最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【同僚・上司】部下の女の子を出会い系で見つけた件 【体験談】

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/11/26(火)00:17:42.50

立てば





2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/11/26(火)00:18:0119

要点を聞こう、話はそれからだ





>>2

いや、スレタイのとおりなんだが





7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/11/26(火)00:19:31.43

>>4

お前が喰っちゃったってオチだな


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2014年12月5日 | エロ体験談カテゴリー:同僚・上司との体験談

【同僚・上司】会社の部下(女)が掲示板に投稿してるんだが…www 【体験談】

1以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火)00:17:42.50



立てば



2以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火)00:18:0069



要点を聞こう、話はそれからだ



ホモスレならそっ閉じ



>>2

いやいや、ホモじゃねーし

部下の女の子の話だ



7以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/06/26(火)00:19:31.43


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年3月25日 | エロ体験談カテゴリー:同僚・上司との体験談

【友達】夏日和【体験談】

あけ放った縁側から田舎道をはさんでさわさわ竹林をなびかせる涼風に頬をなでられ、

さかさまに見上げる垣根とひさしで陰になっていても午後の日ざしはうだるようで、肩甲

骨までまくりあげられたワンピースの下、こんなにもひんやり気持ちいい畳にシャワーを

浴びたばかりの裸の背中を横たえさせているというのに、一本づつ深々とからめた指の先

までも汗ばみ、びくんびくんといやらしく背中が跳ねて、そのたびに彼女にコントロール

される体がきゅぅっと芯から引きつってしまう。

 からめとられ、ほどきようのない……聡美さんの指は、しなやかでとてもエッチなのだ。

 純和風のほっそりした面立ちにものやわらかな笑みをたたえ、しっかり右手はあたしと

つないだまま、自由な方の手が下半身めがけてつぅっと肌を焦らすようにとろかすように

這っていく。

「我慢しないで。律子ちゃんの声を聞かせて、ね」

「あ……あ、あ」

 必死で腰を浮かすのによつんばいで膝をつく聡美さんからは逃れられず、前後同時に指

の腹でふにふになぞられ、柔らかく熱した鋭敏なふちを2本の指で開かれたまま、ぎゅっ

と我慢してた後ろのすぼまりのまわりを揉みほぐされちゃうと、もう頭なんかまっしろ、


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月20日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【浮気・不倫】非恋愛体質【体験談】

今年の1月の話。



俺は32の既婚。



嫁さんともそこそこうまくいってる。



彼女はひとつ年下で、ラボの後輩。



同じく後輩の男ともう4年近くつきあっていて、公然の仲。



しかし、5年前に俺が彼女を振ったことは誰も知らない。



彼女を仮に美子、俺を隆とします。



美子の彼氏は半年前から別の大学のラボに移っていて、遠距離だった。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年2月14日 | エロ体験談カテゴリー:浮気・不倫の体験談

【近親相姦】義弟 真琴【体験談】

結婚してもう二年が過ぎました。

夫はいま単身で東京に。半年の期限だつたので、彼の家族と同居している事でもあり、彼が一人で赴任しました。

夫は月に一度帰宅します。また私も月に一度彼の住む東京のワンルームに行き、掃除や洗濯そして料理・セックス・・。

 月に2回ほどの逢瀬でなんとか我慢をしています。

だいたい2泊3日の予定で行き来しています。

今は三月めになりました。あと半分の我慢です。

まだ若い彼の両親と、彼の弟で高校3年の受験生との生活。義父も義母も共に働いています。パートの義母が大体の家族の面倒を見ています。



 長男の彼の結婚の第一の条件が家族との同居で、親の面倒を将来は観ることだったのです。

付き合う時からその話を彼はしていたので、覚悟はしていましたし、婚約した時から家族とも付き合いましたので、なんとなく自然に生活しています。

 彼は同じ大学の先輩で、三つ年上。地方公務員です。

東京の事務所への長期の出向なのです。



 私達はバスコントロールはしていません。

妊娠したら銀行を辞める積もりです。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年1月29日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

