最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【露出】初めてスワッピングしちゃいました【体験談】

この前初めてスワッピングしちゃいました。

親友のヒロコに「私のセフレはチンボが大きくて気持ちいいよ」って話したら、味見したいって言うんで、仕方ないからお互いのセフレ交換しようってことになって。それで4人でホテルに行ってものすごく燃えちゃいました。

自分がオマンコしてるの見られたり、親友がオマンコしてるの見たりするのって、すごい快感でした。

私は最初はヒロコのセフレのジュンくんとオマンコしました。

チンボの大きさはまあまあでしたが、私がいく前に自分だけいっちゃって、私のお腹に精液を発射しちゃいました。

ジュンくんは「ヒトミちゃんのオマンコとっても締まりがいいよ」って誉めてたけど、私の方はいけなかったので欲求不満気味でした。隣ではヒロコが私のセフレのトシくんに激しくやられてました。

ヒトミのオマンコにトシくんの立派なチンボが出たり入ったりしてるのが見えました。

とってもいやらしい光景だったので、私のオマンコもまたヌレヌレになってきました。

我慢できなくなってジュンくんのチンボ握ったら、ジュンくんもまた勃起してました。

ジュンくんに「入れて」って言ったら、オマンコの中にチンボを突き刺してきました。

今度はジュンくんも頑張って、たくさん腰を動かしてきたので気持ちよかったです。そのご夫婦とは、私が相手方の奥さん(裕美さん26才)とチャットで出会ったのがきっかけでした。

裕美さんは、ご主人(42才)の性癖に惚れて、前のご主人や娘さんと別れて結婚されただけあって、ご主人の命令はなんでも従われる従順な奥さんです。

 

チャットでその経験を聞かされて、本当にドキドキしてしまいました。

だって、裕美さんのご主人は、飲み屋で知り合った知らない男にでも奥さんの裕美さんを呼び出して、目の前で抱かせるというのですから。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||

2017年12月29日 | エロ体験談カテゴリー:露出の体験談

【逆レイプ】妹「これは、おしおきち〇ぽですよwww」【体験談】

妹「駄目ですね、おしおき対象ですねwww」。ボッキした僕のチンコを見て妹はそう言います。妹は高校3年生なんですが、時々、一緒に風呂に入る時があります。親には当然内緒なので、両親がいない夕方に入ることにしています。

僕の妹はかなりエッチで、クラスでも有名人らしく、その対象を僕にも向けてくる感じです。入って直ぐ行うのが、シャボンを付けてのチンコ擦り(洗い)。もちろんビンビンの状態のモノをです。そして最初に書いたセリフを毎回言います。おっぱいも大きく、パイズリに移行したり、シャボンを洗い流して咥えてきたりします。咥えてもらった時は、そのままイクまでしゃぶってもらうことが多く、おっぱいをもみながらのおしゃぶりと射精は最高でした。射精は、10㎝ぐらい妹の口からチンコを離し、口を開けてもらい、口内射精が好きでよくやってもらっています。物凄い勢いで出たときはめちゃくちゃ興奮しました、妹も喉に直撃したのか、むせていましたwww。体の洗いっこはおっぱいがメインで、洗うというよりただ揉む感じで洗ってやります。妹が「最後までやっちゃう?」と言ってきた時はドキドキしましたが、意味が分からないふりをしてしまい、ニアミスで終わることになってしまい、今思うともったいなくてしょうがありません。

この間は、風呂上りも僕の部屋で続きが始まりました。椅子に座ってPCに向かう僕のチンコを揉みながらDVD鑑賞www。もちろんビンビンになるので、揉む行為から握り上下に動かす動作になり、最後はチャックを下ろされ、ビンビンチンコが妹の「よいしょ」という掛け声とともに取り出されます。その間、僕は何の抵抗もせずにドキドキしながらPCにただ向かっている状態です。「あ~む」という声とともにチンコをくわえ、おしゃぶりが始まり、20分くらい耐えていましたが、そのまま僕は何も言わず、妹の口の中に射精。

