしているけど、女の子みたいにかわいい子なので、はじめて会ったときから、エッチないたずらしたいなと思ってたのです。

最初の夜に三人でカードゲームをやったのが、気に入ったみたいで、それからずっとやろうやろうって騒ぐから、「三回つづけて負けたら、罰ゲームなんでも言われたことやるんだよ」って言ったら、ゲームやりたさにそれでもやるって言うもんだから、妹と二人で三回連続で負けさせちゃいました。

罰ゲームは、近くの市民プールの女子更衣室で着替えることでした。

りゅうくんはいやがって抵抗しましたが、約束だし、見かけより幼く見えるから私たちといっしょに行けば大丈夫よ、と言ってむりやり連れて行きました。

女子更衣室は、夏休みなので小中学生の女の子ばかり20人ほどがいて、混み合っていました。りゅうくんは、もともとおとなしくて恥ずかしがりやなので、すみっこのほうでもじもじして、なかなか着替えられません。

妹に「はやくしなよ、男の子でしょ」と言われて、しぶしぶ着替えはじめました。

真っ赤になりながら、上半身を脱いで、腰にタオルを巻き、それからズボンをぬぎました。

いよいよパンツ脱ぐぞーと興味しんしんで見ていたら、なんと妹は「男のくせになに恥ずかしがってんの」と言って、腰に巻かれたタオルを引き剥がし、あっという間にパンツを脱がしてしまいました。

あっ、と言ってりゅうくんが両手で股間を押さえたので、私にはおちんちんは見えなかったけど、りゅうくんはもうすっぽんぽんで、かわいいお尻も丸見えです。

私はりゅうくんのそばへ行き、下に落ちた海水パンツを拾って、「手が使えないでしょ。私がはかせてあげる」と言って、足に引っかかっていたパンツをはずし、海水パンツをはかせようとしました。

りゅうくんは、あまりの恥ずかしさで首までまっかっかで、動転してうまく足が入りません。

何度かくりかえしていたら、また妹が「こんなとこ、手で押さえてるからよ」と言って、股間をかくしているりゅうくんの両手をつかみ、力まかせに手を引っぱり、ばんざいのかっこにさせてしまいました。

とうとうりゅうくんの一番はずかしいところがさらけ出されてしまいました。

しかも、しゃがんでいる私の目の前です。こんなに近くでおちんちんを見るのははじめてでした。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||

2013年6月4日 | エロ体験談カテゴリー:妹との体験談

【寝取られ】【微改変】リストラ代妻【体験談】

 つづき(全編載せてます)



昨年リストラされて転職活動してきたが

箸にも棒にもかからず

OA機器の営業で15年やってきたけどどうにも潰しがきかない

他業種の営業にもチャレンジしてみたがやはり畑違いとのことで

門前払い受けることも多々あった

家族は妻と5歳の娘の三人暮らし

妻には失業してることも転職活動してることも内緒だった

今夜は妻の得意料理「ロールキャベツのボルシチ」が夕食

家族みんなで箸をつつきながらいつもの団らんを過ごしていたが

もう限界だった 俺は食事中泣いてしまいとうとう妻に打ち明けてしまった

でも妻は既に察していたというか気付かれていた

ここしばらく銀行口座に入金が無いからと

そして妻は来週から夜の仕事を始めるからとあまり思い詰めないでくれと言ってくれた


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2013年5月11日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談
1 / 41234

このページの先頭へ