最新情報

2018年1月10日友達との体験談
【友達】小3の女の子。【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】近所にいるエロガキ 9.【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】小学校時代の恥ずかしい思い出②【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】お金の代わりに妹が【体験談】
2018年1月10日友達との体験談
【友達】覚醒した妻【体験談】

【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた5 【体験談】

カテゴリー:

僕は、とうとう涼子が先輩とセックスするところまで見てしまった。見たといっても、直接ではないが、アレは逆に直接見るより堪えた。



でも、希望がわいた。涼子は、僕のことを好きだと思っている。それに確信が持てた。それ以上に、先輩がクズだということも確信した。



その翌日から、僕は先輩の後をつけるようになった。尾行すれば絶対にボロを出すと思ったからだ。



と言っても、学校帰りに制服のまま尾行したところでバレバレなので、こっそりと着替えを学校に持ち込むようになった。



そして、学校が終わると速攻で公園のトイレで着替え、正門が見えるところで隠れて先輩を待つようになった。



でも、実際にやってみた尾行は、ドラマみたいに簡単ではなかった。いつ出てくるかもわからない相手を待つのは、本当に気が抜けなくて疲れた。実際、初日は先輩を見つけることすら出来なかった。そもそも、その日は学校に来ていなかったのかもしれないし、他の人に紛れて出ていったのかもしれない。もしかしたら、裏から帰ったかもしれないし、とにかく徒労に終わった。



たけど、あきらめずに毎日繰り返した。次の日は先輩の後をつけることは出来たが、男友達3人とファストフード店に入り、長い時間出てこなかった。待つのがこんなにもしんどいとは、夢にも思っていなかった。

何よりも、ただ待つだけなら本でも読んでいればいいと思うけど、ずっと出入り口から目を離せないのが辛い。








だけど、4日目には女と待ち合わせている場面に遭遇できた。でも、相手の女は涼子だった。

僕とよく行くショッピングモールのフードコートで、楽しげに合流する涼子。距離があるので何をしゃべっているのかわからないが、泣けてきた。



涼子と先輩は、いわゆる恋人つなぎで手を繋ぎ、服を見たり、本屋に行ったりする。さすがに、涼子がいるので物凄く距離を置いて尾行した。でも、尾行しながら、意味ないなと思った。涼子と一緒なら、先輩も他の女と会うはずがない。

見てても辛いだけだから、今日はもう止めて帰ろう……そう思った。でも、目が離せない僕がいる。



涼子は、本当に楽しそうに笑っている。僕と一緒の時、こんな顔をしているだろうか? 自信が揺らぐ。

でも、先輩は鏡があるたびに自分を眺めているし、前髪ばっかり触っている。涼子が服を選ぶときなんかは、退屈そうにスマホを眺めている。



見ていて、涼子が可哀想に思えてくる。恋は盲目というのはこう言うことなのかもしれない。



すると、二人は屋上の駐車場に通じる階段を上がり始めた。車なんかないのに、どういうことだろう? そう思いながら後をついてと、駐車場のフロアの端にあるトイレに入っていった。あまり人気のないそのトイレは、男子トイレと女子トイレの真ん中に、小さいけど誰でもトイレが設置されている。

二人は周りを見回すと、サッとそのトイレに一緒に入った。涼子は、離れた位置からでもわかるくらい、イヤイヤな感じだったが、先輩に強引に引き入れられた感じだ。



見なければ良かったと思った。こんな公共の場なので、油断していた。まさか二人が、エッチをするところを見せつけられるなんて、思ってもいなかった。



当然、なかなか出てこない二人。僕は男子トイレに入ろうとする。どこでもトイレの前でガラケーを取り出して、時間を見る振りをして立ち止まる。

どこでもトイレの中からは、声こそしないが、動く気配が濃厚に伝わってくる。



すると、このトイレに向かって他のお客さんが来てしまったので、僕もトイレに入る。そして、怪しまれないように、個室に入る。

そこで気がついたが、位置関係からいくと、僕が入った個室のすぐ横が誰でもトイレだ。



僕は止めれば良いのに、壁に耳を当ててみた。

『…………ヤァ……んっ!…………あっ!』

かすかにだけど、あえぎ声みたいなモノが聞こえてくる。僕は、本当に悔しくて泣きそうだった。一瞬、警備員に”女性がトイレに連れ込まれてます”と、言おうと考えた。でも、そんな事をしたら、涼子まで補導される……二人に共通の秘密が出来て、もっと親密になる……そんな事を想像すると、何も出来なかった。