今度も一緒に入ることがあるはずなのでコンドームを用意しています。

エロ体験談検索用タグ

||||||

2017年12月25日 | エロ体験談カテゴリー:逆レイプの体験談

【露出】全裸コートでコンビニ 【体験談】

沙織の場合



[1]沙織 全裸コートで

沙織です。ずいぶんとご無沙汰してしまいました。

暑い。暑い。と言っていたのにいつの間にか、すっかり寒くなってしまいました。

冬もすぐ目の前まで来ているようです。

それでも、日中はまだ暖かいのですが、朝晩はめっきりと冷え込んできました。

お家にいる時はもちろん、会社でお仕事をしている時も暖房を使っているのでいいのですが、

裸でお外に出るのが辛い時期になって来ました。

これからが冬本番になるというのに、早く暖かい春が来ないかな。と待ち遠しい沙織です。



ベンジーさま。

今月の課題「全裸コートでコンビニに行き、エロ本を立ち読みする」を実行してきました。



出かける前に自分の体を見ました。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||||||||

2015年1月13日 | エロ体験談カテゴリー:露出の体験談

【人妻】夫と義理息子に愛される私 2【体験談】

息子は、翌日も帰って来るなりオナニーをしていたんです。

夫に嫌われたくない一心で、私は放って置く事にしました。

その夜、夫はベットに横になる私に抱きつくと、パジャマを脱がせ始めました。

”抱かれるんだわ”そう思い、私も彼のズボンを脱がせ股間に手を伸ばしたんです。

夫は既に興奮している様子で、大きくなっていました。

”あなた大きくなってるわ・・・”

”早く舐めるんだ”

強い口調!いつもと感じが違いました。

”はい”

私は夫のチンポを口に咥えるとチュパチュパと吸い始めたんです。

夫が私と69の体制になるなり、バイブを使いだしたんです。

”あなた・・・それどうしたの?”

”一度試してみたかったんだ!黙って従え!”

夫は私のマンコに挿入するとスイッチを入れ出し入れを繰り返したんです。

”ん~そんなに動かさないで・・・逝っちゃう”


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

2014年6月21日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻を囲んで【体験談】

かなり無理なローンではあったが新婦と家を構えた俺を、悪友たちがお祝いしてく

れることになり、悪友たちが約束通りビールとスナックを抱えてやってきた。

連中は、持ってきたものを妻に手渡して、ソファに座り込むと 健二が俺に聞いてき

た。

「おい、いつのまにこんなかわいい奥さんをめっけたんだい?」と。

「俺のあそこがいいてっさ??」とニタニタして応える、、昔から酒に女に、、一緒に遊び回っていた悪友たちだ、、自然話は下の方へ行く、、

「それが本当なら、あっちのサンボンのモノになってるはずだぜ」とも言う。 俺は

笑って、

「それもそうだな」と言った。

 妻はよくわからずに恥ずかしそうに微笑んでいるだけだった。

妻はこれまで2、3回しか俺の友達に会っていなかった。 実際、誰も

知らないんじゃないかと思う。最初はちょっと恥ずかしそうな感じに

していたのだった。

だが、酒が進んでくるといつもの明るい妻に戻っていた。妻は自分から

進んでビールを注いでくれたり、チップスを用意したりしくれていた。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||||

2014年5月20日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻の過去物語【体験談】

私が3つ下の妻Y子と出会ったのは、20年程前、妻22歳の頃だった。

仕事や人生の気晴らしに旅に出た津軽半島の宿で、多くの友と知り合い、

その中の一人旅同士で、写真を撮り送ってやったのが縁だった。

美人ではなかったが、おとなしく、やさしく、自分には無い感覚を持っていた。

当初、子供っぽい顔から処女のような感じがしたが、実は既に3人は知っていた。

結婚前にその内容の告白は受けたが、詳細は尋ねても

「あなたと出会う前でしょ、私にも人生があったの」

と言い、しつこく聞くと

「昔のことはよく覚えてないわ」

と嫌がった。

「でも、あなたが初めての人であればよかったわ」

と殊勝なことを言ってたと思ったが、本当は、その男達に刻み付けられた官能の

記憶と自分のそれとを比較していたのではなかったのか。

以下が妻の昔の告白内容だった。

初体験が19の頃で、初恋の人、AK。友人の紹介からはじまり付き合いは長かったが、


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||

2014年3月22日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】妻とのSEXを覗かれ、やがて快感に【体験談】

