最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【近親相姦】限界集落の須田君【体験談】

カテゴリー:

須田浩二君のこと覚えてるかしら。

なおぼんの拙著「限界集落」でいい目をした大学院生ですね。

須田君が、農家の安井さん宅に住み込んで、お仕事を手伝いながら修士論文を仕上げたらしいの。

安井佳代さんが、お母さんのあやのさんと二人で田んぼと畑をきりもりしてるの。

娘さんの雅美さんがいるんだけど、神戸の大学に行っててそこにはいないんだって。でもね、お母さん、雅美さんと須田君を娶せたらしいのよ。

須田君が娘婿になって農業を継いでくれたら安井家は安泰よね。

須田君もそのことはわかってるから、大いに乗り気でさ、雅美さんと意気投合しちゃったってわけ。あたしの悪友の谷口氏の言った通り「親子丼」になったんだ。

昨日、須田君が婚約の知らせを持ってあたしたちのたまり場「あかべこ」にやってきたんだ。

※「あかべこ」は京阪六地蔵駅前の居酒屋(?)みたいな汚い飲み屋。あたしに会いたかったらそこにおいで。「え、この子?」

彼の差し出した写真を見てあたしは、びっくり。だってKちゃんにそっくりだったから。

ま、他人の空似だろうけど。

※Kちゃんは、あたしに将棋を教えてくれてる、中三の女の子で、その代わりにお勉強をみてやっているんだ「須田君、あずみちゃんとはどうなったの?」

「別れたよ。あいつ、信州の実家に帰ったんだ」

「へえ。おっぱいの大きな子だったのに」

「ただのデブだよ」




「ひっど~い」

あたしは、あまりの須田君の変わりようにちょっと幻滅した。

「佳代さんとは、まだ続いてるの?」

「ま、ね」

お湯割りのグラスをのぞきながら、まんざらでもない表情。

「雅美さんだっけ、知ってるの?」

「そんなの知るわけないだろ」

「そのうちバレるよ」

あたしは、忠告してやった。

「ばれても、仲良くやるさ」

強くなったもんだ。須田君。

じゃあ、彼に武勇伝を語ってもらいましょうか。

ぼくは、雅美と月二回くらい神戸でデートして、福崎のホテルで過ごして別れるのが常になった。

雅美の母親、佳代さん公認の間柄となったぼくら。佳代さんは、たまに自分を慰めてくれたらいいと言って、雅美と逢引するのをとやかく言わなかった。

もちろん結婚を前提としてのおつきあいだからだ。

「結婚すれば、この屋敷も、田畑(でんばた)もあんたと雅美のもんや」

そう、いつも言ってくれる。ぼくは、父にそのことを話し、理解してくれた。

母が亡き後、一人暮らしの父を金沢に置いての身勝手な結婚話。

継ぐべきものがない、しがないサラリーマンの息子であるぼくは、やっとそういったものに出会えたのだ。

父は、そういうことを理解してくれたのだと思う。「雅美、ほんとに色が白いね」

「なによ、こうちゃん、いつもそんなこと言うね」

ぼくは、日に焼けた雅美の母親、佳代さんを思い浮かべてそんなことを言っていた。

「お母さんによく似てる」

「そ、そうかな」

ぼくは、雅美のほほをなでながら、いとおしんだ。

「キス・・・して」

めずらしく雅美の方から求めてきた。

その、ぷっくりとした小さな唇を自分のくちびるで挟んでやった。

「あ、む」

「ん~」

バスタブにお湯を張る時間に、もどかしくなって、ぼくは彼女をベッドに押し倒したまま行為に及んでいた。

だから、ブラもつけたまま。

あずみの馬鹿でかい胸とはまったく違う、可愛らしいお椀型。

それをすっぽり包み込むような淡いピンクのカップ。

カップの上から、ぼくは恐る恐る揉みしだいた。

「あん。痛い」

「ごめん」

ぼくは、つい、あずみにしていたように乱暴に扱ってしまったようだった。

あずみは、強く揉まれるのを好んでいたから。

「ブラ、取るね」

雅美は起き上がって、手を器用に後ろに回してホックを外した。

「体、柔らかいんだね」

「そうお?みんなできるよ。じゃないとブラつけらんないし」

ぼくが、体が硬いのだ。

「こうちゃん、おっきくなってる?」

「うん、もう、キンキン」

「見せて」

そんな積極的なところもあずみとは違った。お母さん譲りなのかもしれない。

ぼくは、ジーパンとトランクスを一気に下ろして、見せてやった。

「うあ~。すっごい」

いつも、とても喜んでくれる。

「雅美ちゃんは、チンポ、好きなん?」

「好きっていうか、自分にないものだから、興味あるのよね」

「ほかの人のも見たことあるの」

「正直言うとね、こうちゃんの前に付き合ってた人が一人だけいるの」

「そうなんや。どんな人?」

ぼくも、嫌なことを訊いてるなと思いながら、訊かずにはいられなかった。

「大学の先生・・・」

「今も、続いてるの?」

「ううん。ちゃんと別れたよ。奥さんいるもの」

「その先生、おっきかった?」

「こうちゃんのほうがおっきい」

「ほんとぉ?」

ぼくは信じられなかった、いつも小さいと思っていたから。

お世辞なんだろうな。

まあ、いいや、こんなことネチネチ言ってたら、器の小さい男と思われかねないし。

「お風呂、できたみたいだし、入ろっか」

ぼくは話題を変えた。

「うん、入ろ」いつものようにボディシャンプーをつけて、洗いっこした。

「きゃっ」