時折ガタッとか物音もする。集中して聞き続けると、かすかにパンッ、パンッという肉と肉がぶつかる音も聞こえてくる。



この前、偶然屋上で見てしまった二人のセックス。それに続いて、今日も壁のすぐ向こうでセックスをする二人。一番大好きな人が、他の男とセックスをする……これ以上辛いことはないと思う。



『ンッ! ……あっ! ……だ、めぇ……ンッあっ!』

涼子は、必死で声を抑えようとしている感じだが、薄い壁は涼子の声を伝えてくる。



『キス…てっ! せん…い、あ…して…っ! あい……るっ!』

涼子の声がかすかに聞こえる。僕は、もう聞いていられなくなり、壁から耳を離した。 



そしてしばらくすると、

「……くっ!」

『……メっ! 外……出し……っ!』

と、切れ切れに声が聞こえた。壁から耳を離していても聞こえてくる声。かなりの音量だと思う。



そして、静かになる。しばらくすると、どこでもトイレから人が出る気配があった。



慌てて追いかけようとしたが、もうこれ以上尾行しても無駄だと思い直し、尾行は止めた。



そして、どこでもトイレに入ってみると、アレ特有の栗の花の臭いで充満していた。それだけではなくトイレの床に、ドロッとした白いモノが大量に落ちていた。でも、それを見て少しだけホッとした。中には出されなかったんだ……。

そんな事に救いを求めてしまう僕。



僕は、ものすごく重い足取りで家に帰った。でも、先輩にあんな扱い方をされ続けていれば、きっと涼子の目も覚めるのではないか……そんな風にポジティブに考えようと思った。



ガチャガチャ……



僕は、思わず悲鳴を上げそうだった。本当に驚きすぎて声も出ずに窓を見ると、涼子だった。

『ビックリした? スッゴい顔w』

無邪気に笑いながら入ってくる涼子。でも、今日ショッピングモールのトイレで、先輩とセックスをしたんだと思うと、どうしてもぎこちなくなってしまう。



『どうしたの? 暗い顔w』

「いや、眠いだけだし」

『ふ~ん。そうなんだ。ねぇ、ちょっとだけギュッとしてくれないかなぁ?』

「はぁ? どうしたんだよ?」

『別に……ほら、早く寝なさいよ!』

涼子はそう言うと、僕を強引にベッドに寝かせた。一瞬、また”練習”なのかな? と、興奮してしまう僕がいた。



僕を寝かせると、布団をかぶって僕に抱きつく涼子。なにをするわけでもなく、なにもしゃべらず、ただ僕にしがみついている。



こういう時、何をして良いのかわからない。経験がない僕は、あまりにも引き出しが少なすぎる。

僕は、とにかく涼子の頭を撫で続けた。そのまま長い時間が過ぎていく。



『ねぇ、私と一緒にイ○ンモール行って、エッチな気持ちになったりする?』

涼子は、今日先輩と一緒に行っていたショッピングモールのことを聞く。僕ともしょっちゅう一緒に行くモールだ。



「え? あるわけないじゃんw なんでオマエなんかにw」

『うっさい……じゃあさ、もしマー君に奇跡的に恋人が出来たとして、その子とモールでエッチな気持ちになったらどうする?』

「別にどうもしないだろ? 我慢するよ」

『……そうだよね……』

「あれ? お前、泣いてるの?」

『ば、ばっかじゃない! あくびしたから……』

「なぁ……涼子さ、大事にしてもらってないの?」

『そんな事ないよ! そんなわけないじゃん! スッゴく大事にしてもらってるよ! 私のこと、愛してくれてるよ! ホントだよ……大事にしてもらってるよ……』

涼子は、一生懸命にそう言った。でも、後半は半分泣き声みたいだった。今日のことを知っているだけに、切なくなってしまった。



僕は何も言わず、ただギュッと涼子を抱きしめた。さっき一緒にベッドに入ったときは、セックスできる! とか思っていたが、今はそんな気持ちはまったくない。ただただ、涼子が愛おしかった。