今から7年程前の話になります。

妻と結婚したばかりでお金も無く、ボロアパートに住んでいました。

築30年のアパートは、壁も薄く隣の部屋の音が聞える様な所でした。

お隣には、1人で住んでいる50代男性。まだ新婚の私達は夜の営みも気を使う毎日。

ラブホテルに行きたい所ですが、金銭的に余裕が無く、泣く泣くカーSEXや青姦をしていました。

決して好きで始めた訳では無かったんですが、いつの間にか2人共楽しむ様になっていたんです。

外は、以外に気持ちも良く大きな声を出しても問題ありません。

普段隣に気を使う生活にストレスを感じていたんだと思います。ある日の夜、私達は家から10分程走った山間部で大きな駐車場を見つけました。

夜と言う事もあり、駐車場内には車が居ませんでした。私は車を奥の目だたない場所に停め妻にキスをしました。

「ここでいい?」

「うん!静かな所ね。誰も来ないよね」

「誰か来ても明かりで分かるから、大丈夫」

助手席を倒し、妻の来ている上着を捲るとDカップの胸が露わになり、私は吸い付いたんです。

「あ~優しくしてね・・・ん~気持ちいいよ」

「もう濡れてるんじゃない?」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||

2014年3月8日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【人妻】みよちゃんのママ 2【体験談】

僕はある日の午後、彼女とラブホの帰り道にみよちゃんママを発見してしまった。何年ぶりだろうか?

僕は車を止めて、追いかけた。

「みよちゃんのお母さん!」すると振り返り

「あ、ゆうくん!元気?すっかりごぶさただね?」と。僕はみよちゃんママを車に乗せて走り出した。

「ゆうくん、あれから寂しくなかった?おばちゃんね、結構さみしかったんだよ・・」と告白された。

僕は、さっき彼女とホテルで3発もやってしまったのでもうこれ以上は無理だったから、連絡先を聞いて

別れた。以外にも近くに一軒家を構えていてびっくりした。これでいつでもみよちゃんママとエッチできる!