可愛い声を出して雅美が跳ねる。

本当に、楽しそうにぼくと戯れるんだ。

「どう?」

硬く、しなるような肉棒をゆっくりしごいてくる。

「いいよ。気持ちいい」

先の敏感な部分を手のひらの柔らかい部分で押してくる。

「あうっ」ぼくは腰を引いた。

「痛かった?」

「ううん、そうじゃなくって、感じたんだ」

「そうなの?」

ぼくも、お返しに薄い陰毛の上から、マン筋(すじ)をなぞった。

佳代さんと違って、陰唇が表に出ていない。

でも、クリがちゃんと飛び出ていて、触ってくれと言わんばかりにがんばっている。

「あふっ。そこ、すっごく感じる・・・」

クリの感度が抜群だった。あずみは肉に隠れてクリの位置がわかりにくかったから。

「あ~ん、立ってらんないよぅ」

雅美ががくがくっと膝を折った。

指先には、水とは異なる液体の感触があった。シャワーで泡を落とし、二人で狭い湯船に浸かった。

向かい合って、見つめ合った。

「こうちゃんは、今まで、女の人と付き合ったことはあるの?」

ドキッとした。

あずみと佳代さんが頭に浮かんだ。

「ま、まあ、あるよ」

「何人?」

「二人・・かな」

「かなって、わかんないくらい、つきあってんだ」

そう言って、ぷっとほほを膨らました。

「ごめん、二人っきりだよ」

「ふ~ん。で、どんな人?」

「一人はぁ、スキーで知り合った信州の人で、もう別れた。もう一人は、年上の人で、やっぱり別れた」

そう答えた。

「年上の人って、不倫?」

「不倫・・・かな」

「旦那さんのいる人なんでしょ?」

「未亡人だったと思う」

佳代さんのことを言っているんだけど、雅美にはわからないだろう。

「母さんといっしょなんだ」

ぼくはドキッとした。心臓が止まるかと思った。

女の感というのはすさまじく鋭いことを、ぼくは知っていたから。

「あがろっか。のぼせちゃうよ」

「うん」

ぼくらは、バスタブから上がり、濡れた体をバスタオルでぬぐい合った。バスローブを着て、ウェルカムドリンクを飲みながらベッドサイドに腰かけていた。

「ねえ、こうちゃん?」

「なに?」

「あのね。母さんと何もなかった?」

ぎくっとした。

「どういうこと?お母さんとぼくがどうしたって」

「とぼけて。こうちゃん、母さんとしたでしょ」

「なんだってそんなこと」

「ウソは言いっこなし。本当のことを言って」

もう、観念するしかなかった。

「ごめん・・・」

「やっぱり。そうじゃないかなって思ってたのよ。いいのよ。あたし、ぜんぜん気にしてないし」

早口で取り繕うように言ったのは彼女の方だった。

「お母さん、さみしかったんだよ」

ぼくは、ぽつりと弁護した。

「だと思う。あんな山村で、お父さんを亡くして一人で暮らしてるんだもん。だからこうちゃんに感謝してる」

「え?」

「だから、そんな母さんを大事に思ってくれてありがとうって」

「なんか、変な感じだな。娘からそんなこと言われて」

「これからも、母さんを大事にしてあげてね」

「でも、結婚するんだろ?ぼくら」

「そうよ。あたしも、母さんも大事にしてっていってるのよ」

「あの、それは、お二人とセックスするってこと?」

「もちよ」

ぶっとびそうな話だった。

谷口さんの予想通りになったと思った。

「親子丼だな」

「なにそれ?食べたいの」

「そ、そうだよ。これから食べるんだよ」ぼくは、雅美を再びベッドに押し倒して、唇を吸った。

「母さんよりいい?」

「いいよ。最高だよ」

「ほんと?」

なんてこった。

雅美は、ぱっくりと幼さの残る陰裂をさらけ出した。

ぼくは、雅美に深々と差し込んだ。

「あ、あああ」

「どうだ。お母さんもこれには参ったらしいぜ」

「もっと、もっと突いてっ。母さんよりも奥に」

「ああ、突いてやる、突いてやるとも」

十分に濡れた肉の筒はぼくの竿を根元まで呑み込んでいた。

双乳がふるると揺れて、乳首を立たせている。

しこったクリを指でいじりながら、雅美を喘がせた。

これは、佳代さんから教わった攻め方なのだ。

「あはん、いい、そこいい」

「いいだろ?」

雅美の腰がせり上がって、また落ちた。

屈曲位でさらに深く押し込んだ。

「あぎゃっ」

きゅっと膣の口が締ってぼくを逃がすまいとする。

もう限界が近かった。

涎を口角からこぼしながら、雅美が打ち震えてよがっている。

雅美の両足がぼくの腰を挟み込む。

「中に出すよ」

「いいよ。あたしたち結婚するんですもの」

「じゃあ遠慮なく」

ずこずこと腰を入れながら、目くるめく快感に酔いしれ、可愛い女を犯す征服感を味わった。

そして来た。

腰がしびれ、痛痒いような電撃が走り、長い射精が始まった。

「ああ~ん」

雅美も中で感じているのだろう。

ぐったりと力が抜けて、雅美が落ちた。

ぼくも雅美の汗まみれの乳の谷間に顔をうずめてうめいた。佳代さんと同じ匂いがした。須田君の長いお話が終わりました。

あたしも濡れちゃった。

エロ体験談検索用タグ

||||||||||||

【近親相姦】限界集落の須田君【体験談】 を見た人はこんなエロ体験談も読んでいます


エロ体験談 前後のページナビ!

2017年12月29日 | エロ体験談カテゴリー:近親相姦の体験談

このページの先頭へ