【手コキ】従弟の小学校6年生の祥くんと【体験談】

私は専門校を出て、幼稚園で保母をしている26歳の独身女性です。

私って少年趣味があるのかしら。

近所の子でも、小学生のかわいい男の子がいると、

つい目がいってしまうんです。



実は、今年のお正月に親戚の家に遊びに行った時の事です。

従弟の小学校6年生の祥くんと一緒にお風呂に入ったんです。

それで身体洗ってあげる〜って、どさくさを装って、おチンチンをなでたら

祥くんののおチンチンが見る見る大きくなってきたんです。

小学生でも大きくなるんですねー、びっくりしました。

すごーく可愛いの!大きくなっても、すっぽり手に収まるくらい・・・。

でも、ちっちゃかったけど、すっごい硬かったんです。

祥くんは、私に大きくなったおチンチンを見られてめちゃめちゃ恥ずかしがって

もじもじしてました。

大きくなったおチンチンはなかなか元に戻らないから


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|

2014年1月28日 | エロ体験談カテゴリー:手コキの体験談

【手コキ】幼馴染に剥かれて【体験談】

俺は中一の時だったな

幼馴染の2つ上の子に剥いてもらった



文章下手なのは諦めてくれ



夏休み終わり頃から俺夢精しだしたんだ。

俺かなりガキっぽいヤツでオネショだと本気で思ってたんだ。

ただネバネバして気持ち悪いんだけど、親にも言えずそのまま学校行ってたな。

問題は洗濯物出す時にばれるのが嫌で、学校帰りにスーパー寄って同じパンツ買って帰ったりしてた。



この夢精が2学期始まってからも続いて、俺マジで悩んでしまった。

オナニーとか何も知らなかったんだよな。

で、もう一つ、アレの皮が微妙に剥けそうになってたんだ。

剥けなきゃ異常ってくらいの知識だったんで、剥こうとがんばったんだが

痛くて剥けないんだ。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年1月23日 | エロ体験談カテゴリー:手コキの体験談

【盗撮・覗き】同僚の人妻援交の相手だった妻【体験談】

「おい、小宮。また新しいのが撮れたんだ。今度は上物だぞ!」

隣のデスクから同僚の佐々木が小声で話しかけてきた。

こいつの趣味にはちょっとウンザリしている部分もあるのだが、しつこいのでいつも適当に付き合ってやっている。

その趣味とは…、人妻との援交をビデオに収める事。

 

佐々木はデブでブサイクだから36歳の今も結婚できていない。

独身貴族で特に趣味も無いから有り余る金を使って援交に精を出している。

最近はまっているのが人妻援交で、出会い系で知り合った援交人妻を片っ端から喰っているらしい。

今までも何度か見せてもらったんだが、大体が汚いおばさんばかりで気持ち悪いだけ。

ブサイク同士がセックスしているのを見ることほど気持ち悪いものはない。

どうせ今回のも同じようなものだと思って適当にあしらおうと思ったんだが…。

「おいっ、今回の人妻はレベルが高いぞ。見てみろよ」

「お前も好きだねぇ。どれ、見せてみろよ」

他人のやった女の自慢なんか見てもつまらないだけだが、しつこいので適当に見てやることにしている。

「この女、絶対にスキ者だぜ。金なんかどうでもいいって感じだったからな」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||||||||

2014年1月22日 | エロ体験談カテゴリー:盗撮・覗きの体験談

【友達】小学生のおもらしと彼女のおもらし体験【体験談】

大学のとき彼女と旅行に行ったときの話、高速バスで移動中通路を挟んだ隣の席に母親と女の子二人の親子連れがいました。

母親は30代前半位だとは思うのですが品のある美人でした。子供はお姉ちゃんは小学校高学年くらい、髪を後ろで束ねてメガネをかけている地味な委員長タイプの子でしたが母親に似て顔立ちの整っていて将来は間違いなく美人になるタイプ。妹は小学校3~4年生位、まだ幼い感じがして子供らしいかわいいタイプでした。

順調に目的地に向かっていたのですが途中で運転手からアナウンスがありました。この先で事故があり高速道路が通行止めとなっているので手前のインターチェンジで高速を降り一般道を通ること、そのため目的地への到着は大幅に遅れる見込みであることを告げました。乗客のほとんどは観光客だったので予定の変更は残念だけど仕方がないといった感じで文句を言う人もいませんでした。

やがて彼女も疲れたのか隣の席で眠ってしまいました。僕もうとうとし始めたころ、隣の席の母親が小声で何か娘を注意しているような会話が耳に入ってきました。断片的に聞こえてきた話の内容が「だからあまり水分とらないようにって言ったでしょ。バスにおトイレついてないのよ。」というものでした。その様子から子供がトイレに行きたくなってそれを母親に伝えているのだなと思いました。その時はてっきり下の子がトイレに行きたくなったのかなと思ったのですが、母親の隣に座っている下の子は眠っています。トイレに行きたいと言っていたのはお姉ちゃんの方でした。お姉ちゃんは「だって…」と行ったままうつむいていましたが、前かがみで膝をすり合わせていて、かなり尿意が高まっている様子がうかがえました。