3日後、僕はみよちゃんママを尋ねた。ママは僕を家に上げてくれた。きれいな部屋でママのセンスが生かされた

いい家だ。

「ママ・・僕やっぱりママがいいよ!若い女はだめだよ!」僕はママに飛び掛った。

ママの巨乳ぶりはいまだに健在である。巨大なブラジャーの奥に大きな白い乳房がたわわに潜んでいる。メッシュ

のブラジャーから見える薄黒い大きな乳輪と乳首が昔と変わらぬエロさをかもしだしている。

僕は、ママの乳を揉みながら耳たぶを舌で撫で回した。エロい吐息が漏れ始める。乳房を引っ張り出して、乳首

をつまみぎゅーうっと引っ張った。ママはものすごく感じ始めた。部屋中に響くあえぎ声・・・

僕は勃起したちんぽを見せてママに「早くおしゃぶりしてよ、昔のように、はやく・・・」


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||

2014年2月24日 | エロ体験談カテゴリー:人妻との体験談

【寝取られ】妻・貴子は銀行員をしています 【体験談】

私の妻・貴子は27歳。銀行に勤めています。

 厳格な両親の躾の甲斐あって性格はいたって真面目で浮ついたところもなく、

おとなしそうな瞳が優しげな雰囲気を醸し出しています。



 私にとっては少々自慢の愛妻で、友人や知人からお世辞を言われるのも心地

よく感じています。

 昨年結婚してもうすぐ一年ですから新婚ですが、学生時代からの交際なので

あまり新婚らしい新鮮さはないのかもしれません。その分、気心が知れていて

気楽でいいのですが。

 私は一つ上の28歳。ごく普通のサラリーマンです。







 結婚して三ヶ月ほど経ったある朝、妻が今夜は同じ支店の同僚と飲みに行く

と言うので「じゃあオレも行っていい?」と冗談で聞いてみました。妻はそう


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||||

2014年2月18日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

【フェラ・クンニ】映画館で…【体験談】

夏も終わりに近づいた頃の金曜日の事、まだまだ暑い日が続き夜こそ涼しさも感じられて来たそんな週末、良く行く映画館で人気話題作の新作先行上映を観に行って来た。

事前にチケットを購入してあったので、上映時間15分前位に会場入りした。

座席は何時も決まって真ん中辺り…流石人気作の先行上映…更に今回は3Dと言うだけあって、ほぼ満席状態だった。

俺は売店で買ったドリンクだけを持って、指定の席に向かった。

既に座っている人の足を踏まない様に気を付けながら自分の席に座った。

俺の右隣から通路までは既に満席、左隣が2席空いて通路まで満席だった。

上映5分前頃になって一人の女性…20代中盤頃が右側通路から俺の座っている列に近付いて入って来た。

空いている席は俺の左2席…間違い無くここに座るのが分かっていた。

大体の人は座ったまま深く座り直して膝を引っ込める様にするが俺は一度立ち上がって通り易い様にした。

すると彼女は「すみません…ありがとうございます」と、丁寧に挨拶をして来た。

そして俺の直ぐ左の席に座ろうとするが右手にバッグを左手に売店で買ったドリンクやフライドポテト、ポップコーンにホットドックが乗ったトレイを持っていて、座面を倒すのに苦労していたので、俺が「どうぞ」と倒してやると「すみませ~ん、ありがとうございまぅ~♪」と、さも嬉しそうに言って来た。

しっかり座って落ち着くと改めて「ありがとうございましたぁ♪」と丁寧に挨拶をしてきたので、「一人ですか?」と尋ねると、「え?あ、はい…」と不審な男をみる様な表情だったので、どっさりと食糧が乗ったトレイに視線を移すと、その視線に気付いた彼女は「あっ!…お腹空いちゃって…」と苦笑いして「良かったらぞうぞ♪」とトレイを俺と彼女の間の肘掛に置いて来た。

「あ、いや…そんなつもりじゃ…」と断ったが「どーぞ、どーぞ遠慮しないで下さい♪」と勧められたので「じゃあ少し…」と無下に断るのもなんなので、フライドポテトを数本頂いた。

すると「私この映画すっごい楽しみだったんですよ~♪」と、さも親しげに話しかけてくるので随分愛想の良い娘だなぁ~と思いつつ顔が結構好みだったので俺も調子を合せて「俺も楽しみだったんですよ」と相槌をうった。

「私、この一作目の予告を別の映画を見に来た時見たんですよ…その時の、もう、何て言うのっ…凄く心臓がドキドキ♪ワクワクして『面白そうっ!』って、絶対見る!って、その時も先行上映初日で観たんですよ♪」と、嬉しそうに話す彼女を横目に見ながら「俺もそうですよっ!予告のあの飛んで来たミサイルをスッと避けて向き直ったと同時に相手に撃ち返すシーンが今でも忘れられないんですよっ!」と言えば「そうっ!そうっ!そうっ!私もそのシーンが凄い印象的でっホント今でも忘れられませんもんっ!」と、何やら意気投合してしまい、「早くDVD出ないかソワソワしてましたよ♪」と彼女が言えば「俺もですよ♪」と答え、「発売が決まったら直ぐに予約しに行きましたもん(笑)」「あははっ!全く同じですよ(笑)でもあの当時、未だブルーレイプレイヤー持ってなかったからDVDにしちゃったんだけど、今思えば両方買っておけば良かったかなって…(苦笑)」「やだぁ~私もそうなんですぅ~」なんて会話をしていたら上映時間になり照明が暗くなった。


このエロ体験談の続きを読む »

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||||||||||

2014年2月6日 | エロ体験談カテゴリー:フェラ・クンニの体験談
1 / 1212345...10...最後 »

このページの先頭へ