一時間以上そのままだったが、

『マー君、ありがとう。ホント、優しいね……』

「いつでも来いよ。お前は俺の一番大切な人だ」

『そ、そんなこと……』

「ば~かw 幼馴染みとしてだよw」

『うん……ねぇ、してあげる……』

涼子はそう言うと、僕のチンポをパジャマの上から握ってきた。でも、僕はその手をゆっくりと引きはがした。

そして、

「いいよw さっき自分でしたばっかだしw」

と、ウソをついた。

『なにそれw ありがとう……』

でも、幼馴染みにウソは通じなかったみたいで、そのまま涼子はキスをしてきた。



僕は、夢中でキスをした。ギュッと抱きしめながら、涼子を強く抱きしめた。

『へへw 折れちゃうよw』

涼子はそう言いながらも笑顔だった。



「もう、遅いぜ。帰りなよ」

もう、真夜中なのでそう言った。

『……お願い……抱いて……』

涼子は、潤んだ目で言ってきた。

「ダメだよ。何があったか知らないけど、オマエが人を裏切るのは似合わないよ」

『マー君……そうだね……どうかしてた! ごめんね! マー君が幼馴染みで、ほんっとーに良かった! ありがとう……』

涼子は、涙目で笑いながら言った。

「練習だったら、いつでもOKだけどなw」

照れ隠しでそう言うと、涼子はもっと笑顔になってくれた。

『じゃあ、さっそくキスの練習w』

そう言って、またキスをしてくれた。正直、キスすると抱きたくて仕方ない気持ちになる。でも、今日の涼子を抱くのは、フェアじゃない気がしたので、グッと我慢をした。



そして窓から出ていくときに、涼子はもう一回ありがとうと言った。





僕は、一人になると猛烈に燃えてきた。絶対に奪ってやる! あらためてそう思った。





そして、次の日も先輩の後をつけると、やっと尻尾を掴むことが出来た。先輩は学校を出ると、真っ直ぐ家に向かうルートを歩き出す。そして、途中のコンビニで女の子と合流した。

ただ、その女の子は若すぎた。どう見ても、中学生。それも、1年くらいだと思う。もしかして、ガールフレンドではなく、妹とか親戚とかなんだろうか? 二人は、楽しそうに笑いながら会話をしている。でも、手を繋いだりすることもない。





あまり近づけないので、声がまったく聞こえない。そしてそのまま後をつけると、一緒に先輩の自宅に入って行った。

そのまま待ってみたが、1時間経っても出てこない。さすがにこんな住宅街では、これ以上監視するのは無理だと思い移動した。



確証が持てないまま、週明けにも尾行を続けると、先輩はまたあの少女と自宅に消えた。警察みたいに、踏み込むことが出来ればいいのだけど、当然そんな事は無理だ。





僕は悩んだ末に、数少ない友人に知恵を借りようと思った。その友人は、いわゆるハッカー気質のオタクだ。と言っても、スーパーハカーではないので、ドラマのハッカーみたいになんでも出来るわけではない。

警察無線を聞いたり、ラジオライフを読んだりするような、本物の人達から見れば、にわかというか、ライト層なヤツだ。



それでも、相談するとあっけないほど簡単に答えをくれた。

「それ、俺が改造したから、100m以上飛ぶよw でも、電波法違反だからw 捕まっても、俺の名前は言うなよw もっとも、足がつかないように部品から組んでるけどなw」

と、耳障りな笑いを挟みながら、小太りの友人は言った。



友人から借り受けたのは、盗撮カメラだ。コンセントタップ型のカメラで、無線で動画を飛ばせるらしい。こういう話は、トンと疎い僕なので、使い方も含めて教えてもらったが、結構怖いモノだと思った。

カラーで、音声も含めて撮れる。しかも、一度設置すれば、コンセントから電源を取るので、ずっと動画を送信し続ける。



こんなものが世に出回っているなんて、信じられないと思った。でも、コレを使うには、一度先輩の部屋に入らないといけない。色々考えたが、正面から行くことにした。



学校が終わった後、ストレートに先輩の家を訪ねた。いるかどうかは賭けだったが、運が味方してくれた。

「おっ、どうした? なんか用か?」

先輩は、突然の訪問に驚いた様子だったが、意外とすんなり部屋にあげてくれた。



僕は、適当に話を作った。涼子が何か悩んでいる様子なので、フォローしてあげて欲しいと言った。僕ではダメなので、恋人の先輩がフォローして下さいと、先輩を持ち上げながら、おだてるように言った。