母親は席を立つと運転手のところに行き申し訳なさそうに何か話をしています。きっとどこかトイレに寄れないかという様な事を頼んでいたのでしょう。母親が席に戻るとお姉ちゃんに「トイレに寄ってもらえるようにお願いしたからもう少しだけ我慢して。」と言ってました。その頃はその子も余程我慢してるのか席に着いたまま両手で股間を押さえうなづくだけでした。

窓から見えた看板には道の駅〇〇5キロ先と書いてあり、運転士からもトイレ休憩のため道の駅に立ち寄るというアナウンスがあったので大丈夫だろうなと思っていました。

道の駅が近づいたところでバスのスピードが落ちました。高速道路を降ろされた車が休憩を取るため同じ道の駅に寄ろうとして駐車場に入るために渋滞が発生してたのです。女の子はさっきと同じように我慢の姿勢をしたまま足をもじもじさせてました。隣の席の彼女も目を覚ましその様子を見て「ねぇ、あの子トイレに行きたいんじゃない。」と言いました。僕は「うん、そうみたいだけど道が混んでるみたいだから」というと彼女は心配そうに女の子を見てました。

ようやくバスも進み始めバスは道の駅に入り停まりました。ですがその子は立ち上がろうとしません。うつむいたまま泣いているようです。女の子は我慢しきれずおもらしをしてしまったんだなと思いました。その子の座っている席の下には水たまりがあり、バスが止まった拍子で前の方へ流れたのか幾筋かのおしっこの筋もできてました。

隣りの席の彼女もそれに気づいたらしく「かわいそうでしょ、見たらだめよ。」と言いました。

お母さんは女の子に話しかけ席を立たせました。きっと着替えさせようと思ったのでしょう。親子がバスを降りてトイレに向かうとき濡れた下半身を隠した母親の上着が少し捲れたときに女の子のはいていたデニムのキュロットのお尻がぐっしょりと煮れていて両足の内側にはおしっこのしずくがついているのが見えました。

着替えを済ませた親子が戻ってくるとバスは運転を再開し大幅に遅れながらも目的地に着きました。

夜、ホテルで彼女と話をしていた時「あの子かわいそうだったね。」という話になりました。彼女は「もし、私があんなふうにおもらししちゃったらどうする?」と聞いてきたので「周りの人にはわからないようにしてあげる。ペットボトルのお茶とかこぼした振りすればばれないんじゃない。」と答えました。「ありがとう、優しいんだね。」と言われたのが照れくさくて「でもその後はおしおきだよ。」というと彼女も恥ずかしそうにしてました。その後、彼女はバスの中でおもらしした子と同じくらいのときに学校の授業中に我慢できなくなっておもらしをしてしまった事を話してくれました。

エロ体験談検索用タグ

||||||||

2014年1月6日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談

【友達】セーラー服の女子生徒【体験談】

濡れて肌にぴったり張り付き若くてピチピチしたもち肌の肉体がうっすら浮き出す。

そして下にはM男が下敷きに。

ゆっくりと腰がくねる度に張り付いた下着や制服が体にこすれ、女子生徒の快感が増してゆく中、下敷きのM男はもう窒息寸前だ。

ごぼごぼと水が呼吸をさらに困難に。

快感と苦痛が2人の間でいったりきたり。

やがて女子生徒は快感のあまり尿意をもよおすと、そのまま腰を浮かせ聖水を始める。

ちょろちょろと黄色いおしっこがM男の口の中へ。

ゴクゴク、うまそうに飲み干す。

ご馳走になったお礼に、女子生徒はクンニを要求。

ひたひたパンティを横にずらし、舐め犬に奉仕させる。

オマンコをクンニされ濡れた生徒の表情は高潮し色気を増す。

立ち上がり振り向くとお尻を突き出す。

何も言わずに「挿入」の合図だ。

ぬるりとギンギンにいきり立ったオチンチンを女子生徒の肉壺に押し込むと激しく突き上げる。

膣内を圧迫されズンズン押し上げられる感触に響喜する生徒は濡れた髪からしずくを撒き散らし「ああっ」と快感の表情を振りまくのだった。

エロ体験談検索用タグ

|||||||

2013年12月26日 | エロ体験談カテゴリー:友達との体験談
1 / 612345...最後 »

このページの先頭へ