「おうw 任しとけよ! それにしても、オマエって変わってるなw」

「どうしてですか?」

「アイツのこと、好きなんじゃねーの?」

「そんな事ないです……」

「ふ~ん。まぁ、いっけど。コーラでも飲むか?」

こんな風に聞かれたので、ハイと答えた。すると、先輩は部屋を出た。僕はチャンスだとばかりに、すでにコンセントにはまっていたタップを外し、すり替えた。場所的に、ここに設置すれば、部屋のほぼ全部が撮影できる気がした。



そして先輩と一緒にコーラを飲みながら、楽しくもない時間を過ごした。

モデル事務所にスカウトされたとか、逆ナンされたとか、自慢しかしない先輩。好きになれる要素がない。涼子も、なんでこんなヤツを? と思ってしまう。



でも、帰り際、

「前島……ありがとな。涼子のこと、任せてくれよ」

と、くそまじめに言われた。

僕は、激しく動揺した。ただのクソ野郎だったら良かったのに……こんな風に言われると、憎みきれなくなる。





そしてまた、尾行の日々が始まる。でも、早くも次の日に、先輩は少女と合流した。



僕は隠しカメラを貸してくれた友人の説明通りに、先輩の家の近くの公園のベンチに座った。ここからは、先輩の家はまったく見えないが、直線距離で50m足らずなので、充分受信できるそうだ。



親父のお下がりのノートPCを取りだし、立ち上げて、友人が教えてくれた通りにソフトを立ち上げ、録画を開始した。パワー不足で、プレビューは出来ないそうだが、コレで録画できているそうだ。



そのまま、バッテリーが切れるまで録画を続けた。2時間も持たずにバッテリーは切れたが、充分だと思う。



そして僕は家に帰り、動画を確認し始めた。動画を再生すると、いきなり先輩の黒が確定した。



ベッドに腰掛ける先輩……その足下にうずくまり、先輩のチンポをくわえる少女……。

少女は本当にまだ若く、幼いと言っていいくらいだ。多分、中1だと思う。この間までランドセルをしょっていたような少女に、なにをさせているんだと、猛烈な怒りがわく。

コレを持って警察に行けば、全て解決するんじゃないかと思った。でも、それでは気が済まない。



「痛ーよ。歯、立てんなって!」

先輩はそんな事を言いながら、少女にフェラをさせ続ける。

『ゴメンなさい……』

少女は謝りながら、健気にフェラを続ける。



「なぁ、服脱げよ」

『はい……』

少女は素直に制服を脱ぎ始める。少女は制服を脱ぐと、スポーツブラみたいなブラと、小学生みたいな可愛らしい綿パン姿になった。

「相変わらず可愛いのはいてんなw」

『子供っぽいですか?』

「ぽいって、子供じゃんw」

『そんな事ないもん! もう、栄治先輩の全部入るもん!』

「そうだなw よし、じゃあ、これ着てみろよ」

そう言って、先輩はクシャクシャッと丸まった紺色のモノを少女に投げ渡した。



『これって……どうして?』

「いいから着ろって」

『はい、ゴメンなさい……』

少女は素直に謝ると、ブラとショーツも脱いだ。まだ胸は少女特有の固そうなわずかな膨らみで、下は毛も生えてきていないような感じだ。



そして、クチャクチャッとなっている布を広げて、着始めた。それは、スクール水着だった。少女がスクール水着を着る光景。何とも言えず、嫌な気持ちになる。先輩は、こんないたいけな少女になにをさせているのだろう?



そして、少女がスクール水着姿になると、先輩は仕上げに彼女の髪をツインテールにした。慣れた手つきで、ゴムバンドを使い、ツインテールに仕上げる先輩。いつもこんな事をしているのだろうか?



「いやいや、スゲぇ可愛いよ! マジ、最高だって!」

『本当ですか? なんか、コレキツいから、食い込んじゃう……』

そう言って、お尻と言うか、太もものところに指を入れて、水着を直す少女。プールではよくある仕草だが、アレは妙にエロチックに思えたりする。

エロ体験談検索用タグ

|||||||||||||||

【寝取られ】幼馴染みにフェラの練習させてと言われた5 【体験談】 を見た人はこんなエロ体験談も読んでいます


エロ体験談 前後のページナビ!

2014年11月6日 | エロ体験談カテゴリー:寝取られ体験談

このページの先頭へ